ホンダ

ホンダ 新型 シビック セダン フルモデルチェンジ 11代目 米国2022年モデル 2021年夏発売開始

Honda Civic Sedan

ホンダは新型「シビック」フルモデルチェンジを行い11代目 2022年モデルとして量産モデルを米国にて2021年4月28日(現地時間)に発表した。米国モデルは2021年夏発売開始する。

2021年夏発売開始新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 2022年モデル

エクステリア

Honda独自のM・M思想に基づく、従来のモデルよりも洗練された高級感のあるデザインで、低くて広いスタンスを与えた。第10世代モデルの低い全体の高さと低いヒップポイントから始め、低いフードとフロントフェンダー、および低い水平ベルトラインを含む新しい「薄くて軽い」デザインの精神を適用した。高張力鋼とアルミニウムを戦略的に使用することにより、ねじり剛性が8%向上し、曲げ剛性が13%向上しました。これには、乗り心地、取り扱い、安全性にメリットがある。マクファーソンストラット式を前面に配置し、低摩擦のボールジョイントとフロントダンパーマウントベアリングがステアリングフィールを向上させます。一方、より大きなコンプライアンスブッシングは過酷さを最小限に抑え、2つのリアロアアームも新しいブッシングを採用してキャビン内の振動を低減し、直線の安定性を向上。ボディサイズは全長4,673mm(+23mm)、全幅1,800mm(0mm)、全高1,415mm(0mm)、ホイールベース2,735mm(+35mm)とした。

インテリア

インテリアは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。ダッシュの上部は、フロントガラスに反射しないようにカットラインが少ないように設計されています。また、視認性を高めるためにミラーをAピラーから離した。

メーターには新型「10.2インチインストルメントクラスター」を採用。センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「12スピーカーのBOSE製オーディオシステム」を採用「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるパーキングブレーキシステム」を採用する。新設計のエアコン吹き出し⼝「そよ⾵アウトレット」L字型の送風アウトレットから、風がフロント席乗員の頬をなでるようにサイドウインドウに沿って後方に流れることで、乗員を包み込むような柔らかい空気の流れを作り出す。

エンジン

2つの4気筒エンジンを採用。2.0L 4気筒ターボエンジンVTEC 最高出力158 hp 、最大トルク138 lb-f、1.5L 4気筒ターボエンジンVTECTurbo 最高出力180hp 、最大トルク177lb-ftを採用する。ターボチャージャー付きエンジンの数値は、前世代の同じエンジンに比べて6hpと15lb-ftのトルクバンプが得られる。

安全装備

ホンダセンシングスイートを採用。以前よりも広い視野を提供する新しいカメラのおかげで改善。より優れたソフトウェアと連携することで、システムはより多くの車両を認識し、歩行者、自転車、その他の車両をより迅速に識別できるようになりました。アダプティブクルーズコントロールはまた、より自然な感じブレーキと迅速な反応のために改善されました。車線を維持しながら、より自然に操縦。

特定の種類の衝突時の頭の動きをより適切に制御することにより、脳損傷を軽減するように設計された世界初のエアバッグを発表。ドーナツ型の運転席エアバッグは事故の際に頭を抱きしめますが、本のように開く3面助手席エアバッグも同様に機能。

ソース

2022 Honda Civic Fully Detailed, Gets Buttoned-Down Design, Promises More Premium Feel

ホンダ シビック

https://www.honda.co.jp/CIVIC/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ホンダ
-,

© 2021 最新自動車情報