トヨタ 新型 カローラ Apex Edition 限定6,000台モデル 米国で2020年7月15日公開

Toyota Corolla Apex Edition トヨタ
Toyota Corolla Apex Edition

トヨタは米国で販売する「カローラ」の2021モデルをベースにした6,000台限定モデル「カローラ Apex Edition」を2020年7月15日(現地時間)公開した。

新型 カローラ Apex Edition

カローラ Apex Editionは、6,000台限定、カローラセダンに最高出力169HPを発生する2.0L ダイナミックフォースエンジンを搭載。ダイナミックシフトCVT(無段変速機)が装備。CVTは、シミュレートされた10スピードシーケンシャルシフトマチックステップ、スポーツモード、パドルシフターを提供。

カローラSEおよびXSEグレードの標準であるこのエンジンは、直接噴射とセカンダリポートインジェクターを組み合わせた高圧縮トヨタD4-S燃料噴射システム(13:1)から、その印象的なパワーと効率を引き出します。高速燃焼; 吸気側のVVT-iEインテリジェント可変バルブタイミング、および排気側のVVT-i。VVT-iEは、油圧の代わりに電気モーターを使用して可変バルブタイミングを制御。

Toyota Corolla Apex Edition

Toyota Corolla Apex Edition

Toyota Corolla Apex Edition

SEグレードとXSEグレードの両方の標準オーディオマルチメディアシステムには、8-inが含まれている。タッチスクリーンディスプレイ; 6つのスピーカー。「Android Auto TM」「AppleCarPlay®」「Amazon Alexa」に対応、USBメディアポート、1つのUSB充電ポート、Bluetooth®ワイヤレステクノロジーによるハンズフリー電話機能と音楽ストリーミング、3か月間のオールアクセストライアル付きのSiriusXM®。

XSEはさらにAudio Plusを追加。これはCVTを搭載したSEグレードではオプションであり、Service ConnectとRemote Connectが含まれている。両方のグレードで利用可能なプレミアムオーディオパッケージは、JBL 9スピーカー、800ワットシステムを追加。

2021カローラモデルには、ドライバーアシストテクノロジーのToyota Safety Sense 2.0スイートが標準装備。TSS 2.0はすでにすべての2020カローラモデルの採用されている。

トヨタニュースリリース

https://pressroom.toyota.com/2021-toyota-corolla-apex-edition-aims-for-the-curves-in-bold-style/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020