MENU

「ヤリスクロス」「ライズ・ロッキー」と勝負できるか?導入する ホンダ 新型「WR-V」

WR-V

ホンダはコンパクトSUV「WR-V」を2023年12月に発売する。日本国内普通車で断トツの販売台数を誇る「ヤリス」シリーズのコンパクトSUVヤリスクロス」その次に販売台数が多いのが「ライズ・ロッキー」であるが、そんな中、導入を果たす「WR-V」はどの様な立ち位置として販売されていくのだろうか?色々と考えてみた。

あわせて読みたい
【2022年】SUV 年間販売ランキング ベスト15 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2023年1月11日、2022年度の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した...
あわせて読みたい
日本自動車販売ランキング N-BOXがトップ 2023年度上半期(6か月)販売台数 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2023年7月6日、2023年6月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報と2023年上...
目次

ホンダ 新型「WR-V」はどんな車か?

新型SUV「WR-V」は「ヴェゼル」より小さなAセグメントクロスオーバーSUVとして開発。コンパクトなデザインとよりスポーティなスタイルで最先端を行くパフォーマンスとテクノロジーを備えたモデルである。ライバル車種としては日本では「ヤリスクロス」「ライズ」「クロスビー」など販売台数では上位にラインクインする車種が相手となるが、日本市場においてコンパクトSUVモデルの需要の高さがあり、「WR-V」を投入するのは当然の流れと言っていいかもしれない。

ホンダ 新型「WR-V」エクステリアについて

「WR-V」が、これまで成功を収めてきた Honda SUV ラインを、「CR-V」「HR-V」「BR-V」などのモデルに新たに加わる。Honda SUVラインの一部として、「WR-V」は、Honda SUVの特徴である高い最低地上高、強力なエンジン性能、広々としたキャビン、洗練されたテクノロジーなどの特徴も備えている。さらに、Honda WR-V は、同クラスの他のモデルと比較して、よりスポーティなスタイルとさまざまな利点を備えた設計になっている。 さまざまな路面状況を安心して走れるよう、全高220mmとクラス最高の地上高を確保。Honda WR-V RSは、RSのキャラクターを強調するために、よりスポーティなデザイン要素を備えたツートンカラーの17インチアルミホイールを使用。一方、ホンダ WR-V タイプE は 16インチのアルミホイールを使用。全長4,060mm、全幅1,780mm、全高1,608mm、ホイールベース2,485mmとした。

あわせて読みたい
ホンダ 新型「HR-V」2代目 北米向け 世界初公開 2022年4月4日発表 ホンダは新型「HR-V」のフルモデルチェンジを行い2022年4月4日(現地時間)世界初公開した。北米向け新型HR-Vは、北米以外でもグローバルで販売が予定。 ホンダ 新型「H...

ホンダ 新型「WR-V」インテリアについて

ドライバーに十分なスペースを提供するためによく設計されたコックピット エリアを提供します。ホンダ WR-V は、レザー とファブリックシートの組み合わせを使用し、アームレスト付きのレザーセンターコンソール ボックスで利用できます。スポーティで上質なインテリアデザインを融合し、コンパクトSUVのキャラクターを表現。Honda WR-Vには、さまざまなデバイスに接続できる2つのUSBポートで簡単に接続および充電できる12V電源コンセントもある。 

「WR-V」の快適な運転は、ダッシュボードの4.2インチ薄膜トランジスタ(TFT)ディスプレイ画面によってもサポートさ れ、Honda SENSING機能、平均燃費、走行距離、残りなど、運転中にさまざまな正確な情報を表示。スマートフォン接続やハンズフリー電話など、さまざまな機能を備えた7インチタッチスクリーンのオーディオディスプレイと組み合わされている。

「WR-V」キャビンのプロポーションはスリムですが、より快適で広々としたスペースも提供。クラス最大級のヘッドルームとレッグルームを確保。ラゲッジルームは380リットルを収容でき、さまざまな活動にさまざまなアイテムを運ぶためのより広い貨物スペースを提供。ホンダ WR-V のキャビン シーリングは、車体パネル周辺に制振材とクローズド パネル構造を吹き付けることで静粛性を高め、外部からのほこりや不快な臭いを防ぐ。

ホンダ 新型「WR-V」快適装備について

「WR-V」のRSとHonda SENSING搭載のRSは、助手席後ろにシートバックポケット収納部があり、運転席にもあり、計6個の水筒ホルダーと2列目シートも装備。 40:60まで折りたたむことができる。RS&RSタイプのHonda SENSINGには、忘れ物などを発車前に確認するよう音声とマルチインフォメーションディスプレイで警告するリアシートリマインダーも装備。   

ホンダ「WR-V」ボディサイズ比較

ボディサイズを比較すると「WR-V」が全長とホイールベースが短くそれに合わせて、最小回転半径が5.0mとフィットに近い感覚で運転ができるため日本での需要はありそうだ。ライズ・ロッキーに近いので新たな選択肢となりそうだ。

WR-Vとヤリスクロス 比較

スペックWR-Vヴェゼルヤリスクロス
全長4,325mm4,340mm4,180mm
全幅1,790mm1,790mm1,765mm
全高1,650mm1,590mm1,590mm
ホイールベース2,650mm2,610mm2,650mm
最小回転半径5.0m5.3m~5.5m5.3m

WR-Vとライズ・ロッキー 比較

スペックWR-Vライズ/ロッキー
全長4,325mm3,995mm
全幅1,790mm1,695mm
全高1,650mm1,620mm
ホイールベース2,650mm2,525mm
最小回転半径5.0m4.9~5.0m

ホンダ「WR-V」ユーザーにお勧めできるポイントについて

1番魅力は間違えなく価格である。「ヤリスクロス」の現在のベースグレードでも1,896,000円から、ハイブリッドモデルは2,284,000円である。その価格を抑えて日本導入される可能性がありそうだ。更に、ボディサイズや最小回転半径による取り回しの良いい、予算的な関係と運転のし易さを求めるのであれば魅力的なモデルとなるだろう。

最新自動車情報
ホンダ 新型「WR-V」 クラストップレベル荷室空間と低価格209万8800円から 2024年3月22日発売| 最新自動車... ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売しました。ハイブリッド、電気自動車モデルの設定を今後予定しています。2023年11...

WR-V

https://www.honda-indonesia.com/wr-v

WR-V

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次