競合車種比較

トヨタ アルファード VS ホンダ オデッセイ どちらが買い? 2020年モデル 徹底比較

2020年11月24日

Odyssey

ホンダは「オデッセイ」のマイナーチェンジを行い2020年11月6日に発売した。7年目での2度目のマイナーチェンジを果たした新型「オデッセイ」とトヨタの「アルファード」どちらもスライドドアを採用した乗車定員「7/8名」の上級ミニバンであるが、どの様な違いがあるのか徹底比較してみた。

新型 オデッセイ マイナーチェンジについて

エクステリアデザインを変更、フードに厚みを増し、グリルが大型化され、ヘッドライトを薄型化。リアコンビランプは立体的なデザインとなり、メッキ加飾が施され、前後のウインカーには、車両の内側から外側に向かって流れるように点灯する「シーケンシャルターンシグナルランプ(流れるウィンカー)」を標準装備。

honda odyssey

honda odyssey

ジェスチャー操作で車両に触れずにパワースライドドアの開閉ができる「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」や「予約ロック」をHondaとして初めて搭載するなど、使い勝手をさらに向上させまた。

2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」による優れた燃費性能と上質で力強い走行性能を発揮する。

honda odyssey

インテリアのデザイン変更、加飾パネルを上部に、ソフトパッドを手に触れる位置に配置。コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶を3.5インチから7インチに大型化、ドリンクホルダーを運転席側にも追加、リッド付インパネアッパーボックスを設けるなど収納性能を改善。大型10インチナビをディーラーオプション設定。大径2眼メーターを採用。インストルメントパネルはよりゴージャスな印象と質感を与えたデザインに変更される。現行同様、電動パーキングブレーキ&ホールド採用。

新型オデッセイ マイナーチェンジモデル スペックについて

スペック オデッセイ オデッセイ
ハイブリッド
全長 4,850mm
全幅 1,820mm
全高 1,695mm(2WD)
1,715mm(4WD)
ホイールベース 2,900mm
エンジン 2.4L 直4DOHC i-VTEC 2L 直4DOHC i-VTEC
+2モーター i-MMD
最高出力 129kW(175ps)/
6,200rpm
140kW(190ps)/
6,400rpm
107kW(145ps)/
6,200rpm
最大トルク 225Nm(23.0kgm)/
4,000rpm
237Nm(24.2kgm)/
4,000rpm
175Nm(17.8kgm)/
4,000rpm
モーター
最高出力
135kw(184ps)/
5,000-6,000rpm
モーター
最大トルク
315Nm(32.1kgm)/
0-2,000rpm
JC08モード燃費 24.4〜25.5km/L
WLCTモード燃費 11.6〜12.8km/L 19.8〜20.2km/L
乗車定員 7〜8名
価格 3,495,000円~
3,929,400円
4,198,000円~
4,580,000円

新型オデッセイ マイナーチェンジモデル 価格 グレード

グレード パワートレイン 乗車定員 駆動方式 価格
(10%)
e:HEV
ABSOLUTE
ハイブリッドモデル 7名 2WD 4,286,000円
8名 4,198,000円
e:HEV
ABSOLUTE EX
7名 4,580,000円
ABSOLUTE
サイドリフト
アップシート車
ガソリンモデル 8名 2WD 3,634,000円
8名 3,582,000円
8名 4WD 3,782,000円
ABSOLUTE 7名 2WD  3,815,000円
8名 3,495,000円
8名 4WD 3,715,000円
ABSOLUTE・EX 8名 4WD 3,929,400円

ホンダ 新型 オデッセイ マイナーチェンジ 改良モデル 2020年11月6日発売

ホンダ 新型 オデッセイ マイナーチェンジ 改良モデル 2020年11月6日発売

新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良について

トヨタは新型「アルファード/ヴェルファイア」の一部改良を行い2019年12月18日発表し、2020年1月6日発売する。新型アルファードは全国のトヨタ店、トヨペット店、新型ヴェルファイアは全国のカローラ店、ネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京株式会社では両車両を取り扱う。アルファードはトヨタ店とトヨペット店、ヴェルファイアはカローラ店とネッツ店で購入できる様になるため「ヴェルファイア」のネッツエンブレムをトヨタエンブレムに変更。

アルファード

ヴェルファイア

3眼LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備グレードを拡大。スライドドアの開閉に連動し、ステップが展開格納される電動サイドステップ(オプション)を設定。

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

バックガイドモニターを全車標準装備。従来より設定のT-Connect SDナビゲーションシステムには10.5インチディスプレイ、リヤシートエンターテインメントシステムには、13.3インチディスプレイを採用。

アルファード「S Aパッケージ」、ヴェルファイア「Z Aエディション」が廃止。今回のマイナーチェンジでは人気の「アルファード 特別仕様車 TYPE BLACK」「ヴェルファイア 特別仕様車 GOLDEN EYES」は2020年4月20日発表、5月1日に発売。

新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 トヨタ ディスプレイオーディオについて

スマートフォンをUSBケーブルで接続することで連携が可能(「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応 オプション、SDL(Smart Device Link)「TCスマホナビ」「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用が可能。

「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合にはTV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。

「ナビレス」の選択がないどころか形状が違うため社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。つまり現在のところ社外ナビの取り付けは不可となります。

社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人は新型を買うのではなくマイナーチェンジ前の「アルファード」「ヴェルファイア」を買う選択になる。

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 価格グレード

アルファード

グレード 定員 エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X 8名 2AR-FE(2.5L) Super
CVT-i
2WD 3,520,000円
X “サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
7名 3,635,000円
S 8名 3,864,000円
7名 3,908,000円
G“サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
3,884,000円
G“C パッケージ” 4,664,000円
G 4,539,000円
G“サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
4,421,000円
GF 2GR-FKS(3.5L) Direct Shift-
8AT
2WD 5,185,000円
GF“サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
4,883,000円
SC 5,260,000円
Executive Lounge 7,269,000円
Executive Lounge S 7,421,000円
X 8名 リダクション機構付
THSⅡ
(2AR-FXE 2.5L)
電気式
無段階変速機
4WD
(E-Four)
4,547,000円
7名 4,590,000円
X“サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
4,587,000円
S 4,799,000円
G 5,344,000円
“F パッケージ” 5,507,000円
SR 5,491,000円
SR“サイドリフトアップ
チルトシート装着車”
5,320,000円
SR“C パッケージ” 5,654,000円
Executive Lounge 7,599,000円
Executive Lounge S 7,752,000円

新型アルファード /ヴェルファイア マイナーチェンジモデル 搭載エンジンについて

スペック 新型アルファード/ヴェルファイア
全長 4,945mm(4,950mm)
全幅 1,850mm
全高 1,930mm 1,950mm
ホイールベース 3,000mm
排気量 2.5L 3.5L 2.5L
+ハイブリッド
エンジン形式 直4DOHC 直4 DOHC (D4-S) 直4DOHC
+モーター
最大出力 134kW(182ps)/
6,000rpm
221kW(301ps)/
6,600rpm
112kW (152ps)/
5,700rpm
最大トルク 235Nm (24.0kgm)/
4,100rpm
361Nm(36.8kgm)/
4,600〜4,700rpm
206Nm (21.0kgm)/
4,400-4,800rpm
モーター
最高出力
- - フロント105kW
(143ps)
リヤ50kW
(68ps)
モーター
最大トルク
- - フロント270Nm
(27.5kgm)
リヤ139N・m
(14.2kgm)
トランス
ミッション
CVT 8AT 電気式
無段階変速機
JC08モード燃費 12.8km/L 10.6〜10.8km/L 18.4〜19.4km/L
WLTCモード燃費 10.8km/L 9.9〜10.2km/L 14.8km/L
価格 3,520,000円~
4,421,000円
4,883,000円~
7,421,000円
4,547,000円〜
7,752,000円

( )はエアロバージョン

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月18日発表 2020年1月6日発売

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月18日発表 2020年1月6日発売

トヨタ 新型 アルファード 特別仕様車「S “TYPE GOLD”」2020年4月20日発表 5月1日発売

トヨタ 新型 アルファード 特別仕様車「S “TYPE GOLD”」2020年4月20日発表 5月1日発売

トヨタ 新型 アルファード VS ホンダ 新型 オデッセイ ボディサイズ比較

ボディサイズは全てにおいてアルファードの方が長く、大きい。しかしオデッセイとの差は運転している場合には誤差と言っていい範囲なので運転に自信がないので小さい方をというレベルでないことは間違いない。

スペック 新型アルファード 新型オデッセイ
全長 4,945mm 4,850mm
全幅 1,850mm 1,820mm
全高 1,930-1,950mm 1,695-1,715mm
ホイールベース 3,000mm 2,900mm

トヨタ 新型 アルファード VS ホンダ 新型 オデッセイ ハイブリッドモデル比較

ハイブリッドモデルのエンジン比較ではオデッセイは2.0L+モーターを採用しており税金面のコストでは優位である。更にWLTCモード燃費では2WDのみではあるが19.8〜20.2km/Lとクラストップの燃費性能を誇っておりコスト面だけでみるとオデッセイに軍配がありそうだ。

スペック 新型アルファード 新型オデッセイ
エンジン 2.5L 直4DOHC
+モーター(THSⅡ)
2.0L 直4DOHC i-VTEC
+2モーター(e:HEV)
最高出力 112kW (152ps)/
5,700rpm
107kW(145ps)/
6,200rpm
最大トルク 206Nm (21.0kgm)/
4,400-4,800rpm

175Nm(17.8kgm)/
4,000rpm

モーター
最高出力
フロント105kW
(143ps)
リヤ50kW
(68ps)

135kw(184ps)/
5,000-6,000rpm

モーター
最大トルク
フロント270Nm
(27.5kgm)
リヤ139N・m
(14.2kgm)

315Nm(32.1kgm)/
0-2,000rpm

トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式 4WD 2WD(FF)
JC08モード燃費 18.4〜19.4km/L 24.4〜25.5km/L
WLTCモード
燃費
14.8km/L 19.8〜20.2km/L
価格(10%) 4,547,000円〜
7,752,000円
4,198,000円〜
4,580,000円

最後に一言

新型オデッセイはe:HEVを搭載しJC08モード燃費で24.4〜25.5km/L WLCTモード燃費19.8〜20.2km/Lと素晴らしい燃費を兼ね備えている、アルファードがJC08モード燃費で18.4〜19.4km/L WLCTモード燃費14.8km/LとWLCTモード燃費ではオデッセイに軍配があがる。車両価格はオデッセイ。ハイブリッドシステムとは違いや駆動方式では2WDを採用のみであるがコスト面をかなり意識している様子がうかがえる。今回の2度目のマイナーチェンジによりエクステリアやインテリアもトレンドを取り入れたデザインとしたことで印象を大きく変えることができている。アルファードは2017年にマイナーチェンジが入って以降小さな変化のみでエンジンは旧式であることから燃費面では魅力はそこまでないと言っていい。スペースとしてだけを考えるならアルファードを選ぶべきである。

アルファード

https://toyota.jp/alphard/

オデッセイ

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-競合車種比較
-, , , , , , ,