トヨタ 新型 RAV4 残念だと思ってしまう点をまとめ

トヨタは、新型「RAV4」のフルモデルチェンジを行い2019年4月10日発売した。そして一部改良を行い2020年8月7日に発売、更に2021年12月1日に一部改良を行う。今回は残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

トヨタ 新型 RAV4 残念だと思ってしまう点

実際に購入を検討し色々調べて不満に思っているところをまとめてみました。

2.0L直噴ガソリンエンジン + Direct Shift-CVTモデルに走りは期待できない

「RAV4」は2.5L ハイブリッドモデルと2.0L  直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」モデルがあるが、2.0L直噴ガソリンエンジンモデルはどうしても走り出しがモッサリしていて遅いと感じる。ストレスなく走りたいのであれば絶対に 2.5L ハイブリッドモデル を購入するべきである!しかし、3代目ハリアーの2.0Lエンジンよりは新型「RAV4」は新型エンジンと新型CVT(Direct Shift-CVT)により走り出しではやはり差が出ておりRAV4の方がスムーズな加速が可能である。更に個人的にはブレーキを踏んだときの制動距離も 2.0L直噴ガソリンエンジンモデル は長めで効きが少し甘いと感じる、ハイブリッドモデルは回生ブレーキの効果もありブレーキの効きもいい。

RAV4 2.0L直噴ガソリンエンジン

ちなみに・・・

新型「RAV4」と新型「ハリアー」は共通のTNGAプラットフォームに同様のエンジンを搭載しており中身が同じと言っていいが、当然、新型「ハリアー」も上記と同じだと感じたため、筆者は新型「ハリアー」のハイブリッドモデルを購入した。結果走りと燃費で大満足している。

2.0L直噴ガソリンエンジン にはアイドリングストップがない

新型「RAV4」にはアイドリングストップが採用されていません。街乗りが多い場合など燃費に影響するとは思います。嫌いな人もいるのでそもそもいらない人もいるかもしれませんが付いていてもいいですよね。

Adventure グレードがガソリンエンジンにしかない

「Adventure(アドベンチャー)」グレードはガソリンエンジンモデルしかラインナップがありません。オフロード志向のモデルとして 「Adventure」 を選択するひとはガソリン車一択。(2021年12月1日にハイブリッドモデルも追加される予定。)

あわせて読みたい
トヨタ 新型 RAV4 一部改良 ハイブリッドに「アドベンチャー」グレード追加 2021年12月1日発売 トヨタは新型「RAV4」の一部改良を行い2021年12月1日発売する。 【新型 RAV4 一部改良 2021年モデルについて】 今回はガソリン車のみに設定されているグレード「Adventu...

日本モデルにはブラックルーフのツートンカラーのラインナップがない

海外モデルでは ツートンカラーにブラックルーフを採用されているが、日本モデルは現時点では不採用(RAV4 PHEVに採用)である。ブラックルーフは印象が変わって高級感がでる。日本モデルで採用してもいいのでは?

ウィンカー/ルームランプ 豆電球タイプ

新型「RAV4」 はウィンカー前後とルームランプ・バニティランプ類がすべて豆電球タイプを使用、そんなにコストアップではないはずのLED化がされていないのは残念。車両本体価格も300万以上なのでLED化が標準でもいいですよね。

アダプティブハイビームシステムの設定がない

アダプティブハイビームシステム(AHS)」はカメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。最近多くの車種でついており、上位グレードでは採用してほしい。

助手席にはパワーシートが付かない

助手席にパワーシートは上位グレードでも装備なし。せめて上位グレードには装備してもいいのでは?

ベンチレーションシートの設定がAdventureグレードのみ

ベンチレーションシート が Adventureのみ。上位グレード「GZ package」に不採用なのは疑問が残ります。

レーントレーシングアシスト クルーズコントロールの精度が微妙

クルーズコントロールでレーントレーシングアシスト(高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。)をONにして走行するとあまり精度がよくないので車線維持をしてくれません。更に線の認識が甘いせいでむしろ少し怖いなと感じる場合もあります。車線維持してくれるのでお任せするには危険すぎます。なんならOFFにしたいぐらい微妙。

ちなみに・・・

新型「RAV4」と新型「ハリアー」は共通のTNGAプラットフォームに同様のエンジンを搭載しており中身が同じと言っていいが、当然、新型「ハリアー」も上記と同じだと感じたため、筆者は新型「ハリアー」では レーントレーシングアシスト 機能はOFFにして使用しています。残念です。300万以上する車なのでもう少し精度上げてほしいです。

トノカバーは別売り

トノカバーは別売りです。最近のトヨタ車は基本このスタンスです。購入してオプション付ける機会はないのですがあったらあったでいいなと思うのでオプションではなく標準で付けてほしいなと感じます。

JBLプレミアムサウンドシステムが付けられない

海外モデルでは「 JBLプレミアムサウンドシステム 」を採用されているのに何故か日本モデルには現時点まで不採用。新型「ハリアー」には採用されているので次期に「RAV4」にも採用していいのでは?

まとめ

新型「RAV4」基本的には素晴らしい車でかつ車格に対しての本体価格は非常に安いと思います。しかしRAV4はドアを閉めた時や色々なパーツで高級感とはほど遠いむしろコストカットされているポイントをいくつか見受けられる。その辺りも考えた上で購入を検討すべきではある。年次改良により一部改良が定期的に入っており上記内容が改善される見込みはありそうだ。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる