ボルボ 初のミニバン「EM90」電気自動車モデル 2023年11月12日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 Volvo EM90

ボルボは初の電気自動車(EV)モデルのミニバン「EM90」を2023年11月12日(現地時間)発表した。同社初のミニバン(MPV)を世界各地で展開する予定だ。この全電気モデルは、720km以上の航続距離を誇り、特に中国の顧客向けに設計されている。 価格は818,000中華人民元(約17,200,000円)~となる。

目次

ボルボ 新型「EM90」エクステリア について

EM90の全長は5,209mm、全幅2,024 mm、全高1,859mm、ホイールベース3,205mmです。吉利汽車(ジーリー)の別のブランドであるZeekr (ジーカー)の009ミニバンをベースにしている。デザインはシンプルなスカンジナビアン・デザインをベースに、最も美しいとされる黄金比を取り入れる、上質なデザインに仕上げられた。ピクセルLEDを使用した最新のヘッドライトが採用。大型の両側スライドドアを採用。

ボルボ 新型「EM90」インテリア について

EM90 は、車輪付きの移動オフィスであり、豪華な家族向けの運搬車でもある。3列の座席を備え、2+2+2 のレイアウトになっています。中央列は、電動リクライニング、暖房、換気機能に加えて、折りたたみトレイも備えた、非常に快適なキャプテン スタイル シートです。エンターテインメントやビジネスのビデオ会議のために、15.6インチのルーフマウント スクリーンが下がります。このスクリーンは、モバイル スクリーン投影とさまざまなサードパーティ アプリに対応。

正面のコックピットは、洗練されたミニマリズムを採用。ダッシュボードは、コンパクトなデジタル計器画面と、大きな15.4インチのタブレットスタイルのセンターインフォテインメント システムで構成され。物理ボタンはほとんどない。

EM90 の格納式スクリーンは、さまざまな車内シナリオに対応できる多機能ディスプレイ。スイッチ操作や音声アシスタントの操作で、室内を「劇場」「会議室」「後部座席の寝室」など、さまざまなシナリオに簡単に変えることができり。スクリーンだけでなく、座席、窓、エアコン、照明なども、シナリオに合わせて調整される。

ボルボ 新型「EM90」安全装備 について

EM90 は、高解像度カメラ、サラウンド ビュー カメラ、ミリ波レーダー、超音波レーダーなどのセンサーを搭載した、包括的な先進運転支援システム (ADAS) を備えています。

ボルボ 新型「EM90」パワートレイン について

ボルボの電動ミニバン「EM90」は、268hpの電気モーターを搭載し、0〜100km/hを8.3秒で加速。116kWhのバッテリーを搭載し、30分で80%まで充電できます。中国の走行テストでは、CLTC航続距離738kmと発表。今回は採用されていないが、最高出力536馬力の009の最上位デュアルモーター搭載モデルも検討中です。

ボルボ 新型「EM90」はトヨタ 新型「アルファード」と比べて

「EM90」のセカンドシートはまるで「アルファード」「ヴェルファイア」のエグゼクティブラウンジの様な快適な室内空間であることは間違いなさそうだ。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2023年6月21日発売

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型「アルファード」「ヴェルファイア」一部改良 PHEVモデル 追加 2024年6月頃発売

2025 Volvo EM90

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次