MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ 新型フリード 徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
FREED CROSSTAR

トヨタはシエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。ホンダはフリードのマイナーチェンジを行い2019年10月18日発売。ライバル車種となる両車はマイナーチェンジによりどの様な違いがあるのか比較してみた。

目次

トヨタ 新型シエンタ マイナーチェンジについて

約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエクステリアの、フロント、リア、アルミのデザイン意匠変更が行われ最新のデザインを採用する。ツートンカラーが新たに新設、2列シート5人乗り仕様を追加設定。ハイブリッド車、ガソリン車2WDの6人乗りを廃止。2017年8月1日から販売された特別仕様車”G Cuero”は廃止となり、標準グレード化。Toyota Safety Sense 全車に標準装備する。従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージ、昼間の歩行者も検知可能となる「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用。これによりインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)オプション装着車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。燃費改善が行われる。これによりJC08モード燃費27.2km/LからJC08モード燃費28.8km/Lに向上する。

SIENTA
SIENTA
SIENTA

ホンダ 新型 フリード マイナーチェンジについて

2016年9月16日に発売を開始しており3年でのマイナーチェンジとなる。エクステリアのデザインを変更。インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更。運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は「昼歩行者、対向車検知機能」に対しても衝突回避を支援。更に「後方誤発進抑制機能」も搭載。

FREED
FREED

トヨタ新型シエンタとホンダ新型フリード サイズ比較

シエンタとフリードのサイズはどちらも「5ナンバーサイズ」となるコンパクトカーであり、全幅はどちらも1,695mmであるがフリードは全高35mm長いため室内空間ではフリードの方が余裕がある。

サイズ新型シエンタ新型フリード
全長4,260mm4,265mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,675mm(2WD)

1,695mm(4WD)

1.710mm(2WD)
1,735mm(4WD)
ホイールベース2,750mm2,740mm

トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ新型フリード ガソリンエンジン比較

シエンタとフリードのガソリンエンジンは走りを楽しみたい人にはフリード、普通に走れて燃費も気にしたい人はシエンタをオススメする。フリードはホンダらしい「1.5L直噴 DOHC i-VTEC エンジン」を搭載し、最高出力、最大トルクも非常に高い。しかしその分燃費はシエンタには劣る。しかし4WDモデルを選択するのであればシエンタよりもJC08モードで上回っている。

スペックシエンタフリード
エンジン1.5L 直列4気筒
DOHC エンジン
1.5L直噴 DOHC
i-VTEC エンジン
最高出力80kw(109ps)/
6,000rpm
96kW(131ps)/
6,600rpm
最大トルク136Nm(13.9kgm)/
4,400rpm
155Nm(15.8kgm)/
4,600rpm
トランス
ミッション
自動無段変速機
(Super CVT-i)
自動無段変速機
(CVT)
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費20.2km/L(2WD)
15.4km/L(4WD)
19.0km/L(2WD)
17.6km/L(4WD)
価格1,809,500円〜
2,357,300
1,997,600円
2,638,900円

トヨタ新型シエンタ ハイブリッドとホンダ新型フリード ハイブリッド比較

ハイブリッドモデルはどちらも燃費に差がない。しかし、シエンタには4WDモデルはラインナップがないため、雪国などでの使用の場合は選択肢には入らなそうだ。

スペック新型シエンタ 
ハイブリッド
新型フリード/フリード+
ハイブリッド
エンジン直列4気筒1.5L DOHC
+モーター
直列4気筒1.5L i-VTEC
+モーター
最高出力54kW(74ps)/
4,800rpm
81kW(110ps)/
6,000rpm
最大トルク111Nm(11.3kgm)/
3,600—4,400rpm
134Nm(13.7kgm)/
5,000rpm
モーター
最大出力
45kW(61ps)22kW(29.5ps)/
1,313~2,000rpm
モーター
最大トルク
169Nm(17.2kgm)150Nm(16.3kgm)/
0~1,313rpm
システム
最大出力
100ps132ps/
6,600rpm
駆動方式2WD(FF)2WD(FF)/4WD
乗車定員5〜7名6〜7名
トランスミッション電気式無段階変速機
JC08モード燃費28.8km/L28.0km/L
価格2,227,500円〜
2,579,500
2,561,900円
3,040,400円

トヨタ新型シエンタ ハイブリッドとホンダ新型フリード パッケージングの違いについて

3列仕様を選択する場合にシエンタとフリードで3列シートの収納方法が異なる。

FREED

フリードは跳ね上げ式を採用。シエンタは床下格納式を採用。個人差があるので、試して頂きたいが、個人的にはシエンタの方が楽です。更にフリードの跳ね上げ式の場合は両サイドが出っ張るので入らない物もあるかもしれません。3列目を常に出したままの人には関係ありません。

FREED

また、フリードの場合には独立したキャプテンシートを2列目に採用しており後部座席への移動や乗り降りで使い勝手がいい。シエンタの場合には2列目は3人乗りのソファータイプであり、この様なパッケージングはされていない。

トヨタ新型シエンタ ハイブリッドとホンダ新型フリード 安全技術 比較

安全装備では新型フリードの方が多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。

システム 装備新型シエンタ新型フリード
衝突軽減ブレーキシステム
(昼歩行者)

(昼歩行者)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング-
路外逸脱抑制機能
ACC-
LKAS-
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能-
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム-

※最新自動車情報調べ 発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense 標準搭載 2018年9月11発売

あわせて読みたい
トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense 標準搭載 2018年9月11発売 トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店とモデリスタ店を通じて発売...

ホンダ 新型 フリード /フリード+ マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

あわせて読みたい
ホンダ 新型 フリード マイナーチェンジ 「クロスター」追加 2019年10月18日発売 ホンダは新型「フリード 」「フリード+(2列シート車) 」マイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売した。新たにクロスオーバースタイル「CROSSTAR(クロスター)」を...

ホンダ フリード

https://www.honda.co.jp/FREED/

トヨタ シエンタ

https://toyota.jp/sienta/

FREED CROSSTAR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次