フォルクスワーゲン 新型 T-Cross 仕様変更 日本 2021年9月2日発売

フォルクスワーゲンは、コンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」の仕様変更して日本にて2021年9月2日発売した。

目次

新型 T-Cross 仕様変更について

今回の仕様変更は、人気オプションのテクノロジーパッケージに新たに同一車線内全車速運転支援システム “Travel Assist”を追加、さらなる安全性の強化を図るものです。この運転支援システムは0~210km/hの範囲でドライバーが予め設定した車速において、前走車との車間及び走行レーンの維持をサポート。ステアリングホイールには静電容量式センサーを採用することで、軽く手を添えるだけで同システムの継続的な作動が可能となり、大幅に快適性が向上。

新たにスモーキーグレーメタリック、アスコットグレーの 2 色のボディカラーを追加設定、全8色のカラーラインアップ。

新たに 9.2 インチ9.2インチ大型全面タッチスクリーンを採用、Discover Pro パッケージへとアップグレードさらに通信モジュールを標準搭載。手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけで画面操作を行えるジェスチャーコントロールも搭載。コネクティビティ機能「App-Connect」は、「Apple CarPlay™「Android Auto™」「MirrorLink™」対応。タッチコントロール式エアコンディショナーパネルを新たに「T-Cross」に採用。

新型 T-Crossについて

フォルクスワーゲンの SUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUV「T-Cross」を日本に導入します。キャッチコピーは「Tさい SUV」。サイズは小さくても全てに余裕がある「T-Cross」の特徴を表した。

フォルクスワーゲン生産モジュールMQBプラットフォーム(モジュラー・トランスバース・マトリックス)を採用、堅牢かつ設計自由度の高いシャシを使用し、ボディサイズは全長4,115mm、全幅1,760mm、全高1,580mmとコンパクトなボディサイズとした。また、コンパクトなサイズでありながら広々とした居住性に加えて、クラストップレベルの455Lの荷室、さらに後席のシートバックを倒すと最大1,281Lという広大な空間を得る。また、2,550mm のホイールベースにより、最大5人の乗員がリラックスできる広々とした室内を実現。

新型 T-Cross スペックについて

サイズT-Cross
全長4,115mm
全幅1,760mm
全高1,580mm
ホイールベース2,550mm
エンジン1.0L 3気筒ターボエンジン 
1.0 TSI
最高出力85kW(116PS)/
5,000rpm-5,500rpm
最大トルク200Nm(20.4kgm)/
2,000rpm-3,500rpm
トランスミッション7速DSG
JC08モード燃費19.3km/L
WLTCモード燃費16.9m/L
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 T-Cross 導入記念特別仕様「T-Cross TSI 1st」2020年1月27日発売 フォルクスワーゲン 新型「T-Cross」の日本導入を記念して、導入記念特別仕様の「T-Cross TSI 1st」、装備の充実を図った「T-Cross TSI 1st Plus」の受注を2019年11月27...
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 T-Cross クロスオーバーSUV 日本2020年1月27日発売 フォルクスワーゲンは新型「T-Cross」 Bクラス クロスオーバーSUVを2018年10月25日に発表した。英国では既に販売をスタート。日本では導入記念特別仕様の「T-Cross TSI ...

フォルクスワーゲンニュースリリース

あわせて読みたい
403 Forbidden

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる