トヨタ 新型 カローラツーリング 残念だと思ってしまう点をまとめ

トヨタは日本の道路環境などに合わせて最適化した日本専用仕様の新型「カローラツーリング」2019年9月17日発売。初の改良を2020年10月1日に、最近では一部改良を行い2021年7月2日発売。毎年改良を行い販売している。今回は筆者が「カローラツーリング」を購入し、色々と調べた中で残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型カローラツーリング 残念だと思ってしまう点

トヨタ ディスプレイオーディオ

「7.0インチまたは9.0インチ ディスプレイオーディオ」を標準装備。「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

時代の流れですね・・・一言で言えば。携帯電話が「ガラケー」から「スマホ」になる様にナビゲーション市場にも変化の時を迎えたと言うことです。「ナビレス」の選択がないどころか形状が違うため社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。つまり現在のところ社外ナビの取り付けは不可となります。社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人(自分も)残念です。

CD /DVDデッキ オプション

上記で説明しているディスプレイオーディオのみの採用なので標準では「CD/DVD」の再生は不可。オプションのCD/DVDデッキとフロントコンソールトレイをセットで付けないと再生ができない。

トヨタ ディスプレイオーディオ 7インチディスプレイは小さすぎる (9インチオプション)

7インチディスプレイオーディオが標準装備であるが、実物は本当に小さく感じる。周りの枠があまりにも幅があるため余計にそう感じてしまう。9インチディスプレイオーディオはオプション(ベースグレード G-X以外)(28,600円税込み)で付けましょう!損しないので!

シートヒーター

運転席と助手席にシートヒーターを採用(オプション 27,500円 税込み)されているが残念ながらベースグレード「 G-X 」不採用。つまりシートヒーターが必須な人はグレードは必ず「 S」グレードを選択しなければならないので注意が必要です。

ガソリン車は2WDのみ

「カローラツーリング」のガソリン車「1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン」モデルには2WDのみのラインナップとなる。これは確かにガソリン車は安くエントリーモデルという位置図ではあるが4WDモデルがないと購入地域によっては必ずハイブリッド車を選択しなければならいないのが非常に残念。

ガソリン車の 1.8L 直列4気筒 DOHCエンジンとSuper CVT-iは古い

1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン と Super CVT- は古くから採用されているエンジンとトランスミッションで2021年モデルの最新型のモデルに搭載されているのは少し残念。直列4気筒 2.0L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と「Direct Shift-CVT」を是非採用してもらいたかったです。

1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン 「G-X」の最大の落とし穴 「電動パーキングブレーキ」&「ブレーキホールド」がオプション

ベースグレード G-X のガソリン仕様を選択した場合はなんと 「電動パーキングブレーキ」&「ブレーキホールド」がオプション (26,400円)です。これには驚きました。標準化されているかと思いきやこのグレードはサイドブレーキが標準仕様です。 「電動パーキングブレーキ」&「ブレーキホールド」 は今や新車では付けたい装備No.1と言ってもいい。更にオプション装着していない場合には「レーダークルーズコントロール」時に全車速ではなくなり、「レーントレーシングアシスト」も付かない更なるデメリットが発生。これ機能ダウンし過ぎてるのでオプションじゃなくて標準化しないと知らないで買った人はビックリしますよ。 後から付けられないので新車購入時に付けておかないと悔しい思いをする可能性があるので購入時は注意してください。

ブラインドスポットモニターが全グレードオプション

カローラシリーズは同様ではあるがブラインドスポットモニターが全グレードオプション扱い。後から付けられないので新車購入時に付けておかないと悔しい思いをする可能性があるので購入時は注意してください。

リアクロストラフィックオートブレーキが全グレードオプション

カローラシリーズは同様ではあるが 「リアクロストラフィックオートブレーキ」がオプション選択が可能。 後から付けられないので新車購入時に付けておかないと悔しい思いをする可能性があるので購入時は注意してください。

パノラミックビューモニターが選択できない

パノラミックビューモニターの選択がありません。

トノカバーが標準ではない

トノカバーとは、クルマの荷室の上部に固定されて「目隠し」の役割を果たす装備ですが先代もありませんでしたが今回の新型もオプション装備としての扱いです。

納期が長い

東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により工場が9日間生産停止となることも影響し納期が長期化する。車業界の話になるが注文したが納車が遅いとどうしても車検が切れるタイミングや売却で手放すタイミングがわからなくなるのでデメリットとなるはずだ。2021年7月上旬に注文で、2021年10月上旬納品でした。更に納品時にはナビキットは間に合わず。

まとめ

「カローラツーリング」の残念な部分を今回まとめてみました。個人的にはエクステリアはカッコよく、インテリアも使い勝手がいいモデルであり第2世代の「次世代 Toyota Safety Sense」を搭載など機能も充実していて価格も手ごろなモデルだと思います。全幅が1,745mmとなったため5ナンバーサイズではないが気になるレベルではない。それでいて「カローラフィルター」よりも車格が大きく見えかっこいい!今後も一部改良を行い欠点が改善されていくことだろう。今購入を検討するならおすすめな1台である。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラツーリング 魅力的な点 おすすめポイント まとめ トヨタは新型「カローラツーリング」を新たにラインナップし日本にて2019年9月17日発売開始。初の改良を2020年10月1日に、最近では一部改良を行い2021年7月2日発売。毎...
あわせて読みたい
トヨタ 新型カローラクロス 12の残念だと思ってしまう点をまとめ トヨタは新型「カローラクロス」を新たにラインナップし日本にて2021年9月14日発売開始する。「カローラ」をベースにした新たなSUVをラインナップするが今回は残念だな...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラクロス か 新型 RAV4 どちらがお得でおすすめか? 徹底比較 トヨタは新型「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売。購入を検討した場合に他社SUVだけでなくワンランク上の「RAV4」も検討することにな...
あわせて読みたい
トヨタ カローラシリーズ 日本自動車販売台数で1位は見えた?なぜ売れるのか考える トヨタは現在、4車種となるセダンモデル「カローラ」ステーションワゴン「カローラツーリング」ハッチバック「カローラスポーツ」そして2021年9月14日にSUV「カローラク...

カローラツーリングについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる