スバル 2代目 新型 レヴォーグ 素晴らしいと思ってしまう点をまとめ

スバル(SUBARU)は、2代目となる新型「レヴォーグ」のフルモデルチェンジを行い2020年11月26日発売した。そして一部改良(B型モデル)を行い2021年11月に発売予定である。今回は「これはいい!」「おすすめ!」だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型 レヴォーグ 「おすすめ!」と思ってしまう点

実際に購入を検討し色々調べて「素晴らしい!」「いいね!」「おすすめ!」と思っているところをまとめてみました。

エクステリアデザイン

2代目新型「レヴォーグ」エクステリアはキープコンセプト。。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用。スバル新デザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”を全面採用、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用すると共に、内外装の質感を大幅向上させる。

ボディサイズが素晴らしい

ボディサイズは日本環境を考慮した全長:4,755mm、全幅:1,795mm、全高:1,500mm、ホイールベース:2,670mmである。全長と全幅のサイズは非常に絶妙である。日本中に多い車種と比較すると4代目「プリウス」は全長:4,575mm、全幅:1,760mm、全高:1,470mm、ホイールベース:2,700mm。更に、ステップワゴンでライバル車種となる「カローラツーリング」は全長:4,495mm、全幅:1,745mm、全高:1,460mm、ホイールベース:2,640mmであり差ほど変わらないことがわかる。室内は比較2車種よりも新型レヴォーグの方が居住性がある。

サイズ プリウス カローラ
ツーリング
レヴォーグ
全長 4,575mm 4,495mm 4,755mm
全幅 1,760mm 1,745mm 1,795mm
全高 1,470mm 1,460mm 1,500mm
ホイールベース 2,700mm 2,640mm 2,670mm

希少なステーションワゴン

実は現代ではステーションワゴンと言われるカテゴリー車種はとても少ない。他社ではトヨタ「カローラツーリング」マツダ「MAZDA6 WAGON」フォルクスワーゲン「ゴルフ ヴァリアント」などがあげられる。

ステーションワゴンの魅力は?

ステーションワゴンの魅力は走行性能と居住性&ラゲッジスペースのどちらもあること。

荷室容量が広い

荷室容量を拡大するためにホイールハウス間を広げサブトランクを増量。床下+床上トータルでのラゲッジの容量は561Lと先代から約40L拡大。

トノカバーが標準装備

最近は荷室に付ける「トノカバー」がオプションの車種が多いですがレヴォーグでは標準装備。個人的には基本で付いていてほしい装備なので素晴らしいと思いました。

インテリアの質感が高い

試乗するとわかりますが、運転席からの視界が非常によく、サイドミラーとピラーの形状が非常に考えられており先代よりも見やすく運転しやすい印象です。

運転席10ウェイ、助手席8ウェイのパワーシート採用(GT-HGT-H EXSTI SportSTI Sport EXに標準装備)インテリアイルミネーション「デジタルコクピット12.3インチのフル液晶メーター」「11.6インチフルHD大画面ディスプレイ」を搭載しており、この先進性は他社にはない素晴らしい。

11.6インチフルHD大画面ディスプレイ&デジタルコクピット12.3インチのフル液晶メーター

デジタルコクピット12.3インチのフル液晶メーター

日本車では初となるフル液晶メーター、「デジタルコクピット12.3インチのフル液晶メーター」は運転に必要な情報をグラフィカルに表示し、少ない視線移動で瞬時に認識できる先進的な液晶メーター。スピードメーターとタコメーター、ナビゲーション情報と連携する「地図画面」、「アイサイト画面」など多くの情報を表示できる。

11.6インチフルHD大画面ディスプレイ

縦型インフォメーションディスプレイを搭載。ナビゲーションをはじめ、車両やエアコンの設定、音楽はUSBまたはBluetooth接続したポータブルオーディオプレーヤーなどで再生。Apple CarPlay™ / Android Auto™に対応。

シートヒーター

運転席+助手席+後席左右 (GT-HGT-H EXSTI SportSTI Sport EX)運転席+助手席 標準装備(GTGT EX)効率良くシートを温め、早朝や寒い季節でも快適に過ごせる。フロントは3段階、リヤは2段階で温度調整が可能。後部座席にもヒートシーターが付くのは素晴らしいです。

USB電源(2ヶ)&後席USB電源(2ヶ)

スマートフォンなどの充電に便利なUSB出力電源(DC5V)を、センタートレイと後席にそれぞれ2ヶ所装備。

後席のアームレストがピアノブラック&メッキ加飾されている

後部座席でアームレストが付いている車種は多いが、無塗装でさっぱりした車種が多い中、きちんと加飾されており高級感を感じられる。

後席のシートは4:2:4分割可倒式

後席の真ん中のシートのみを倒して長尺物(スキー・スノーボード板など)を積載する場合に4人乗りも可能である。このシートアレンジができる車種は非常に少ないのでこのような使い方をしたい人はおすすめできる車種です。また後席シートを倒すとフラットになる。更に後席を倒すレバーが荷室に付いている。

後席リクライニング 3段階

後席リクライニングは3段階での調整が可能です。座る姿勢を自分好みに調整できます。2段階の車種が多い中、3段階が可能なのは嬉しいです。

ハンズフリーオープンパワーリヤゲート

アクセスキーを携帯し、リヤの六連星オーナメントに肘など体の一部を近づけるとリヤゲートが自動で開く。リヤゲートを閉めると同時に全ドアを施錠するロックシステムも採用。スイッチひとつで「閉める」と「施錠」の操作が可能。(GT-HGT-H EXSTI SportSTI Sport EXに標準装備)足でリヤゲートを開くタイプが多いがそれよりも個人的にはやりやすい印象でした。他メーカーでもこちらを採用して欲しいなと感じたほどです。

安全装備がトップクラスで充実している

「アイサイト」は視野を広げた新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現。サポーカーS ワイドに該当。JNCAP安全性能評価(2020年度)で最高評価を獲得、大賞を受賞。

アイサイトXを搭載

「高度運転支援システム」を搭載。 GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と3D高精度地図データを組み合わせることで、自車位置を正確に把握。ステレオカメラやレーダーでは検知しきれない行く先々の複雑な道路情報まで認識し、新次元の運転支援を実現。上質で滑らかな車線変更アシストをはじめ、カーブ前&料金所前では適切な速度まで減速してロングドライブをより快適に。

渋滞時ハンズオフアシスト 自動車専用道路上での渋滞時(0km/h~約50km/h)、一定の条件を満たすと、ステアリングから手を放すことが可能。

渋滞時発進アシスト 自動車専用道路上での渋滞時、ドライバーが前を向いているなど一定の条件が揃えば、スイッチ操作をすることなく発進。

カーブ前速度制御 自動車専用道路を走行中、進入するカーブの曲率に合わせて、適切な速度に制御。

料金所前速度制御 料金所の手前で、ETCゲートを安全に通過できる速度まで減速。通過後はセット車速まで加速。

アクティブレーンチェンジアシスト 自動車専用道路での高速走行時(約70km/~約120km/h)、ドライバーが方向指示器を操作し、システムが作動可能と判断すると、ステアリングを制御して車線変更のアシスト。

他社の安全装備で足りなかったと感じる、また今後ついたらいいなと思う点がしっかり備わっており、高速道路での走行時の負担軽減には確実に繋がる機能ばかりです。

コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」

万一、重大な事故が起こってしまった場合に、一人でも多くの命を救うために。24時間365日コールセンターとつながることで、交通事故やトラブルが発生した際に、確かな安心でサポートするサービス。

SUBARUつながる安心パッケージ(有料) 新車購入の場合、初度登録日から5年間無料

先進事故自動通報(ヘルプネット®)、SUBARU SOSコール、SUBARU iコール(安心ほっとライン)故障診断アラート&セキュリティアラートを採用しており、緊急時の24時間対応が可能なサービスです。

あわせて読みたい
スバル 新型 レヴォーグ 残念だと思ってしまう点をまとめ スバル(SUBARU)は、2代目となる新型「レヴォーグ」のフルモデルチェンジを行い2020年11月26日発売した。そして一部改良(B型モデル)を行い2021年11月に発売予定であ...

まとめ

2代目となる新型「レヴォーグ」は次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用。乗り味は先代を大きく超える。国内車では非常に優れている。「デジタルコクピット12.3インチのフル液晶メーター」「11.6インチフルHD大画面ディスプレイ」を搭載しており、この先進性は他社にはない素晴らしいものです。更に次世代「アイサイトX」搭載。こちらも安全装備としてはトップクラスなので素晴らしいです。車両本体価格が高いと感じる人もいるかもしれませんが、これだけの先進装備や安全技術が付いた仕様を各社で検討した場合は同等の車種を見つけたとしてもこの価格で購入するのは難しいです。また国産車では初が多いので日本車でここまでを検討する人は「レヴォーグ」1択となるでしょう!

あわせて読みたい
スバル 新型 レヴォーグ 一部改良 B型 2021年10月21日発売 スバル(SUBARU)は、「レヴォーグ」一部改良(B型モデル)を行い2021年10月21日に発売する。 【新型 レヴォーグ 一部改良 B型について】 年次改良となるB型モデルは新...

レヴォーグについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる