MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型 XM 巨大キドニーグリル採用 2022年9月28日発表

BMW M社初のPHEV(プラグインハイブリッド)モデルである新型「XM」の量産モデルを2022年9月28日(現地時間)発表。

目次

BMW 新型 XM について

新型「BMW XM」はハイパフォーマンス部門「BMW M」の自動車として設計された、ほぼ完璧な50:50の車軸荷重配分とサスペンション技術からも明らか。「BMW XM」には、AdaptiveMProfessionalサスペンションが標準装備。モデル固有のバージョンのスプリングと電子制御式ショックアブソーバーのほか、BMWM自動車で初めて48ボルト技術を備えた電気機械式ロールスタビライザーシステム。アクティブロールコンフォート機能を追加。モデル固有のMブレーキシステムと最新世代の統合ブレーキシステム、およびオプションの最大23インチ、フロント275/35、リア315/30タイヤを組み合わせたM軽量アルミホイールを採用している。

新型「BMW XM」は、最初のMを備えた高性能車セグメント内のe-モビリティの別の側面を示しますハイブリッドドライブシステム。最高出力483 hp (490PS) と 最大トルク479lb-ft (650Nm) を発生する 4.4L ツインターボ V8 を搭載し、8速オートマチックトランスミッションを介して 4 輪すべてに伝達。トランスミッションの内部には、最高出力194hp (197PS) を発生できる単一の電気モーターがボルトで固定されている。トランスミッションの湿式クラッチ パックを介して2つを組み合わせると、システム最高出力で 644hp (653 PS)5,400rpmでシステム最大トルクはなんと590lb-ft (800Nm) /1,600~5,000 rpmが得られる。最初のハイブリッド専用MxDrive四輪駆動システムを採用。0-96km/h加速は4.1秒。EVモードでのWLTP航続距離は約80km。市街地内だけでなく、事実上静かでローカルな長距離でも運転でき、エミッションフリークルージングモード。アクセルペダルのあらゆる動きに対する電気モーターの自発的な反応は非常に知覚され。電気モードでは、その瞬間的な電力供給により、たとえば信号機で出発したり、町を出たりするときに、動的な加速が保証。

インテリアは、新しいものと馴染みのあるものが混ざり合っています。iX ほどワイルドではありませんが、BMW のガソリンエンジンを搭載したどの SUV よりも間違いなく豪華。基本的なダッシュボードのディスプレイとコンソールのレイアウトは、X7 のような最近導入またはフェイスリフトされた BMW に見られるものと大差ありません。また、デジタル ゲージ パックとタッチスクリーンを組み合わせた内部に、同社の新しい iDrive 8 オペレーティング システムが組み込まれています。X7 とは異なり、XM には従来のオートマチック ギアシフターがまだ搭載。コンセプト XMの彫刻的なヘッドライナーは標準装備されており、ショーカーから引き継がれたもう 1 つのオプションは、ドアパネルとアッパーダッシュボード用のヴィンテージコーヒーメリノレザー。座席はシルバーストーンまたはディープラグーンのいずれかである。

BMW

https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次