MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マツダ 新型「CX-60」e-SKYACTIV D搭載モデル 2022年9月15日発売 計画の4倍を超える8726台を受注

マツダは新世代ラージ商品群第一弾、新型クロスオーバーSUV「CX-60」のe-SKYACTIV D搭載モデルの販売を2022年9月15日開始。2022年12月以降の販売開始予定。CX-60」の国内での販売台数は2,000台/月を計画。2022年6月24日の予約受注開始から約2か月半で月販計画台数の4倍を超える8,726台の受注していると発表。

目次

マツダ 新型「CX-60」受注内容について

予約受注期間にご注文いただいたうち8割のお客さまが、直列6気筒ディーゼルエンジンを選択。上質なスポーティさを表現したタンカラーの内装を特徴とする「XD-HYBRID Premium Sports」で、特にインテリアの質感や、電動化された6気筒ディーゼルエンジンと後輪駆動ベースAWDを組み合わせた走りへの高い期待。

機種搭載エンジン比率
PHEVe-SKYACTIV PHEV5%
XD-HYBRIDe-SKYACTIV D43%
XDSKYACTIV-D 3.337%
25SSKYACTIV-G 2.515%
駆動方式比率
4WD69%
2WD(FR)31%

ボディカラーは雑味のないピュアな白さと、粒子のきめが細かく、面による陰影表現を際立たせる金属質感を両立した新色の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」が一番の人気カラーで、次いで「マシーングレープレミアムメタリック」、「ジェットブラックマイカ」。

カラー比率
ロジウムホワイトプレミアムメタリック45%
マシーングレープレミアムメタリック15%
ジェットブラックマイカ14%
年代比率
20代以下14%
30代20%
40代26%
50代25%
60代以上14%
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-60 新世代ラージ商品群の第1弾 日本モデル 2022年9月15日発売 マツダは新世代ラージ商品群の第1弾の新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本モデルを2022年4月7日発表した。「e-SKYACTIV D」搭載モデルを2022年9月15日発売。そのほか...
あわせて読みたい
マツダ 新型「CX-60 PHEV」VS トヨタ 新型「ハリアー PHEV」徹底比較 マツダは新世代ラージ商品群の第1弾の新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本モデルを2022年4月7日発表、2022年9月15日に発売する。今回はプラグインハイブリッドSUVで競...

マツダニュースリリース

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2022/202209/220915a.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次