ホンダ 新型「シビック」月販目標台数の約3倍の約3,000台を受注 20代が購入層トップ?! 色々な現象がおきている

ホンダは2021年9月3日に発売した新型「CIVIC(シビック)」の発売から約1ヵ月後となる2021年10月7日時点で、約3,000台と、月間販売計画台数1,000台の3倍以上となる好調な立ち上がりであると 2021年10月8日に発表した 。

目次

購入層は20代がトップ

先代シビックからの買い替えのお客様を中心に、年代としては20代(23.9%)、50代(22.2%)と20代が購入層トップというセダン人気がないと言われている中、若い世代からも支持を集めている。

グレード別構成比

新型シビックは2グレード構成で「LX」または「EX」の二種類から選択する。グレード構成では上位グレードの「EX」が圧倒的な支持を集めている。

LXEX
21.6%78.4%

トランスミッション別構成比

トランスミッションは2グレードで「CVT」または「6MT」を選べるが35%もの人がマニュアル車を選択しており現代車としては珍しいかもしれない。確かに最近ではMTを採用する車種は非常に少なくなっておりそういった意味でも新型「シビック」を購入したい人がいるのだろう。

CVT6MT
64.9%35.1%

人気カラー(トップ3)

ボディカラーは全5色あるが、その内の半分が「 プラチナホワイト・パール 」「 クリスタルブラック・パール 」が占めていることになる。

プラチナホワイト・パール33.5%
クリスタルブラック・パール23.7%
プレミアムクリスタルレッド・メタリック15.6%
あわせて読みたい
ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 日本モデル 2021年9月3日発売 ホンダは新型「シビック」のフルモデルチェンジを行い11代目として日本モデルは2021年6月24日公開。2021年8月5日に2021年9月3日発売すると発表した。日本ではもうフルモ...

新型シビックについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる