2019年後半 買って乗って損しないだろう 話題の新型 車種まとめ

ジューク 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
新型ジューク ティーザー画像

2019年後半は各社最新技術を多く取り入れた車を多数発売する。その中でも「注目度」と「買っても損しないだろう」と思われる車種をいくつかご紹介していきます。

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)

世界が認める「カローラ」についにワゴンモデル「カローラ ツーリング」が2019年9月17日発売する。カローラフィルダーの後継となるがベースは世界標準規格である。現行「カローラスポーツ」は以前の「オーリス」であり今回の「カローラツーリング」は日本未発売の「オーリスワゴン」とも言えるだろう。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。ヴィッツ系BプラットフォームからCセグメントとなり現行サイズから一回り大きくなる。4代目新型プリウスのものを移植した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用。次世代Toyota Safety Senseを全車標準搭載する。

新型カローラワゴン

新型カローラワゴン 海外モデル

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売
トヨタは「カローラフィルダー」のフルモデルチェンジを行い新型「カローラツーリング」として日本では2019年9月17日発売する。2019年春に米国や欧州で販売を開始し、2019年央以降に発売する中国など世界150以上の国や地域で順次発売する。...

日産 新型 ジューク

新型ジュークのフルモデルチェンジを行い2019年9月3日発表(現地時間)する。コンパクトSUVの元祖であり、1つのジャンルを確率させた「ジューク」は2010年6月に発売。約9年経つ現在に遂に2代目を発売する。ルノーキャプチャーから採用された新CMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。

エンジンに期待されるのが新型「ノート」で大成功を納めたレンジエクステンダーEV「e-POWER」モデルを投入することである。

ジューク

新型ジューク ティーザー画像

日産 新型 ジューク e-POWER フルモデルチェンジ 2代目 2019年9月3日発表

日産 新型 ジューク e-POWER フルモデルチェンジ 2代目 プロパイロット 2019年9月3日発表
日産は新型「ジューク」のフルモデルチェンジを行い2019年9月3日発表(現地時間)した。日本モデルではハイブリッドモデル「e-POWER」を追加する。 2019年2月4日に英国で最大の自動車組み立て工場である日産のサンダーランド工場で、次...

ホンダ 新型 フィット

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売する予定だ。初代フィットは2002年には日本国内における年間販売台数で33年間トップを守り続けたトヨタのカローラを上回りトップとなった。現在ではコンパクトカーで日産「ノート」、トヨタ「アクア」などに販売台数を上回れてしまっており、初代の人気を復活させることができるかがポイントとなる。

新型となり「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用し更なる低燃費化を果たす。更に進化した「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全車標準搭載する。

2019_Honda_FIT

新型 フィット 4代目 スパイショット

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「i-MMD」搭載 2019年11月発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。

マツダ 新型 CX-30

マツダは新型CX-30を日本では2019年10月に発売する予定である。新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-30」はCX-3CX-5の中間サイズである 。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。

「CX-5では日本で走るには少し不安があるが、CX-3だと室内が少し狭いからな・・・」と思っていた方にはピッタリなモデルである。

mazda cx-30

mazda cx-30

マツダ 新型 CX-30 日本で2019年10月発売

マツダ 新型 CX-30 日本で2019年10月24日発売
マツダは新型CX-30を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。 価格:2,392,500円〜3,713,600円 SKYACTIV-Xは12月以降となる。欧州で2019年9月に発売。mazda3に続く新...

最後に

いかがでしたでしょうか?2019年10月1日より消費税増税を気にする方もいると思いますが、各社でそれぞれの最新技術を投入し魅力的な車種を2019年後半に投入する予定です。これから車を購入を検討している方に「いい車があるなら新車を買おう」と思って頂けたら幸いです。

消費税増税に伴う取得税と自動車税変更について2019年10月1日より

消費税増税に伴う取得税と自動車税変更について2019年10月1日より
消費税増税が2019年10月1日から行われる。自動車は非常に高価な物だけに消費税が8%から10%になることでかなり金額が変わる。例えば300万円の車体価格だとすると8%の場合には325万円で10%の場合には330万円の5万円アップとなる。も...

※最新自動車情報2019調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。