日産 新型 フロンティア 2021年2月5日発表 北米 2021年夏発売

日産

日産はピックアップトラックの新型「フロンティア」を2021年2月5日に発表、2021年夏より北米市場で発売する。

新型 フロンティア

新しいフロンティアデザインは、アグレッシブでモダンなスタイルと、1980年代と1990年代にオフロードレースで優勝したラフで頑丈な評判を磨いた象徴的な日産ハードボディに触発された要素を組み合わせ。

精密連動ヘッドライトで囲まれた、巨大なグリルと彫りの深いフードを備えた強力なフロントエンドを備えている。幅広で高いスタンスと巨大な垂直フェンダーは、自然光と影が出会う高いアイポイントと高い肩のボディサイドによって強調され、耐久性と強度を呼び起こします。

後部の精密照明は、機械加工された構造的な外観を特徴としており、ランプがボディの側面に固定されているように見えます。筋肉質のリアフェンダーとリアバンパーを組み合わせることで、アスリートで妥協のないスタンスを実現。アグレッシブな外観を実現するために、特別装備の4WD専用フロンティアPRO-4Xと2022用の新しい2WD専用フロンティアPRO-Xは、LEDヘッドランプ、LEDデイタイムランニングライト、LEDフォグランプ、ラバレッドグリルアクセントを備えている。

2022年に向けて実績のあるシャーシとフレームを徹底的にリニューアルし全長を伸ばしたものの、ホイールベースは現行モデルと同じ。パワーもおなじみのエンジンから供給されますが、日産は3.8L V6を導入、最大出力310PSと最大トルク281lb-ft。牽引能力は最大6,720ポンド。

4WDモデルは、電子制御のパートタイムトランスファーケースによって操作される2WD / 4HI / 4LOモードを備えたシフトオンザフライ4輪駆動システムを備えています。フロンティア4WDモデルには、4輪リミテッドスリップシステムが搭載されており、トラクションの低い路面でのグリップ力を高めて、駆動輪に動力を伝達するのに役立ちます。ヒルスタートアシストはすべてのモデルに標準装備されており、ヒルディセントコントロールはすべての4WDモデルに標準装備されており、冒険者が急勾配を安全に上り下りするのに役立ちます。

PRO-4Xモデルは、最も激しいオフロードの冒険家のために、電子ロックディファレンシャル、ビルシュタインオフロードショックアブソーバー、アンダーボディスキッドプレートを追加。

すべてのモデルに標準装備されているAppleCarPlay®およびAndroidAuto™ を搭載した。クラス最大の9インチカラータッチスクリーン2。標準のクラス最大の7.0インチ先進運転支援ディスプレイは、ドライバーの正面に構成可能な情報を提供。

AppleCarPlayとAndroidAuto、およびワイヤレススマートフォン充電とWiFiホットスポット備えたNissanConnectも装備。

歩行者検知機能付き自動緊急ブレーキ、死角警告、後方交差交通警報、車線逸脱警報、ハイビームアシスト、クラス専用の後方自動ブレーキを備えた「日産セーフティシールド360(NissanSafetyShield®360)」を装備。

移動物体検出とオフロードモード備えた「NissanIntelligentAroundView®モニター」を採用。

日産ニュースリリース

https://usa.nissannews.com/en-US/releases/2022-frontier-press-kit

フロンティア

https://www.nissanusa.com/vehicles/future-concept/2022-frontier.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。

最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報