トヨタ 新型 MIRAI 高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載 2021年4月12日発売

MIRAI トヨタ
MIRAI

トヨタは新型「MIRAI」に高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載し2021年4月12日発売する。価格は8,450,000円~8,600,000円。

新型 MIRAI 高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」

新型MIRAIに、最新の高度運転支援技術「Toyota Teammate」の新機能「Advanced Drive」搭載車を設定、技術が進歩しても人が中心であることを目指し、ドライバーとクルマが対話の中でお互いの状態を確認し補い合うことで、安全な運転、快適な移動につなげていく。

Advanced Driveの特長

Advanced Driveは、Intelligent(知能化)、Reliable(信頼性)、Perceptive(高い認識性能)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Upgradable(ソフトウェアアップデート)という5つの技術的特長を備えている。

新型 MIRAI 価格グレード

グレード 価格(10%)
Z“Executive Package Advanced Drive” 8,600,000円
Z“Advanced Drive” 8,450,000円
レクサス 新型 LS500h 高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載 2021年4月8日発売
レクサスは新型「LS500h」に高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載し2021年4月8日発売した。価格は16,320,000円~17,940,000円。 新型 LS 高度運転支援技術の新機能「Advanced D...

レクサス 新型 LS500h 高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載 2021年4月8日発売

新型 MIRAI について

トヨタは2代目となる新型「MIRAI」のフルモデルチェンジを行い2020年12月9日に発売した。

2014年に水素駆動のミライを導入して世界をリードしてきた。約10,000台が販売され、トヨタは世界中の主要市場で水素燃料インフラの開発を積極的に支援。先進のゼロエミッション燃料電池電気自動車(FCEV)技術を第2世代モデルで新たな進化を遂げる。

新型「MIRAI」は燃料電池システムの改善とより大きな搭載水素タンクの使用により、運転範囲の30%増加を目標とし、3つのタンク(1つは長い、2つは短い)があり、現在のモデルと比較して燃料容量を約1キログラム増加させる。結果として航続距離は約850km(G EXECUTIVE Package、G・A Package、G)とした。

  1. エモーショナルなスタイリングとしスタイリングで選ばれるクルマを目指し、「SILENT DYNAMISM」をコンセプトにデザインを造り込んだ。
  2. 暖かく快適な雰囲気のシンプルでモダンなスペースとして運転や旅行が本当に楽しい車であるという感覚に追加。主要な要素には、「12.3インチのセンターディスプレイ」「JBLプレミアムサウンドシステム(14スピーカー)」を採用。
  3. TNGA(Toyota New Global Architecture)FRと呼ばれる新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用。
  4. FCV専用のパッケージングを開発。燃料電池システムの改善、システムのすべてを一新。高効率化による出力向上・燃費向 上とともにタンク容量アップを実現。加えて、走行中に取り 込んだ空気をきれいにする「空気清浄機能」など、 FCVとし ての性能を大幅向上、航続距離は約850km。
  5. 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載。

新型「MIRAI」には TNGA(Toyota New Global Architecture)FRと呼ばれる新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る。現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。結合剛性を高める「レーザースクリューウェルディング(LSW)」や構造用接着剤の接着範囲拡大により、走行性能、ボディ剛性をアップさせることができる。新型「クラウン」とホイールベースがどちらも同じサイズであり同じプラットフォームを採用しており外側のデザインを変更しているが基本的な構造は同じであることがわかる。理想的な重量配分としパワーユニットや高圧水素タンクの最適なレイアウトとフロントオーバーハングを切り詰め重心位置を中央に設定したことで前後の重量バランスを前後50:50の重量配分とした。

TNGA FRプラットフォーム

TNGA FRプラットフォーム

フロントはハイマウントマルチリング式、リアはローマウントマルチリング式のサスペンションを採用し念入りにチューニングしている。

新型 MIRAI エクステリア

低ライン、エレガントなプロポーション、なめらかでぴんと張ったボディワーク、そして力強く独特の外観に直径20インチの大きなホイールを備えたエクステリアデザインとした。ヘッドライトには「Bi-Beam LED ヘッドライト(オートレベリング機能付き)+LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ機能付き)」

リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用し横一文字に伸びる、薄くシャープなリアコンビネーションランプが特徴的である。

次期「MIRAI」の開発最終段階のモデルである「東京モーターショー2019」 で披露された「MIRAI Concept」と同様のスペックである。

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 欧州仕様 2020年内発売

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 欧州仕様 2020年内発売
トヨタは新型MIRAIのフルモデルチェンジを2020年末に行う。トヨタヨーロッパは2020年1月14日(現地時間)に新型「MIRAI」を2020年内に欧州市場で発売すると発表した。 新型「MIRAI」について 2014年に水素駆動のミラ...

新型 MIRAI インテリア

インテリアは、暖かく快適な雰囲気のシンプルでモダンなスペースとして運転や旅行が本当に楽しい車であるという感覚に追加。主要な要素には、「12.3インチのセンターディスプレイ」「JBLプレミアムサウンドシステム(14スピーカー)」と「インストルメントパネル」が含まれますドライバーの周り。プラットフォームとインテリジェントパッケージにより、現行「MIRAI」の4人席から5人席と変更させる。

乗車人数が5名に増えることは大きな変更点となる。インテリアは現行のクラウンなどと同様の質感を感じながらも大型インフォメーションディスプレイなどを搭載した、新型MIRAI専用デザインを採用している。

タッチ式コントロールパネル(コンソールボックス)

シートバックアシストグリップ(運転席・助手席)

電動式リヤサンシェード&手動式リヤサンシェード

可倒式ヘッドレスト(助手席)

新型 MIRAI ボディカラー全8色について

フォースブルーマルティプルレイヤーズ 新規開発色 <8Y7>

ダークブルーマイカ <8S6>

エモーショナルレッドII <3U5>

ブラック <202>

プレシャスブラックパール <219>

プレシャスホワイトパール <090>

プレシャスシルバー <1J6>

プレシャスメタル <1L5>

新型 MIRAI 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載

新型「クラウン」と同様の第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載する。レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。「プリクラッシュセーフティ」「レーダークルーズコントロール」に新機能を追加。「ドライバー異常時対応システム」を追加する。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。更に「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。

  1. 低速時、自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する“低速時加速抑制機能。
  2. 交差点右折時の対向直進車、ならびに右左折時の対向方向から横断してきた歩行者も検知可能。
  3. 緊急時のドライバー回避操舵をきっかけに操舵をアシストする“緊急時操舵回避支援機能”。

ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。カーブ走行時、システムが速度抑制を必要と判断した場合、ハンドルの切り始めで速度抑制を開始し、切り戻しで速度抑制を終了。

レーントレーシングアシスト(LTA)高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。カーブ速度抑制機能を追加した。ドライバー異常時対応システムドライバーの異常を察知し、救命救護に寄与する機能を追加。

先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

アドバンスドセーフティ

インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)新機能追加。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

リヤクロストラフィックオートブレーキ 後退時の死角を検知し、注意を喚起。衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減をサポートします。

ブラインドスポットモニター(BSM)隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。

ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。

ドライバー異常時対応システム レーントレーシングアシスト作動中に、体調急変等でドライバーが無操作の際、徐々に車両を減速させ、安全な停車を支援。

パノラミックビューモニター (シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示。

Advanced Park Advanced Drive(装着車は2021年発売予定)駐車場での操作において、ドライバー監視のもと、カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などを常に表示し、安全/安心でスムーズな駐車を実現。

トヨタ コネクテッド T-Connect DCMパッケージ

T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され3年間無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能

マップオンデマンド(3年間無料) 新しい道路情報を自動更新してくれる。

エージェント(音声対話サービス) 話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。

エージェント(先読み情報案内サービス) 行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。

LINEマイカーアカウント LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。

オペレーターサービス 24時間365日、専用オペレーターがナビ操作を行う。マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認]車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。

ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。

リモートメンテナンスサービス [eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。[eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。

走れば走るほど空気をきれいにする新概念

発電のため、走行時に空気を取り入れ、排出するFCVならではの特徴を活かし、吸入した空気をきれいにして排出する空気清浄システムを導入しました。具体的には、エアクリーナーエレメント(ダストフィルター)でPM2.5レベルの細かい粒子まで捕捉、ケミカルフィルターで有害な化学物質を除去するとともにPM2.5の発生を抑制。また、走ることできれいにした空気量を、センターディスプレイ上で分かりやすく空気清浄メーターに表示。

給電機能

酸素と水素があれば、その化学反応で大きな電力を生み出すことができるFCVは、災害による停電などの非常時の電源として活用できます。新型MIRAIは2種類の給電機能を標準で備えている。

DC外部給電システム

災害等の緊急時、外部給電器(別売)の接続により大出力の電力を住宅や電気製品に供給できます。外部給電アウトレットはフード下のコンパートメント内に設置。最大9kWの給電に対応。

アクセサリーコンセント(非常時給電システム付)

2ヵ所のアクセサリーコンセント(AC100V 1500W)で、電気製品を利用することができます。この非常時給電システム、一般家庭では約4日間の給電に対応。

新型 MIRAI 価格 グレード

グレード エンジン 駆動
方式
本体価格
(10%)
優遇額
合計
G FC
スタック
2WD
(FR)
7,100,000円 約1,395,700円
G・A
Package
7,350,000円 約1,401,800円
G EXECUTIVE
Package
7,550,000円 約1,406,800円
Z 7,900,000円 約1,415,300円
Z EXECUTIVE
Package
8,050,000円 約1,419,000円

新型 MIRAI スペック

スペック 新型MIRAI
全長 4,975mm
全幅 1,885mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,920mm
FCスタック FCB130 固体高分子形  圧縮水素:3本
最高出力 128kW(174ps)
モーター最高出力 134kW(182ps)/
6,940rpm
モーター最大トルク 300Nm/(30.6kgm)/
0〜3,267rpm
駆動用バッテリー リチウムイオン4.0Ah
駆動方式 後輪駆動
乗客定員 5名
航続距離 約30%延長
約750km〜850km
(従来型比)

新型「MIRAI」 現行「MIRAI」スペック 比較

スペック MIRAI 新型 MIRAI
全長 4,890mm 4,975mm
全幅 1,815mm 1,885mm
全高 1,535mm 1,470mm
ホイールベース 2,780mm 2,920mm
駆動方式 FF 前輪駆動 FR 後輪駆動
乗車定員 4人 5人
JC08モード
航続距離
650km 約30%延長
(従来型比)
トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 2代目は「クラウン」ベースに進化
トヨタは2代目となる新型「MIRAI(ミライ)」のフルモデルチェンジを行い2020年12月9日に発売した。今回はFFからFRモデルに変更されていることや外観のスタイルも大きく変わっており初代は「プリウス」をベースにしたデザインから今回の2代...

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 2代目は「クラウン」ベースに進化

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジを「MIRAI Concept」から考える!
トヨタは新型MIRAIのフルモデルチェンジを2020年末に行う。 東京モーターショー2019にて2019年10月23日から11月4日まで「青海エリア(MEGA WEB内)」に新型「MIRAI」のコセプトモデル「MIRAI Concept」...

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジを「MIRAI Concept」から考える!

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 「MIRAI Concept」 東京モーターショー2019 世界初公開
トヨタは新型MIRAIのフルモデルチェンジを2020年末に行う。 「MIRAI Concept」は「東京モーターショー2019」 に出展すると2019年10月11日に発表した。第46回東京モーターショー2019を開催期間2019年10月2...

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 「MIRAI Concept」 東京モーターショー2019 世界初公開

新型「MIRAI」 新型「クラウン」サイズ 比較

スペック 新型クラウン 新型 MIRAI
全長 4,910mm 4,975mm
全幅 1,800mm 1,885mm
全高 1,455mm 1,470mm
ホイールベース 2,920mm 2,920mm
駆動方式 FR 後輪駆動 FR 後輪駆動
乗車定員 5人 5人
トヨタ 新型 クラウン フルモデルチェンジ 15代目 TNGAプラットフォーム採用 2018年6月26日発売
トヨタは15代目 新型クラウンシリーズ(アスリート/マジェスタ/ロイヤル)のフルモデルチェンジを行い2018年6月26日に発売した。今回は車種が1つに統合され、クラウンとして発売される。価格:460万6,200円〜718万7,400円。トヨ...
トヨタ 新型 クラウン マイナーチェンジ 2020年11月2日発売
トヨタは「クラウン」のマイナーチェンジを行い2020年11月2日に発売する。 新型 クラウン マイナーチェンジについて エクステリアのデザインはなし、リアコンビランプの加飾をメッキからスモークメッキに変更。ボディカラーに新色(プレシャス...

MIRAI Concept

「MIRAI Concept」は「東京モーターショー2019」 に出展すると2019年10月11日に発表した。第46回東京モーターショー2019を開催期間2019年10月24日~11月4日まで開催する。プレスデー2019年10月23日〜24日。「MIRAI Concept」は次期「MIRAI」の開発最終段階のモデル。FCシステムを全て一新、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させ、水素搭載量拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長することを目標に開発した。

MIRAI Concept

MIRAI Concept

MIRAI Concept

MIRAI Concept

エクステリアはTNGAプラットフォームの採用、低重心で伸びやかなプロポーションを実現。さらに、20インチの大径タイヤを採用している。ボディカラーには複層工程により鮮やかさと深み感を強調した「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」を新規開発。

MIRAI Concept

インテリアは、ドライバーを包み込むような「インストルメントパネルと12.3インチのワイドモニター」を取り込んだセンタークラスター採用。現行4人乗りから5人乗りを実現させた。

MIRAI Concept

MIRAI Concept

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ
トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Archit...

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ

MIRAI Concept スペック

スペック MIRAI Concept
全長 4,975mm
全幅 1,885mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,920mm
駆動方式 後輪駆動
乗車定員 5人
航続距離 約30%延長
(従来型比)

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/tms/2019/

https://newsroom.toyota.eu/toyota-advances-towards-a-hydrogen-mobility-future-with-second-generation-mirai/

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33558116.html

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/35063079.html

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33558116.html

MIRAI

https://toyota.jp/mirai/