トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 2024年1月17日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
yariss cross

トヨタは「ヤリスクロス」の一部改良を行い2024年1月17日発売する。「ヤリス」の一部改良も同日行う予定だ。

目次

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 について

今回の一部改良ではエクステリアのデザイン変更を行ういラジエーターグリルを躍動感のある洗練されたデザインに変更ボディカラーには新色の「マッシブグレー(1L6)」「アティチュードブラックマイカ(218)×マッシブグレー(1L6)」を設定。新色の「マッシブグレー(1L6)」は「ヴォクシー」や「カローラクロス」に採用されている。

インテリアではベースグレード以外の「G」と「Z」のメーターディスプレイを4.2インチから7インチに変更する。Zグレードのシート表皮に合成皮革+ツィード調ファブリックを採用。新型「プリウス」から開始されたサブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」の第2弾「Uグレード」を「ヤリス」に設定。

エクステリアのデザイン変更。

インテリアではベースグレード以外メーターディスプレイを4.2インチから7インチに変更する。

最新の「Toyota Safety Sense」に加え、「プロアクティブドライビングアシスト」を新搭載

「Toyota Safety Sense」のアップデートが無線で可能に。

「コネクティッドナビ」対応モデルに変更。

デジタルキーを設定。

サブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」の第2弾「Uグレード」設定。

トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 インフォテインメントシステムの刷新

新しいインフォテインメントシステムが搭載。新型「ノア・ヴォクシー」などに採用されている「コネクティッドナビ」AppleCarPlayとAndroidAuto。USB-C充電ポートが追加。スマートフォンを意識したUIではあるが使いやすいとは少し言えない。ナビの最終案内もいいと言えなかった。バージョンアップによる改善を期待したい。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタのクルマは全てフル液晶デジタルメーター搭載車になるかもしれない

トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 「Toyota Safety Sense」プロアクティブドライビングアシストを採用

「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで、危険に近づきすぎないよう運転操作をサポート、ドライバーの安心につなげる。さらに先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートし、頻繁な踏み替え操作を軽減することにより、一般道などのシーンでドライバーの運転に寄り添い、優しくサポートする機能。

歩行者/自転車運転者/駐車車両に対する操舵・減速支援

リスクを先読みし、危険に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキ操作をサポート。

先行車に対する減速支援

先行車や隣接車の割り込みを検出した時、ドライバーのアクセルOFFに応じて、車間距離が近づきすぎないように緩やかに減速。

カーブに対する減速支援

前方のカーブに対して自車の速度が速いと判定した場合、ドライバーのアクセルOFFに応じて緩やかに減速。

右左折時減速支援

信号交差点への接近を検出した時、ドライバーのアクセルOFF、ウインカー操作に応じてあらかじめ減速を支援し、右左折時の操作余裕を確保。

車線内走行時常時操舵支援

ドライバーの操作を先読みして、ステアリン

「Toyota Safety Sense」のアップデートが無線で可能に

「ヤリス」は、「Toyota Safety Sense」のアップデートが初めて無線で行えるようになった。新しいソフトウェアのアップグレードは車の運転中にダウンロードされ、都合の良いときにインストールされる。

安全・運転支援システム「トヨタ T-Mate」を搭載

安全機能の向上、トヨタは、ヤリスに含まれる標準のアクティブおよびパッシブセーフティキットのレベルを向上させ、安全・運転支援システム「トヨタ T-Mate」を搭載。車の衝突検知システムがアップグレードされ、他の車、歩行者、自転車に加えてオートバイも検知できるようになり、その他の新しいデジタルナニーには、前方車両を検出したときにドライバーが急加速するのを防ぐ低速時加速抑制機能が含まれる。また、レーントレースアシスト作動時に作動する新しい緊急運転停止システムも搭載。高速道路走行中にドライバーが居眠りしたり体調を崩したりした場合、システムが警告を発する。入力が検出されない場合、車は穏やかに停止し、ハザードランプが点灯し、ドアのロックが解除される。

トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 グレード 価格について

マイナーチェンジによる改良モデルでは価格変更が行われ、ガソリンモデルは元は1,470,000円~2,206,000円となるが、新型は1,501,000円~2,352,000とおよそ、31,000円~146,000円の価格差がある。ハイブリッド車は元は2,013,000円~2,548,000円と新型は2,044,000円~2,694,000円と31,000円~146,000円の価格差がある。

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X直列3気筒 1.0L
エンジン(1KR)
CVT2WD1,501,000円
G1,799,000円
X直列3気筒 1.5L
直噴エンジン
(M15A)
Direct Shift-
CVT
2WD1,655,000円
4WD1,888,000円
G2WD1,953,000円
4WD2,151,000円
Z2WD2,154,000円
4WD2,352,000円
X6速MT2WD1,579,000円
G1,877,000円
Z2,050,000円
HYBRID X直列3気筒 1.5L
直噴エンジン(M15A )
+モーター(THSⅡ)
電気式
無段階変速機
2WD2,044,000円
4WD2,287,000円
HYBRID G2WD2,299,000円
4WD2,507,000円
HYBRID Z2WD2,496,000円
4WD2,694,000円

トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 スペック

スペック新型 ヤリス
ハイブリット
新型 ヤリス
ガソリン車
新型 ヤリス
ガソリン車
全長3,940mm3,940mm3,940mm
全幅1,695mm1,695mm1,695mm
全高1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
ホイール
ベース
2,550mm2,550mm2,550mm
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
直列3気筒 1.0L
エンジン 1KR型
最高出力67kW(91ps)/
5500rpm
88kW(120ps)/
6600rpm
51kW(69ps)/
6000rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4800-5200rpm
92Nm(9.4kgfm)/
4400rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
36.0~35.4km/L(2WD)
30.2km/L(4WD)
21.4~21.6km/L
19.2km/L
19.6~20.2km/L
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD2WD
乗車定員5名5名5名
最小
回転半径
4.8m~5.1m4.8m~5.1m4.8m~5.1m
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
CVT

トヨタ デジタルキーに対応

ヤリスには初めて、Appleまたは Android の携帯電話を使用して車を遠隔でロックまたはロック解除したり、エアコンやハザード ライトを操作したりできるデジタルスマートキーが装備。

月額費用

G-Linkのご契約 基本利用料19,000円(税込)/年 別途契約事務手数料8,148円(税込み)が必要。

※新車購入の場合、初回登録日から3年間は無料で利用が可能。

TOYOTA/LEXUSの共通ID

デジタルキー 専用アプリ 無料

仕組み

デジタルキーアプリを使ってスマホのBluetooth®機能を利用して 「施錠・解錠+エンジン始動」 を行うことがききる機能。 デジタルキーを使用する際には事前に設定で車とのペアリングを行ってから使用します。

注意点

強い電波やノイズの発生する場所の近くにいるときやスマホが、次のような金属製のものに接していたり、覆われたりしているときなどに正常に動作しないことがある。スマホを検知しているドア以外は解錠しません。 スマホの電源が切れてしまっていたらもちろん 「施錠・解錠+エンジン始動」 はできません。

ヤリス クロス について

トヨタは新型「ヤリス」のクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」を日本では2020年8月31日に発売した。ベースは新型「ヤリス」である。世界的に人気のクロスオーバーSUV市場に新たにC-HRよりも小さいBセグメントを発売する。

ヤリス クロス 仕様について

新型ヤリスをベースとし、専用のエクステリアデザインを採用。全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。専用の18インチアルミホイールを採用。ヤリスと比べ全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+90mm拡大している。最低地上高は+30mmとした。

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用。新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」モデルの新しく小型化されたTHSⅡを採用。E-Four(4WD)モデルも採用。4WD専用リアサスペンションを新開発しダブルウィッシュボーン式。ガソリン車も同様のエンジンに発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」を採用する。 先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を標準搭載(X“Bパッケージ”を除く)する。

あわせて読みたい
トヨタ ヨーロッパ GA-BプラットフォームをAセグメントに採用 トヨタヨーロッパは重要な「Aセグメント」への継続的な取り組みを2021年3月3日発表し、GA-Bプラットフォームを搭載した3番目のモデルが生産される。 【GA-Bプラットフォ...

新型「ヤリス クロス」に「電動パーキングブレーキ&ホールド」「7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」を採用し、リアシートは「3分割式(4:2:4)リアシート(GとZグレードに標準)」「ハンズフリーパワーバックドア」を採用する。ハイブリッドモデルに「アクセサリー コンセント」AC100V 1500Wのコンセントを追加することができる。

マルチテレインセレクト オフロード走行において、路面状況に応じた走行支援を、3つのモード(MUD & SAND / NORMAL /ROCK & DIRT)から選択できるシステムを採用。

新型「ヤリス 」ベースであるが装備は「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用していたり「ハンズフリーパワーバックドア」を「アダプティブハイビームアシスト」採用しており使い勝手は変わってくる。

Toyota Safety Senseを搭載

先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。2018年1月8日発売開始する新型アルファード /ヴェルファイアに搭載した第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載する。レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。従来のトヨタセーフティセンスPに比べ、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。

予防安全装備

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ静止) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

セカンダリーコリジョンブレーキ SRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二次衝突による被害の軽減に寄与。

デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。

高度駐車支援システム「Advanced Park」ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。ハイブリッドモデル オプション設定(7万7000円~9万3500円)。

イージーリターンシート お好みのドライビングポジションを機能させ、マニュアル操作で前回の位置へ簡単に復帰することができる。

ボディカラーについて

モノトーンカラー

ブラスゴールドメタリック<5C2>

ダークブルーマイカ<8W7>

センシュアルレッドマイカ<3T3>※1

グレイッシュブルー<8W2>

ホワイトパールクリスタルシャイン<070>※1

ベージュ<4V6>

シルバーメタリック<1L0>

ブラックマイカ<209>

※1 メーカーオプション

ツートンカラー

ブラックマイカ<209>×ブラスゴールドメタリック<5C2>※2

ブラックマイカ<209>×グレイッシュブルー<8W2>※2

ブラックマイカ<209>×センシュアルレッドマイカ<3T3>※2

ブラックマイカ<209>×ベージュ<4V6>※2

ブラックマイカ<209>×ホワイトパールクリスタルシャイン<070>※2

ブラックマイカ<209>×シルバーメタリック<1L0>※2

ブラスゴールドメタリック<5C2>×ブラックマイカ<209>※2

※2 「HYBRID G」「HYBRID Z」「G」「Z」にメーカーオプション

ヤリス クロス スペックについて

車高は通常モデルの新型「ヤリス」と比較して90mmアップさせている。

スペック 新型 ヤリス クロス
全長 4,180mm
全幅 1,765mm
全高 1,590mm
ホイール
ベース
2,650mm
タイプ ハイブリッド ガソリン車
エンジン 直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
最高出力 67kW(91ps)/
5,500rpm
88kW(120ps)/
6,600rpm
最大トルク 120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4,800-5,200rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
30.8km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
20.2km/L(2WD)
18.5km/L(4WD)
駆動方式 2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD
乗車定員 5名
駆動方式 電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
価格 2,284,000円~
2,815,000円
1,796,000円~
2,441,000円

ヤリスクロス と ヤリス 装備比較一覧 

システム装備 ヤリス ヤリスクロス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
オートマチック
ハイビーム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
先行車発進告知
予防
安全
装備
ブラインドスポットモニター
インテリジェント
クリアランスソナー

リヤクロストラフィック
オートブレーキ

シンプルインテリジェント
パーキングアシスト
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
マルチテレインセレクト
パノラミックビュー
モニター
快適
装備
シートヒーター
デジタルインナーミラー
(前後方録画機能付)
ITS Connect
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
ハンズフリー
パワーバックドア
電動チルト&
テレスコピックステアリング
ナビレス
トヨタ ディスプレイオーディオ
車載通信機(DCM)

ヤリス クロス グレード 価格について

新型「ヤリスクロス」の価格はなんと1,796,000円からであるが同様のサイズとなる「C-HR」は2,400,000円からと価格差は604,000円もある。「ヤリスクロス」のハイブリッドモデルは価格はなんと2,284,000円から「C-HR」ハイブリッドモデルは2,730,000円からと446,000円の差額がある。もちろん「C-HR」と比較すれば内装加飾の違いやエンジンの排気量などの違いによって違いがあるが最近の普通のコンパクトカーを購入を検討する方が手を出せる金額設定になっているのは最大の魅力となるだろう。

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X
”B Package”
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
Direct Shift-
CVT 
2WD 1,796,000円
4WD 2,027,000円
X 2WD 1,896,000円
4WD 2,127,000円
G 2WD 2,020,000円
4WD 2,251,000円
Z 2WD 2,210,000円
4WD 2,441,000円
モデル エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
HYBRID X 直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
電気式
無段階変速機
2WD 2,284,000円
E-Four 2,515,000円
HYBRID G 2WD 2,394,000円
E-Four 2,625,000円
HYBRID Z 2WD 2,584,000円
E-Four 2,815,000円
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年8月31日発売 トヨタは新型「ヤリス」のクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」を日本では2020年8月31日に発売した。2020年4月23日(現地時間)にイタリアにて発表した。 【新型 ヤリ...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 2021年5月10日発売 トヨタは「ヤリスクロス」の一部改良を行い2021年5月10日発売する。ベースモデルの「ヤリス」も同日発売される。 【新型 ヤリスクロス 一部改良】 「プラスサポート(急...

ヤリスクロス 一部改良 について

トヨタはクロスオーバーSUV「ヤリスクロス」の一部改良を行い2022年8月8日に発売する。今回の年次改良となる一部改良ではボディーカラーに新色をラインナップする。更に新グレード「Z Adventure(アドベンチャー)」「GR SPORT」を追加する。

Z Adventure」「GR Sportを新設定。

「Z」グレードに「ステアリングヒーター」を標準装備。

前後録画機能付きデジタルインナーミラー」をオプション設定。

プラチナホワイトパールマイカ〈089〉」を追加。

ヤリスクロス

https://toyota.jp/yariscross/

トヨタ

https://toyota.jp/

yariss cross

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次