MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

三菱 新型「ASX(RVR)」フルモデルチェンジ 欧州モデルはルノー「キャプチャー」

欧州の三菱自動車は新型「ASX(日本名:RVR)」をを2022年9月20日発表した。「バッジ エンジニアリング」という用語に新しい意味を与える新しいモデルは、ルノー キャプチャーと実質的に同一であり、フロント グリルのトリムに違いがある。

目次

三菱 新型「ASX(RVR)」フルモデルチェンジ 欧州モデル

第5世代新型「クリオ」に続く新CMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。「E-Tech Plug-inハイブリッドシステム」を搭載

新CMF-Bプラットフォーム

従来、セグメントごとに設計・開発・製造していたプラットフォームを、複数のプラットフォームに共通した モジュールとして増加させることで、コンポーネントを共有化し、プラットフォームごとの台数を増やすことが出来るシステムとして開発された。これにより、コンパクトカークラスから大型セダン、SUVまで幅広く展開させることが可能であると同時に、ルノー=日産アライアンスの特徴であるスケールメリットを活かし、「開発費削減」「部品点数削減」「製造コスト削減」「工期短縮」を効率よく行うことで、すべてのアイテムの経費を軽減させる役割も担う。

インテリアは7インチスクリーン、ナビゲーション付き7インチ、ナビゲーション付き9.3インチの3つのバージョンを用意、新しい「Easy Linkスマートフォン風インフォテイメントシステム」を採用。「Android Auto」および「Apple CarPlay」に対応している。メーターには「7または10インチTFTデジタルスクリーン」を搭載。ラゲッジ容量536L。

三菱 新型「ASX(RVR)」フルモデルチェンジ 搭載エンジン

プラグインハイブリッドモデル「キャプチャーPHEV」は 1.6Lのガソリンエンジンと2つの電気モーターを搭載。9.8 kWhのバッテリー、EV走行最高時速135km/h、充電電力使用時WLTPモードEV走行距離45km。もちろん、ガソリンモデルもラインナップ。

スペック100TCe
エンジン1.0L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力100ps
最大トルク160Nm
トランスミッション6速EDC
(エフィシエントデュアルクラッチ)
駆動方式2WD/4WD
スペック130TCe
エンジン1.3L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力130ps
最大トルク240Nm
トランスミッション7速DCT /6速MT
駆動方式2WD /4WD
スペック155TCe
エンジン1.5L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力155ps
最大トルク270Nm
トランスミッション7速DCT /6速MT
駆動方式2WD /4WD

三菱 新型「ASX(RVR)」運転支援システム Advanced Driver Assistance System

スピードアラート付き交通標識認識 Active Emergency Braking、スピードリミッター付きクルーズコントロール、自動ハイビーム付きLEDヘッドライト、Highway&Traffic Jam Companionなど、標準および利用可能な安全機能を数多く備えています。アダプティブクルーズコントロール、出発警告、レーンアシスト、360度パーキングカメラなどを搭載。

三菱ニュースリリース

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5651.html

三菱自動車

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

あわせて読みたい
ルノー 新型 キャプチャー フルモデルチェンジ 2代目 日本2021年2月発売 ルノーはキャプチャーのフルモデルチェンジを行い日本では2021年2月に発売する。 【新型 キャプチャー フルモデルチェンジについて】 2019年9月12日〜9月22日開催される...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次