トヨタ

トヨタ ディスプレイオーディオ 「Apple CarPlay」「 Android Auto」標準設定

yaris

トヨタはディスプレイオーディオ「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準装備化し、2020年6月発売の新型車「新型ハリアー」よりスマートフォンとの連携機能を強化すると2020年4月10日に発表した。

トヨタ ディスプレイオーディオ「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準装備化

2018年9月17日発売の「カローラ/カローラツーリング」のフルモデルチェンジより、新型車へのスマートフォンとの連携可能なディスプレイオーディオおよび、DCMの標準装備してきた。2020年6月発売の新型車よりスマートフォンとの連携機能を強化に加え、既に販売済みのディスプレイオーディオ装着車についても、T-Connect通信によるバージョンアップを通じて、6月中旬以降、順次機能を付与する。

標準サービスとして提供している「SmartDeviceLink」に加え、新たに「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準装備化することで、より多くのお客様にコネクティッドサービスを利用できるようにした。

トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売

トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売

トヨタ ディスプレイオーディオ 今までは?

「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合には「TV(フルセグ)」+「Apple CarPlay」+「Android Auto」のセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。つまり2020年6月以降は「TV(フルセグ)」が不要であればオプション選択をしなくてもナビとして機能させることが可能だ。

トヨタ ディスプレイオーディオ オプションについて

ディスプレイオーディオに従来のナビ機能を搭載することができる。

エントリーナビキット 60,000円(税込)

T-Connectナビキット 110,000円(税込)

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

トヨタ ディスプレイオーディオ 搭載車について

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ(セダン) 日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ(セダン) 日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラスポーツ 一部改良 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラスポーツ 一部改良 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カムリ 一部改良 2019年10月1日発売

トヨタ 新型 カムリ 一部改良 2019年10月1日発売

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月18日発表 2020年1月6日発売

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月18日発表 2020年1月6日発売

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32230106.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-トヨタ