メルセデス・ベンツ 新型「C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」を限定 2023年12月20日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
C63 S E PERFORMANCE F1 Edition 1

メルセデス・ベンツはミドルクラスセダン「Cクラス」の100台限定モデル「C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」を2023年12月20日に日本発売した。

目次

メルセデス・ベンツ 「C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」について

「C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」では、通常モデルでは設定がない特別色「アルペングレー(ソリッドペイント)」を採用し、AMGロゴとグレーからブラックへのグラデーションからなる専用デカールが施されています。また、サイド、前後エプロンにレッドのトリムラインをアクセントに入れています。F1®メディカルカーを踏襲するように20インチAMGアルミホイール(RRS)にもレッドのリムフランジを施している。

フロントおよびリアエプロンの大型フリックやリアディフューザーなど空力特性を向上させるAMGエアロダイナミクスパッケージと、フロントスプリッター、ドアミラーカバー等のトリム部やエグゾーストエンド、AMG専用グリル、バッジ等をブラックに仕上げるAMGナイトパッケージも標準装備。「AMG」の文字が入ったクロームシルバーの給油口キャップが特別感を演出。

メルセデス・ベンツ 「C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」スペック について

C 63 S E PERFORMANCE の駆動システムは、2.0L 4 気筒ターボエンジンに交流同期モーターと AMG 自社開発の高性能バッテリー(6.1kWh)、AMG連続トルク可変配分四輪駆動システムの 4MATIC+を組み合わせたもので、2.0L 4気筒ターボエンジンと電気モーターの組み合わせによりシステム出力 500kW(680PS)最大システムトルク 1,020Nm を発生します。また、0-100km/h 加速はわずか 3.4 秒です。定格出力 80kW、ピーク出力 150kW(最大 10 秒間)の交流同期モーターはリアアクスルに搭載されており、電動シフト式2速トランスミッションおよび電子制御式リミテッド・スリップ・デフとともにコンパクトなエレクトリックドライブユニット(EDU)にまとめられて、P3 ハイブリッドと呼ばれるレイアウト。軽量の高性能バッテリーはリアアクスル上方に搭載。

メルセデスベンツニュースリリース

https://media.mercedes-benz.jp/download/fe20d83b-d6d5-40c9-852e-5488836b63ee/20231220-c63f1edition-fnl.pdf

https://media.mercedes-benz.jp/

C63 S E PERFORMANCE F1 Edition 1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次