EV開発を加速 スバル 2028年までに新型EVクロスオーバー4車種を発売へ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ソルテラ
  • URLをコピーしました!

スバルはBEV(バッテリー電気自動車)の生産能力を拡大し、2028年までに4つの新しい電気自動車クロスオーバーを提供する予定だ。電動化計画を加速していると次期CEOが発表した。

目次

スバル EV開発について

スバルは、2030年までに電動車が販売台数の40%を占めることを目指すと発表。現在そのようなモデルを2車種「Crosstrek」と「Solterra」しか販売していない自動車メーカーにとって、これは目標に向けた大きな一歩となる。まだ名前のない電気自動車4台すべてが米国で販売される予定ですが、生産はすべて日本で行われる予定であり、太平洋全域の連邦税優遇措置の対象にはならない。スバルは2022会計年度(3月31日に終了)の業績を報告する際に、新しい電気モデルを発表した。その中で、昨年の利益が3倍になったと発表し、2023年も利益は増加し続けると予想している。

あわせて読みたい
スバル 新型 SUBARU XV PHV プラグインハイブリッド「Subaru Crosstrek Hybrid」米国モデル 2018年発売 スバルは新型SUBARU XVの米国モデル「Subaru Crosstrek」のプラグインハイブリッド(PHV)モデル(SUBARU StarDrive Technology)を2018年11月19日(現地時間)発表、20...
あわせて読みたい
スバル 新型 ソルテラ 電気自動車 BEV車 日本仕様 価格を2022年4月14日発表 スバルは、新型BEV(バッテリ電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の日本仕様車を2022年4月14日発表した。兄弟車であるトヨタの「bZ4X」と同日となる2022年5月12日より...

https://www.subaru.co.jp/

ソルテラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次