日産 新型 タウンスター LCV EV 電気自動車 「NV250」「e-NV200」後継 2021年9月27日発表

日産は新型小型商用車(LCV)100%電気自動車モデルとガソリン車モデルの「Townstar(タウンスター)」を欧州にて2021年9月27日(現地時間)発表した。「NV250」と「e-NV200」の後継モデルとして発売される。

目次

新型 タウンスター について

日産・ルノー・日産ア​​ライアンスのCMF-Cプラットフォームを採用。日産はタウンスターをこれまでで最も包括的なLCV製品とNV200とe-NV200に取って代わりました。新しいバンは、商用バージョンと「コンビ」乗客仕様バージョンの両方で利用できる。

新型 タウンスター スペック

ガソリンモデルは、1.3Lエンジン、最高出力130 hp(96 kW)および最大トルク240 Nm(177 lb-ft)を備えたEuro-6d準拠のエンジンを搭載。

EVバージョンは、モーター最高出力122 hp(90kW)、最大トルク245 Nm(180 lb-ft)を備えている。日産は、タウンスターEVの航続距離は177マイル(283 km)になる。

新型 タウンスター 安全装備

サイドウィンドアシストやトレーラースウェイアシスなどの先進運転支援機能に加えて、歩行者やサイクリストを検出するインテリジェントな緊急ブレーキを備えています。ハンズフリーパーキング、アダプティブクルーズコントロール、360度パーキングカメラなどの便利な機能により、タウンスターはそのカテゴリーの最前線に立つと言われている。EVバージョンのバンには、日産の半自律型ProPILOT機能も搭載。この機能を有効にすると、高速道路で車線の中央に配置しながら、車両を自動的に完全に停止する。

タウンスターのガソリンバージョンは8インチのタッチスクリーンを備え、EVモデルは10インチのユニットにアップグレード。AndroidAutoとAppleCarPlayは、ワイヤレス電話の充電だけでなく、範囲全体で機能しますが、電気バンは「さらに強化された接続サービス」をサポートする。

日産ニュースリリース

日産自動車ニュースルーム
日産自動車、欧州で新型商用車「Townstar」を公開 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、欧州市場の新型の小型商用車(LCV)戦略の一環として、「Nissan Townstar」を公開しました。
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる