トヨタ 新型 ハイエース 一部改良 2022年3月30日発売

URLをコピーする
URLをコピーしました!

トヨタは「ハイエース」の一部改良を行い2022年3月30日発売する。ディーラーでは1ヶ月ほど前となる2月から受注が開始される予定である。

目次

新型 ハイエース 一部改良について

安全装備である「インテリジェントクリアランスソナー」全車標準装備。ディーゼル車の尿素「アドブルー(AdBlue®)」タンク容量アップし、マルチインフォメーションディスプレイに尿素の残量を表示追加。改良による燃費向上。フロントフォグランプLED化。寒冷地仕様車に「フロントウィンドウシールドデアイサー」追加。「ラグジュアリーパールトーニング〈2QD〉」「ダークブルーマイカメタリック〈8P4〉」を廃止、全車に灰皿照明が廃止。

新型 ハイエース スペックについて

スペック 新型ハイエース 新型ハイエース
ワイドボディ
全長 4,695mm 4,840mm
全幅 1,695mm 1,880mm
全高 1,980mm 2,105mm
ホイールベース 2,570mm 2,570mm
エンジン 2.0L直列4気筒
DOHCエンジン
(1TR-FE型)
2.7L直列4気筒
DOHCエンジン
(2TR-FE型)
2.8L 直4 DOHC
ディーゼルエンジン
(1GD-FTV)
最高出力 136ps/5,600rpm 160ps/5,200rpm 177ps/3,400rpm
最大トルク 18.6kgm/4000rpm 24.8kg.m/4000rpm 45.9kgm/
1,600~2,400rpm
トランス
ミッション
6速AT/5MT 6速AT 6速AT/5MT

改良モデルについて思うこと

現行5代目であるH200系「ハイエース」は発売から2022年で18年目を迎える長ロング車種である。特別な人気車種でビジネスから個人でまで幅広く使われている日本のバンといえばハイエースと言ってもいいぐらいだろう。トヨタとしもフルモデルチェンジを考えているだろうが安全性を考えキャブオーバーからセミボンネットをする点がネックとなりそうだ。キャブオーバーであればエンジンルームの分を削り、全長を伸ばすことなく荷物を多く積むことや、多くの人を乗せることができる。このハイエースの最大の利点を削ってでもセミボンネットを採用する理由はトヨタは商用車の世界戦略車モデルとしてH300系の開発が進んでおりキャブオーバー型はエンジンの上にキャブ(運転席)があるため海外などでは整備がしづらいのがネックとなるがセミボンネットであれば海外などでも整備がしやすい。運転席と助手席の下にエンジンがあるため、熱や騒音問題もある。キャブオーバーはボンネットが前にない分、前方の安全性はあるものに比べ衝突時等にも衝突の危険が高まる。海外ではH300系が発売しており、日本では20年目の節目にどちらも併売としてスタートさせる可能性が一番高そうだ。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ 海外向けモデル 2019年2月18日発表 トヨタは新型ハイエース 海外モデルのフルモデルチェンジを2019年2月18日に発表した。トヨタ自動車フィリピン(トヨタモーターフィリピン(TMP))では2019年3月5日に発...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ セミボンネット採用 H300系 20年ぶりとなる 2024年8月発売 トヨタは新型ハイエースのフルモデルチェンジを行い2024年8月に発売する。今回はセミボンネットを採用した商用車の世界戦略車モデルへと姿を変える。2019年10月23日~11...
1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる