2019から2020年 ステーションワゴン おすすめ まとめ

toyota-corolla-touring-sports 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

現在 ステーションワゴンの車種は非常に販売台数もあまりよくはない。しかし、2018年後半から2019年頃に次々と投入する予定だ。

もともとステーションワゴンはセダンをベースに荷物室と後部座席を繋げて荷物を乗せやすくしたモデルである。セダンに比べ日常生活での使い勝手を求めながらもセダン同様に安定した走りを求める人向きの車種となるだろう。もちろんセダン同様に後部座席はヒンジドアとなる。

トヨタ 新型カローラ ワゴン (フィルダー) 日本 2019年発売 

「オーリス」をフルモデルチェンジし日本では「カローラスポーツ」として販売しており、「カローラセダン」、「カローラ ワゴン」が日本仕様として多少の変更を行い「カローラ フィルダー」「カローラ アクシオ」が置き換わる2019年春に米国や欧州で販売を開始し、2019年央以降に発売する中国など世界150以上の国や地域で順次発売する。日本の道路環境などに合わせて最適化した専用仕様のセダン&ワゴンを2019年内に発売する予定だ。

トヨタ 新型カローラ ワゴンまたはカローラ ワゴン (フィルダー) ボディサイズ(海外モデル)

新型カローラツーリングスポーツは新型カローラスポーツに比べ全長+58mm、ホイールベース+60mm拡大させ後部座席の広さは同クラス最高だという。そして最大の特徴となる荷物室の容量は通常時で598Lとなる。

スペック カローラセダン カローラスポーツ比較
全長 4,640mm +265mm
全幅 1,780mm -10mm
全高 1,435mm -25mm
ホイールベース 2,700mm +60mm

全長と共にホイールベースを伸ばすことで新型カローラスポーツに比べ2列目と荷物室を広くすることができている。

toyota-corolla-touring-sports

toyota-corolla-touring-sports

今回は、ヴィッツ系BプラットフォームからCセグメントとなり現行サイズから一回り大きくなる2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに技術ををベースに開発が進んでいる。プリウスのステーションワゴンと言ってもいいかもしれない。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る。現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。

4代目新型プリウスのものを移植した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用する。ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用し、バッテリーの位置など大幅に変更となる。

スペック 新型カローラフィルダー 新型カローラアクシオ
全長 4,433mm 4,640mm
全幅 1,790mm 1,780mm
全高 1,460mm 1,435mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力 53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力 5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
トランスミッション 無段階変速機
車両重量
乗車定員
JC08モード燃費 33.0km/L
価格
トヨタ 新型 カローラ フィルダー / アクシオ ハイブリッド フルモデルチェンジ 2019年9月17日発売
トヨタは新型カローラ フィルダー/ アクシオのフルモデルチェンジを行い日本では2019年9月17日発売する。オーリスからグローバルネーム「カローラ」に統一されたことで名前が再編成され「カローラ」、「カローラツーリング」が日本仕様として変更を...

マツダ 新型 アテンザ ワゴン マイナーチェンジ 2018年5月24日発表 6月21日発売

Atenza

マツダ 新型 アテンザ マイナーチェンジ 大幅商品改良を行い日本では2018年5月24日に発表し6月21日に発売を開始。

価格:279万7200円~419万400円

マツダは新型アテンザのマイナーチェンジをし2016年8月25日に発売した。そして、2017年8月3日に新型アテンザ 全モデルに先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備し発売した。同日に新型CX-5にも全モデルに先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備した。

エクステリアデザインは、「Mature Elegance」をコンセプトに、エクステリア・インテリアともにデザインを深化させた。現行同様に先進安全技術「i-ACTIVSENSE」全車に標準搭載し、更に進化。マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)を全車速追従機能付とし、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)、アダプティブ・LED・ヘッドライト、8インチモニター、アクティブ・ドライビング・ディスプレイも採用された。

新型 アテンザ マイナーチェンジ マイナーチェンジ 2018年モデル ボディサイズについて

スペック アテンザワゴン
全長 4,805mm
全幅 1,840mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2750mm
エンジン 直列4気筒2L エンジン
SKYAVTIV-G 2.0
直列4気筒2.5Lエンジン
SKYAVTIV-G 2.5
直列4気筒2.2L
ディーゼルターボエンジン
SKYAVTIV-D 2.2
最高出力 155ps/
6,000rpm
188ps/
5,700rpm
190ps/
4,500rpm
最大トルク 20.0kgm/
4,000rpm
25.5kgm/3,250rpm 45.9kgm/
2,000rpm
トランスミッション 6速AT /6速MT
駆動方式 FF/4WD
JC08モード燃費 17.2km/L 16.8km/L 19.6km/L~
21.9km/L
マツダ 新型 アテンザ マイナーチェンジ 大幅商品改良 エクステリア 変更 2018年6月21日発売
マツダ 新型 アテンザ マイナーチェンジ 大幅商品改良を行い日本では2018年5月24日に発表し6月21日に発売を開始する。 2017年12月1日から10日に開催されるロサンゼルスモーターショー2017にて新型アテンザ「Mazda6」のマ...

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ「e-BOXER」搭載 2020年6月発売

subaru-viziv-tourer-concept-geneva

スバルは新型レヴォーグのフルモデルチェンジを行い2020年6月に発売する。

2016年10月25日に発売を開始した5代目 GT/GK系 新型インプレッサをベースにしている。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用。スバル新デザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”を全面採用すると共に、内外装の質感を大幅向上させる。

新型レヴォーグにSUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)プラットフォーム採用

新型レヴォーグ に採用された新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」はガソリンエンジンだけでなくハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)電気自動車(EV)といった、さまざまなパワーユニットにも1つの設計構想で対応できる設計となっている。

Subaru Global Platform

トヨタ製新ユニット(新型プリウスはTHSⅡが搭載されるがハイブリッドシステムも小型化)によるハイブリッドモデルの順次展開は2018年頃からと計画されており、SGPはフル電動化までは想定せずとも、ハイブリッド化を前提としているプラットフォームである。

SGPはトヨタで言えばTNGA(Toyota New Global Architecture)と同じく今後のスバル車に採用される新型プラットフォームということになるのだ。

衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。

衝突エネルギー吸収量を現行車比1.4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化。

衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。

衝突エネルギー吸収量を現行車比1.4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化しました。

高度運転支援技術 次世代アイサイトを採用

SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすハイパフォーマンスと融合し、SUBARUならではの安心で愉しいスポーツセダン像を表現。 性能を一層向上させた次世代アイサイト、レーダー、高精度GPS・地図等の採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求していくとしている。

乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を搭載

新型フォレスターに搭載されたドライバーモニタリングシステムを搭載する。運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーを自動調整する他、運転手が脇見や居眠り運転を予防する事も可能である。

2019-Subaru-Forester

アイサイト標準搭載

新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路(高速道路)の渋滞時追走機能。渋滞時カーブ追従を可能にする。
全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。

新型レヴォーグ 搭載エンジンについて

新型フォレスター新型SUBARU XVに搭載した2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン 「FB20型」+モーターアシストを搭載した「e-BOXER」ハイブリッドモデルを搭載。

SUBARU XV PHVに搭載されたSUBARU StarDrive Technologyも搭載され、新型プリウスPHVと同様に、2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリー電力量:8.8kWhを搭載し、EV走行も可能にしEV航続可能距離:27.3km前後を可能にしたモデルとなった。

スペック 2.0L 4気筒水平対向直噴エンジン「FB20」型
+ モーター×2
最高出力 137HP(139ps)/5,600rpm
最大トルク 134lb-ft(182Nm)/4,400rpm
モーター最高出力

118HP(120ps)

モーター最大トルク 149lb-ft(202Nm)
システム最大出力 約148hp(110kW / 150PS)
トランスミッション リアトロニック
バッテリー リチウムイオン 電力量 8.8kWh

XV-PHEV

スペック 2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力 107kW(145ps)/6,000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgm)/4,000rpm
モーター最高出力 10kW(13.6ps)
モーター最大トルク 65Nm(6.6kgm)
駆動方式 AWD
トランスミッション CVT(リニアトロニック)
バッテリー リチウムイオンバッテリー(4.8Ah)
JC08モード燃費 19.2km/L
スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ「e-BOXER」搭載 2020年6月発売
スバルは新型レヴォーグのフルモデルチェンジを行い2020年6月に発売する。 2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(ヴィジヴ ツアラー コンセプ...

メルセデス・ベンツ 新型 CLA シューティングブレイク フルモデルチェンジ 2019年発売

メルセデスベンツは新型CLA シューティングブレイクのフルモデルチェンジを行い2019年に発売する。新型CLAクラスのフルモデルチェンジを行い同時期に発売する。

2018年2月2日(現地時間)に正式発表した新型 Aクラスと基本的な構造を共有。ルノー日産とダイムラー共同開発の新前輪駆動プラットフォーム、「MFAⅡプラットフォーム」FF/AWDを採用し軽量化と剛性のupする。

ルール形状を改めリアのヘッドスペースを拡大し、リアドアの開口部を広げるなど、快適性や使い勝手を改善する。現行に比べデザインは伸びやかにフロントとリアまで曲線的につなぐルーフラインとなり、車体全体が低くスポーティに感じられ、少し下に乗っているような感覚となるだろう。プラットフォームだけではなくデザインも新型Aクラスに近いデザインとなるだろう。

mercedes-cla

 

AI(人工知能)搭載インフォテイメントシステム MBUXを標準装備

インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」はダッシュボードの上に浮かんでいるように見える2つの画面は「トレンチ」で分けられており。選択されたモデルおよび機器に応じて、3つのバージョンで利用可能。

ステアリングのボタンを押したり直接パネルをタッチする、または音声アシスタントの「LINGUATRONIC」に「ヘイ、メルセデス」と呼びかけることで操作が可能。

ベースのトリムには7インチ(17.78cm)のスクリーンが2つ高級モデルには7インチと10.25インチ(26cm)または10.25インチのディスプレイが2つ。最大解像度は1920×720ピクセル、スクリーンに結合ガラス技術を使用する。タッチスクリーンによる操作のほか、メカニカルなタッチコントロールボタンやタッチパッドからも操作ができる。

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス インテリア 公式画像

Mercedes_A-Class

Mercedes_A-Class

最新のインフォテイメントシステムを含めた機能、新しい運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」の設定する。

Mercedes_A-Class

Mercedes_A-Class

新型CLA シューティングブレイク スパイショット

メルセデス・ベンツ 新型CLAクラス 搭載エンジンラインナップについて

2つのガソリンモデル(CLA 200とA 250)とディーゼル(CLA 180 d)の3種類のエンジンが搭載。1.4Lターボエンジンはルノー日産と共同開発を行い、現行モデルの1.6Lから排気量をダウンサイズしながら最大トルク25.5kgmにUPする。

CLA200

スペック CLA200
エンジン 直列4気筒1.4Lターボエンジン (ルノー日産共同開発)
最大出力 120kw(163ps)
最大トルク 250Nm(25.4kgm)/1,620rpm
トランスミッション 7速DCT /6速MT
駆動方式 2WD(FF) /4WD
最高速度 8.2秒
最高速度 225km/h

CLA250

スペック CLA250
エンジン 直列4気筒2Lターボエンジン
最大出力 165kW(224ps)
最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1,800rpm
トランスミッション 7速DCT /6速MT
駆動方式 2WD(FF) /4WD
0-100km/h加速 6.2秒
最高速度 250km/h

CLA180d

スペック CLA180d
エンジン 直列4気筒1.5Lディーゼルターボエンジン
(ルノー日産製)
最大出力 85kW(116ps)
最大トルク 260Nm(26.5kgm)/1,750-2,500rpm
トランスミッション 7速DCT /6速MT
駆動方式 2WD(FF) /4WD
0-100km/h加速 10.5秒
最高速度 202km/h

を搭載し、軽量化、ダウンサイズした新エンジンにより現行モデルよりも燃費向上する。

メルセデス・ベンツ 新型 CLA シューティングブレイク フルモデルチェンジ 2019年発売
メルセデスベンツは新型CLA シューティングブレイクのフルモデルチェンジを行い2019年9月から世界各国で販売を開始する。新型CLAクラスのフルモデルチェンジを行い欧州で2019年5月からCLA Edition 1モデルの販売をスタートする...
タイトルとURLをコピーしました