ホンダ初のハイブリット車「インサイト」生産打ち切り プリウス圧勝

ホンダは、同社初のハイブリッド車「インサイト」の生産を2014年2月末で打ち切ることを決めた。

小型車「フィット」や中型セダン「アコード」などの主力車種にHVを相次ぎ採用しており、HV専用のインサイトは役割を終えたと判断した。

インサイトは1999年の発売。トヨタ自動車が97年に発売した「プリウス」と並んで、HV市場の成長期をリードした。

ただ、インサイトが搭載するHVシステムは簡易型で、1Lあたりの走行距離が27.2kmと、他のHVと比べた競争力が最近は低下していた。ホンダは2013年から新型のHVシステムに切り替えているが、インサイトへの導入は見送ることにした。

インサイトの2013年の世界販売台数は1万2000台にとどまり、プリウスの31万6000台に対して差が開いていた。

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる