MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 ZR-V e:HEVの実車を見てきた 日本で売れるのか?気になる仕様と考察をまとめてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV新型「ZR-V」を2022年9月8日に先行予約受付を開始、同時にZR-Vに関する新情報を特設サイトで公開。日本にて2023年4月発売する。2022年8月21日~22日までの間「東京駅 イベントスペース(八重洲中央口付近)」2022年8月27日~28日「名古屋 JR ゲートタワー」にて発表したばかりの新型「ZR-V」が展示されており、実車を実際に見てきた。感想について色々と語ります。

目次

新型 ZR-V e:HEV 実車を見た感想

実車をみて実際に購入を検討し、色々調べて「素晴らしい!」「いいね!」「おすすめ!」と思っているところをまとめてみました。

ホンダとしてエクステリアデザインは新鮮さがある

日本の「ヴェゼル」と「CR-V」との丁度間となるモデルで、存在感のあるグリルとシャープなヘッドライトが特徴的なフロントビューが、伸びやかにリアに繋がるプロポーションを持ち、上質かつ洗練されたデザインを表している。ホンダとしては今までにないスポーティと言うよりかは高級感を意識したデザインを採用している印象を受けた。特に、フロント周りは特に意識を感じた。

1眼LEDヘッドライトにはデイライト付きヘッドライトを採用し、特徴的な縦ラインのフロントグリルは印象的だ。リアはスッキリした印象と万人受けするリアテールランプを採用している。

ただ、どうしてもデザインが他社を連想してしまい、フロントグリルはマセラティの「グレカーレ」「レヴァンテ」などリアデザインは「カローラツーリング」を連想してしまった(個人的な感想です)。しかし、個人的にはどちらのデザインも好きなので好印象でした。

ホンダとしてインテリアデザインは他のモデルと統一

e:HEV専用10.2インチ デジタルグラフィックメーターやHonda CONNECTに最適化されたナビゲーションシステムを標準装備。「パンチングメタルのエアコンアウトレット」「左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー」「センターコンソールガーニッシュ」「ワイヤレスで置くだけ充電」「ステアリングインヒーターを」採用。

BOSEプレミアムサウンドシステムを採用。BOSE独自のサラウンドテクノロジー「Centerpoint」を採用したサウンドシステム。

新型ヴェゼル と 新型ZR-V ボディサイズ比較

新型「ヴェゼル」と新型「ZR-V」のボディサイズを比較すると全長とホイールベースが「ZR-V」の方が長い。

スペックヴェゼルZR-V
全長4,340mm4,580mm+240mm
全幅1,790mm1,800mm+10mm
全高1,590mm1,630mm+40mm
ホイールベース2,610mm2,735mm+125mm

「ZR-V」は「ヴェゼル」と「CR-V」の中間となるボディサイズにより日本においは使い勝手がよさそうだ。更に中間サイズがラインナップされることで選択しが増えることは他社にする理由がなくなる。

新型 SUV「ZR-V」の特徴について

ホンダ最新の「デジタルメーター」を採用。

エクステリアは新世代ブランドデザインを採用

ハイブリッド(e:HEV)を搭載

スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」採用。

9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム」をご利用可能。

北米向け新型「HR-V」が日本モデルでは「ZR-V」として発売されると言われており、もともとは「HR-V」は日本名が「ヴェゼル」であったが既に日本や欧州では「HR-V・ヴェゼル」が発売されており別の車名として「ZR-V」という名前が用意されている。日本の「ヴェゼル」と「CR-V」との丁度間となるモデルで、存在感のあるグリルとシャープなヘッドライトが特徴的なフロントビューが、伸びやかにリアに繋がるプロポーションを持ち、上質かつ洗練されたデザインを表している。ZR-Vは、「異彩解放」というグランドコンセプトのもと、お客様の個性を解き放ち、お気に入りの一張羅のように気分を高めるクルマを目指して開発。「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインや、意のままに操ることを目指したダイナミクス性能など、ドライバーに自信と余裕をもたらすクルマとして、SUVに新たな価値を提供。走行性能においては、より俊敏なレスポンスのエンジンや、新採用の独立式リアサスペンションの採用、扱いやすさと洗練された走り、そして操る喜びの両立を目指した。

新型「ZR-V」について思うこと

ホンダにとって「ZR-V」は日本市場においてクロスオーバーSUVという存在であり販売力の高い車種である。今回はホンダとして正常進化を果たし、エクステリア、インテリア、更にエンジンまで全て進化を感じるモデルとなる。安全装備の充実やインテリアの最新装備により頼れる一台となる。色々話してきたが、今回の新型「ZR-V」は10月に発売した瞬間に話題となることは間違なく、見慣れないデザインに驚く人も多いのは間違ないだろう。あと2ヶ月余りの発売が楽しみである。

最新自動車情報
ホンダ 新型 ZR-V ミドルサイズSUV 日本 2023年4月21日発売| 最新自動車情報 ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV新型「ZR-V」 を日本にて2023年4月21日発売する。2022年9月8日に先行予約受付を開始。。 新型SUV「ZR-V」の特徴について ホンダ最...

ホンダ ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2022/4220714.html

ZR-V

https://www.honda.co.jp/ZR-V/new/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次