スバル 新型 レガシィ アウトバック マイナーチェンジ D型 デザイン変更 2017年10月5日発売

スバル

スバルは新型レガシィ アウトバックのマイナーチェンジD型を行い日本では2017年10月5日発売。

2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にて米国仕様の新型レガシィ アウトバック2018年モデルを出展すると発表し画像が公開された。

価格:329万4,000円~356万4,000円

legacy-outback-2018-06.jpg

legacy-outback-2018-07.jpg

legacy-outback-2018-09.jpg

legacy-outback-2018-10.jpg

レガシィ アウトバックについて

レガシィは現在6代目で2014年10月から販売を開始している。ツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。

そして、丸1年でのB型へとマイナーチェンジをする。先進安全システム「アイサイトVer3」に加え、後側方をミリ波レーダーによって検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備する。これは、2014年4月にマイナーチェンジしたレヴォーグも同様に「アドバンスドセイフティパッケージ」が追加されている。

インテリアでは上級グレードのLimitedにアイボリー(本革仕様)を追加設定。Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応する。ボディカラーに新色「ダークブルー・パール」を追加。

2016年9月8日、2度目の仕様変更となりC型が10月3日に発売となる。車線中央維持機能(アイサイト(ver.3))の追加によりロングドライブでの負担を軽減、ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上した。特別仕様車 「LEGACY OUTBACK X-ADVANCE (エックスアドバンス)」を追加した。

新型レガシィ アウトバックについて

ニュースリリースより

ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上
サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現
エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現
ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上、従来型モデルのラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一層強調しつつ、内装の質感を向上。また、フラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を実現すべく、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を更に向上するとともに、エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感をも実現しました。安全性能についてもステアリング連動ヘッドランプの採用により走行性能と共に更に進化させ、お客様に「安心と愉しさ」を提供します。

スペック 新型レガシィ アウトバック
全長 4,820mm
全幅 1,840mm
全高 1,605mm
ホイールベース 2,745mm
エンジン FB25型エンジン水平対向4気筒 DOHC 2.5L
最高出力 129kW(175PS)/5,800rpm
最大トルク 235Nm(24.0kgm)/4,000rpm
トランスミッション CVT(リニアトロニック マニュアルモード付き)
駆動方式 AWD
JC08モード燃費 14.8km/L
価格 3,294,000円〜3,564,000円

スペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現。エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上を実現し、JC08モード燃費を14.6km/Lから14.8km/Lに向上した。

安全システム アイサイトについて

安全システム「アイサイト」に、後退時自動ブレーキシステムを追加し全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h)

後退時自動ブレーキシステム

全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h)

アイサイトセイフティプラス

フロント&サイドビューモニター

アダプティブドライビングビーム

ステアリング連動ヘッドランプ

リヤビューカメラにステアリング連動ガイド線機能を追加

legacy-outback-2018-02.jpg

legacy-outback-2018-04.jpg

legacy-outback-2018-03.jpg

legacy-outback-2018-05.jpg

legacy-outback-2018-11.jpg

スペック 新型レガシィ アウトバック
グレード 2.5i 3.6R
全長 4,824mm
全幅 1,840mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,745mm
エンジン

FB25型エンジン

水平対向4気筒 DOHC 2.5L

EZ36型エンジン

水平対向4気筒 DOHC 3.6L

最高出力 175PS/5,800rpm 256hp/6,000rpm
最大トルク 24.0kgm/4,000rpm 247ft-lbf/4,400rpm
トランスミッション

リニアトロニック

(マニュアルモード付)

駆動方式 AWD
タイヤサイズ 225/65/R17 225/60/R18

ソース

https://www.carscoops.com/2017/04/2018-subaru-outback-arrives-in-ny-with/

スバルニュースリリース

https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_04_07_3948/

https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_04_4680/

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました