ラウンドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

「ランドクルーザー」という車名は1954年6月より使用され、現在新車として販売されている車種且つ、一つの車名で継続生産されている日本製の自動車の商標としては65年を超える最も長い歴史を持つ。世界的に著名なクロスカントリー車であり、その耐久性は世界中で高い評価を受けている。日本では「ランクル」の愛称が広く通用。

ランドクルーザー 歴史

BJ・FJ型

警察予備隊への納入を狙い、トヨタ・ジープBJ型として開発され、1951年(昭和26年)に試作車が完成。1953年(昭和28年)本格生産開始。

20系

1955年8月、ランドクルーザーは初めてのモデルチェンジを受け20系となった。

40系

1960年1月発売開始。20系をフルモデルチェンジして登場。1960年1月生産開始。1975年1月改良。1984年11月に国内での生産を終了。

55 56系

1967年7月 FJ45V(初代・4ドア)の後継車として登場。

60系

1980年8月 ステーションワゴン、55型の後継車種として登場。1981年10月日本国外のみであった上下開き式バックドアを国内にも設定。1984年11月、70系のデビューに合わせマイナーチェンジ。1987年8月 マイナーチェンジ。1989年10月 生産終了。

70系

1984年11月発売開始。2004年7月日本国内での販売終了。

80系

1989年12月に60系の後継車として80系が発表。1992年8月マイナーチェンジ。1995年1月マイナーチェンジを受けて後期型。1997年12月高い人気を維持終了。

100系

1998年1月フルモデルチェンジ。1999年8月一部改良。2000年5月一部改良。2002年8月
初のマイナーチェンジ。2003年8月一部改良。2005年4月二度目のマイナーチェンジ。

200系

2007年9月18日フルモデルチェンジ。2009年4月16日、5月6日、発売一部改良。2010年7月13日発表、一部改良し8月2日発売。2011年12月19日発表、マイナーチェンジし2012年1月6日発売。2015年8月17日マイナーチェンジ。2016年8月29日トヨタ店創立70周年記念特別仕様車「ZX G-FRONTIER"」を発売。2017年7月20日一部改良。

ランドクルーザー200 マイナーチェンジ スペックについて

サイズ ラウンドクルーザー
全長 4950mm
全幅 1980mm
全高 1870mm
ホイールベース 2850mm
エンジン 4.6L V型8気筒DOHCエンジン 1UR-FE型
最大出力 318ps/5,600rpm
最大トルク 46.9kgm/3,400rpm
トランスミッション 6速AT
JC08モード燃費 6.7~6.9km/L

トヨタ 新型 ランドクルーザー 200 マイナーチェンジ (一部改良) 次世代 Toyota Safety Sense 採用 2019年10月発売

トヨタ ランドクルーザーの記事

[new_list count="15" type="default" tags=174]

© 2021 最新自動車情報