レクサス

レクサス 新型 NX フルモデルチェンジ 2代目 2021年6月12日世界初公開

2021年6月12日

LEXUS NX

レクサスはフルモデルチェンジした新型「NX」を日本時間2021年6月12日(土)午後12時にオンラインで発表、世界初公開した。

 2代目 新型 NX フルモデルチェンジについて

TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Kプラットフォーム」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。次世代「Lexus Safety System +」を全車標準搭載する。6種類のパワートレーンを採用。「NX350」新開発2.4L直噴ターボエンジン(T24A-FTS)Direct Shift-8ATを組み合わせ。「NX350h」ハイブリッドモデルには最大熱効率40%以上を実現したエンジン直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。WLTCモード燃費:20.0km/Lから22km/Lとなる。更に「NX450h+」のプラグインハイブリッドモデルには新型「RAV4 PHV」同様の新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 18.1kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。システム出力は302 HP(225 kW / 306 PS)となる。

エクステリア

新開発の小型軽量ランプユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用、DRL(デイタイムランニングライト)。初代モデルは独立していたのに対して今回はフロントライト内に組み込まれた。リヤコンビネーションランプは左右のL字型ランプをそれぞれ独立一文字シグネチャーランプ、縦型のメッシュをもったスピンドルグリル、立体的なバンパーガーニッシュを採用。次世代LEXUSのデザインランゲージ確立に向けた挑戦として、運動性能や機能に寄与するプロポーションに根差した“独自性”と、テクノロジーに根差した“シンプリシティ”の追求を目指した。

サイズ 新型
RAV4
新型
ハリアー
2代目
新型NX
初代
NX
全長 4,600mm 4,740mm 4,660mm 4,640mm
全幅 1,855mm 1,855mm 1,865mm 1,845mm
全高 1,690mm 1,660mm 1,640mm 1,635mm
ホイール
ベース
2,690mm 2,660mm

先代モデルと比較して全長は4,660mm(+20mm)、ホイールベースは2,690mm (+30mm)となる、全高は1,640mm(+5mm)現状をキープし車幅は1,865mm(+20mm)となる。

新型 NX350h エクステリア

新型NX450h+“F SPORT” エクステリア

インテリア

インテリアは、専用通信機DCMを全車に標準搭載。フルデジタルメーター「14インチ大型ワイドタッチスクリーンナビゲーションシステム」を搭載。「SmartDeviceLink™」「Apple CarPlay」と「Android Auto™」を採用。「デジタルインナーミラー」やセンターコンソールに使い勝手のいいデザインを採用。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。「“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム」を採用。スイッチ操作でアレンジできるセカンドパワーシート(電動リクライニング&電動格納機能付)。より運転操作に集中できる新たなコックピット思想「Tazuna Concept」を初めて取り入れた。

新型 NX350h インテリア

新型NX450h+“F SPORT” インテリア

レクサス 2代目 新型 NX エンジンについて

新型「RAV4」や新型「ハリアー 」と同じく最大熱効率40%以上を実現したエンジンとハイブリッドモデルを組み合わせ小型・軽量化されたハイブリッドシステムを採用し燃費向上を果たす。世界トップレベル最大熱効率41%を実現する直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と呼ぶ。同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、 多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。

2代目 新型NX ガソリン車

スペック NX250
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジン
「DynamicForce Engine」
最高出力 200ps
最大トルク 24.5kgm
トランスミッション Direct Shift-8AT
駆動方式 2WD (FF) /4WD
燃料種類 ガソリン
WLTCモード燃費 -km/L

スペック NX350
エンジン 2.4L直噴ターボエンジン
最高出力 275hp(279ps)
最大トルク 43.8kgm(317lb-ft)
トランスミッション Direct Shift-8AT
駆動方式 4WD
燃料種類 プレミアムガソリン
WLTCモード燃費 -km/L

2代目 新型NX ハイブリッド車

スペック NX350h
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジン+モーター
D-4S +モーター(THSⅡ)
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
フロントモーター
最高出力
88kw(120ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リアモーター
最高出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム最大出力 E-Four:163kW(222ps)
2WD:160kW(218ps)
トランスミッション 電気式無段変速機
駆動方式 2WD/4WD(E-Four)

2代目 新型NX プラグインハイブリッド車

スペック NX450h+
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力 130kW(177ps)/
6,000rpm
最大トルク 219Nm/3,600rpm
フロントモーター
最高出力
134kW(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm
リアモーター
最高出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム出力 225kW(306ps)
トランスミッション 電気式無段変速機
駆動方式 4WD(E-Four)

レクサス 2代目 新型 NX 主要装備一覧

システム装備 新型
NX
次世代
Lexus Safety 
System+
衝突回避支援型
プリクラッシュセーフティ
レーンディパーチャーアラート
(ステアリング制御機能付)
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)
レーントレーシングアシスト
ロードサインアシスト
先行車発進告知
予防安全
装備
ブラインドスポットモニター
インテリジェントクリアランスソナー
リヤクロストラフィックアラート
シンプルインテリジェントパーキングアシスト
ドライブスタートコントロール
ヒルスタートアシストコントロール
パノラミックビューモニター
快適
装備
快適温熱シート+シートベンチレーション
デジタルインナーミラー
ITS Connect
電動パーキングブレーキ&ホールド
パワーシート
キック式パワーバックドア
電動チルト&テレスコピックステアリング
車載通信機(DCM)
デジタルキー

レクサス 2代目 新型 NX スペックについて

スペック 新型NX
全長 4,660mm
全幅 1,865mm
全高 1,640mm
ホイールベース 2,690mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジン+モーター
2.4L直列4気筒
ターボエンジン
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
275hp(279ps)
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
43.8kgm
フロントモーター最高出力 88kw(120ps) -
フロントモーター最大トルク 202Nm(20.6kgm) -
リアモーター最高出力 40kW(54ps) -
リアモーター最大トルク 121Nm(12.3kgfm)  
トランスミッション 電気式無段階変速機 Direct Shift-8AT
駆動方式 2WD/E-Four(4輪駆動方式) 4WD
WLTCモード燃費 24.0km/L -km/L
乗車定員 5名
予想価格 450〜600万円

レクサス 新型 NX フルモデルチェンジ 2代目 2021年10月7日発売

レクサス 新型 NX 2代目 初プラグインハイブリッド PHVモデル「NX450h+」2022年発売

レクサスニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/35290897.html

レクサス NX

https://lexus.jp/models/nx/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-レクサス
-, , , ,