MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 パスポート 4代目 フルモデルチェンジ 2023年モデル 2023年11月7日発表

ホンダはパスポートのフルモデルチェンジ(2023年モデル)を行い米国にて2023年11月7日(現地時間)発表した。

目次

ホンダ 新型 パスポート フルモデルチェンジ について

最大かつ最も強力な SUVである、新しい第4世代の2023年モデル新型パイロットです。新しい V6 エンジン、大量の貨物スペース、2列目のクラス初の隠れ家的なシート、世界初の新しいエアバッグタイプを備えた新しい SUV。2023年のホンダ パイロットは、カリフォルニアにある同社のチームによって書かれた四角いスタイリングが特徴です。全体として、新しいパイロットは、従来のモデルよりも86mm長くなっている。トリムに応じて、新しい照明要素、大きなグリル、18~20インチのホイールも装備。

ホンダは初めて、2023年「パイロット」に 4つのポストプロダクション オプションを提供。そのうちの 1つは、ブロンズ色のホイール、フェンダー フレア、HPD デカールを特徴とするホンダ パフォーマンス デベロップメント (HPD) と共同で設計。

ホンダ 新型 パスポート フルモデルチェンジ エンジンについて

「パイロット」がこれまでで最もパワフルであるだけでなく、まったく新しい24 バルブ、ダブル オーバーヘッド カム、最高出力285hp (212 kW/289 PS) と最大トルク 262 lb-ft (355 Nm) 。

新しいエンジンの全アルミニウム製ブロックは独特であり、高タンブル ポートと狭い 35度のバルブを備えた薄型のヘッドです。角度は燃焼を改善するのに役立ちます。全体として、新しいエンジンは部品点数が少なく、10速オートマチック トランスミッションによってパッケージがより洗練されたものになっている。

ホンダの第2世代 i-VTM4 トルクベクタリング全輪駆動システム (TrailSport および Elite モデルで利用可能) のおかげで、エンジンのトルクの最大70%を後輪に向けることができ100% を後輪に向けることができます。車両の一方の側から他方の側に向けられます。

ホンダ 新型 パスポート フルモデルチェンジ インテリア について

2023 パイロットのドライバーとその乗客は、小さな手品を実行して最大8人を収容できる新しいキャビンで歓迎されます。3列シートSUVには3人乗りのセカンドシートベンチが用意される。

座席を最大限に活用したくない場合は、中央列の中央シートを折りたたんで、カップホルダー付きの大きなアームレストを形成できます. パススルーをご希望の場合は、センター シートを完全に取り外して床下に収納し、最大限の柔軟性を実現できる。

所有者がそのシートで何をするかを選択するにせよ、2列目は2022 パイロットよりも 2.4 インチ (60 mm) 余分なレッグルームを提供し、さらに4度、合計10 までリクライニング。 3列目の乗客がSUVに乗り降りしやすくなります。「Apple CarPlay」と「Android Auto」が標準装備されており、Honda は独自のナビゲーション システムを簡素化して、必要なメニューを減らしながらよりクリーンにしたと述べています。シフターの前にある多目的トレイにより、2 台のスマートフォンを並べて充電できます。一方、ツーリングおよびエリート モデルには、15.7 リットルのサブウーファー ボックスを備えた 12 スピーカーの Bose プレミアム オーディオ システムが搭載。フロントニーエアバッグを含む8つのエアバッグを標準装備し、世界初の新ユニットを搭載。

高度な互換性エンジニアリング アーキテクチャの最新バージョンに基づいて構築されたパイロットは、フロント サブフレーム アセンブリに統合された新しい構造を取得し、同じ前方斜め衝突時の保護を強化。

ホンダ 新型 パスポート フルモデルチェンジ 安全装備について

新しいHonda Sensing テクノロジーのスイートは、新しいより広い 90 度の視野カメラと 120 度の広角レーダーによって実現されます。これらにより、衝突防止性能が向上し、物体を認識する能力が向上します。ブラインド スポット インフォメーション、低速ブレーキ コントロール、アダプティブ クルーズ コントロール、レーン キープ アシストなどはすべて、新しいモデルで提供されます。

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次