MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ルノー 新型「キャプチャー E-TECH HYBRID」 WLTCモード燃費22.8km/Lの燃費性能を実現

ルノーは、独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を搭載した「キャプチャー E-TECH HYBRID」を日本にて2022年9月1日発売する。

目次

ルノー「キャプチャー E-TECH HYBRID」

ルノー キャプチャーのラインアップに、ルノーが独自に開発した軽量・コンパクト、ダイレクトかつ スムーズなドライブフィールが特長のハイブリッドシステムE-TECH HYBRIDを搭載したルノー キャプチャー E-TECH HYBRID追加した。F1で培ったノウハウを活用し100%モーター駆動によるEVモードで発進し、スムーズかつダイレクトな変速で加速していくE-TECH HYBRIDは、市街地では静かでスムーズな走りを、郊外ではレスポンスの良い爽快な走りをもたらします。E-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、1.6L 4気筒自然吸気エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションの電子制御ドッグクラッチマルチモードATで構成され、ハイブリッド車のイメージを覆す走りの良さだけでなく、WLTCモード燃費22.8㎞/Lの輸入車SUV No.1の燃費性能も実現。ルノー キャプチャー E-TECH HYBRIDは、バックする際の安全性を高めるリアクロストラフィックアラート、10.2インチフルデジタルインストゥルメントパネルを装備するほか、メーカーオプションとして「レザーパック」(運転席電動調整機能付レザーシート)を選ぶこともできる。

1.6Lエンジンには、アライアンスエンジンのHR16が採用、E-TECH HYBRIDに合わせてエンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなど、いくつかのパーツが新たに開発。このE-TECH HYBRIDで、ルノーは150以上の特許を取得。

ルノー キャプチャー E-TECH HYBRIDには「10.2インチフルデジタルインストゥルメントパネル」が採用され、豊富な情報をシンプルで分かりやすく表示。

レザーステアリングは、小さなエアバッグシステムを採用したことでセンターパッド部を小型化し、メーター類の視認性を高めました。ステアリングのスポーク上には、運転支援システムやインフォテインメント機能の音声入力が操作できるスイッチが分かりやすく配置され、ドライバーは前方から目を離すことなく、運転支援システムの切り替えや、デジタルインストゥルメントパネルの画面切り替え、ハンズフリー通話へのアクセスが可能。ステアリングホイールは、ステアリングヒーターを内蔵。

ルノー「キャプチャー E-TECH HYBRID」 スペックについて

スペックキャプチャー
E-TECH HYBRID
全長4,230mm
全幅1,795mm
全高1,5790mm
ホイールベース2,640mm
エンジン1.6L自然吸気エンジン
最高出力69kW(94ps)/5,600rpm
最大トルク148Nm(15.1kgm)/3,600rpm
メインモーター最高出力36kW(49ps)/1,677-6,000rpm
メインモーター最大トルク205Nm(20.9kgm)/200-1,677rpm
サブモーター最高出力15kW(20ps)/2,865-10,000rpm
サブモーター最大トルク50Nm(5.1kgm)/200-2,865rpm
駆動方式2WD(FF)
トランス
ミッション
電子制御ドッグクラッチ
マルチモードAT
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
WLTCモード燃費22.8km/L

ルノーニュースリリース

https://www.renault.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次