トヨタ

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2022年4月発売

2021年2月7日

toyota_alphard

トヨタは新型アルファード/ヴェルファイアのフルモデルチェンジ 40系 を2022年4月に行う予定だ。トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「アルファード」「ヴェルファイア」を統合する。予想では「アルファード」が残るだろう。

新型 アルファードについて

ポイント

  1. TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Lプラットフォーム」を採用。
  2. 新型エンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)」を搭載。
  3. 最新バージョン Toyota Safety Sense搭載。

現行同様にキープコンセプトではあるが、エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。 2015年12月に発売された新型プリウスから採用された、「TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォーム」を採用。エンジンモデルには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)」搭載 が搭載される。ハイブリッドモデルにもこのエンジンを採用し、より小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。新型アルファード /ヴェルファイア ハイブリッドはカムリハイブリッドと同様の2AR-FXE 2.5L 直4 DOHC+モーターを採用しの燃費はJC08モード燃費:18.4〜19.4km/Lとなる。

新型 アルファード ガソリン車用 2.5L 直列4気筒 直噴エンジン D-4S 搭載

高速燃焼技術、可変制御システムの採用。世界トップレベル最大熱効率40%(HV専用で41%)を実現する直列4気筒 2.5リッター直噴エンジンDynamic Force Engineと呼ぶ。同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。

スペック Dynamic Force Engine
エンジン 2.5L 直列4気筒
直噴エンジン
最高出力 205ps/6,600rpm
最大トルク 250Nm/4,800rpm
トランスミッション Direct Shift-CVT
駆動方式 2WD/4WD

トヨタ 新型 直列4気筒2.5L直噴エンジン 新型 8速・10速AT ミッション TNGAにより一新 2016年12月6日発表

新型 アルファード ハイブリッド車用 2.5L 直列4気筒 直噴エンジン D-4S 

4代目プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、2.5Lエンジン用 ハイブリッドシステムを一新するとともに、高性能マルチステージTHSⅡを新開発した。 2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と 高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。 マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の走りのイメージを一新する高い発進加速性能と ダイレクト感溢れる走りを実現。高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でも エンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。

スペック D-4S +モーター(THSⅡ)
エンジン 2.5L 直列4気筒 直噴エンジン
+モーター
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター最高出力 88kw(120ps)
モーター最大トルク 202Nm(20.6kgm)
システム最大出力 155kw(211ps)
トランスミッション 電気式無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD(E-Four)

toyota_THS

新型 アルファード Direct Shift-CVT 搭載

toyota_FR_10AT

ヤが噛み合う時のエネルギー伝達ロスを削減し、クラッチは、機構内の摩擦材形状を最適化し、 回転時のクラッチの損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)するなど世界トップレベルの 伝達効率を達成しています。 さらに小型軽量化により車両燃費を向上させるとともに、低重心化により直進および コーナリングの走行安定性を向上させています。ギヤをワイド化するとともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、 ロックアップ領域を拡大しています。これにより、アクセル操作に素早く、滑らかに反応することで、ドライバーの思いどおりに反応するダイレクト感あふれる走りを追求しました。 また、Direct Shift-10ATは、8速から10速に段数アップしてトータルのギヤ数を増やしながら、 低中速域を中心に、各段の使用領域(段数)を最適化するクロスギヤを採用。

今回、同社は新開発のエンジンと合わせて、FF用8速AT、FR用10速ATなども開発。今後、2021年までの5年間に、エンジンについては9機種・17バリエーションを、トランスミッションについては多段化AT、新機構の無段変速機(CVT)など4機種・10バリエーション、ハイブリッドシステムは6機種・10バリエーションの投入を予定している。

最新バージョン Toyota Safety Sense搭載

最新の「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」に対応、「交差点での検知」「低速時加速抑制機能」「緊急時操舵回避支援機能」にも対応。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。更に「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。

  1. 低速時、自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する低速時加速抑制機能。
  2. 交差点右折時の対向直進車、ならびに右左折時の対向方向から横断してきた歩行者も検知可能。
  3. 緊急時のドライバー回避操舵をきっかけに操舵をアシストする緊急時操舵回避支援機能。

ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA)高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。カーブ速度抑制機能を追加した。ドライバー異常時対応システムドライバーの異常を察知し、救命救護に寄与する機能を追加。

カーブ速度制御機能 レーダークルーズコントロールの作動時にステアリングの切り始めで速度制御を開始する。

先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

新型 アルファード 装備比較

システム装備 アルファード 新型アルファード
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
カーブ速度抑制機能
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
ドライバー異常時対応システム
先行車発進告知
予防
安全
装備
ブラインドスポット
モニター
インテリジェント
クリアランスソナー

リヤクロストラフィック
オートブレーキ

ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
パノラミックビュー
モニター
快適
装備
快適温熱シート+
シートベンチレーション
ITS Connect
ヘルプネット
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
マイコンプリセット
ドライビングポジション
システム
ヘッドアップ
ディスプレイ
運転席オート
スライドアウェイ
電動チルト&
テレスコピック
ステアリング
ナビレス
トヨタ ディスプレイ
オーディオ
車載通信機(DCM)

新型 アルファード スペック予想

スペック 新型アルファード 予想
全長 4,940mm
全幅 1,850mm
全高 1,880mm
ホイールベース 3,010mm
エンジン 直列4気筒 2.5L 直噴エンジン
D-4S +
モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L直噴エンジン
D-4S
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
205ps/
6,600rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
250Nm/
4,800rpm
フロントモーター最高出力 88kw(120ps) -
フロントモーター最大トルク 202Nm(20.6kgm) -
システム最高出力 155kw(211ps) -
トランスミッション 電気式無段階変速機 Direct Shift-CVT
駆動方式 2WD/E-Four(4輪駆動方式) 2WD/4WD
JC08モード燃費 18.4〜19.4km/L 13.0〜14.0km/L
乗車定員 7〜8名
予想価格 350〜800万円

アルファード/ヴェルファイアについて

現行モデルは3代目 30系 で2015年1月26日に姉妹車のヴェルファイアと共に約6年半ぶりのフルモデルチェンジを行う。 開発テーマは「大空間高級サルーン」で、「ミニバン」としてではなく一つの「高級車」として磨き上げ、開発された。 外観はフロントデザインにロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルを採用し、リアデザインはリアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせて立体的なU字型の構成としてワイド感とアンダーボディの力強さを強調するデザインとなった。新型アルファードに特別仕様車「タイプゴールド」を2016年7月4日に発売。 新型ヴェルファイアにも特別仕様車「ゴールデンアイズ」を同時発売する。

2018年1月16日にアルファード /ヴェルファイアのマイナーチェンジを行い発売を開始する。

エクステリアの変更。フロント、リアバンパーのデザイン変更。テールランプデザインを変更。リヤガーニッシュ、リヤコンビネーションランプの変更。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。インテリアの質感をアップ。マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)標準装備。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備で採用する。プリクラッシュセーフティに比べ、トヨタセーフティセンスPはミリ波レーダーに加え、単眼カメラも併用するため、歩行者検知も対応。

トヨタは新型アルファード /ヴェルファイアのマイナーチェンジ (一部改良)を行い2018年10月25日に発表発売開始した。

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 クリアランスソナー標準装備 2018年10月25日発売

ハイブリッド車/ガソリン車:Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備となる、インテリジェントクリアランスソナー ICS(パーキングサポートブレーキ)を全車で標準装備となる。

アルファード/ヴェルファイア スペックについて

スペック 新型アルファード/ヴェルファイア
全長 4,945mm(4,950mm)
全幅 1,850mm
全高 1,930mm 1,950mm
ホイールベース 3,000mm
排気量 2.5L 3.5L 2.5L+ハイブリッド
エンジン形式 直4DOHC 直4 DOHC (D4-S) 直4DOHC+モーター
最大出力 182ps/
6,000rpm
221kW(301ps)/
6,600rpm
197ps
最大トルク 24.0kgm 361Nm(36.8kgm)/
4,600〜4,700rpm
21.0kgm
ミッション CVT 8AT 電気式CVT
JC08モード燃費 12.8km/L 10.6〜10.8km/L 18.4〜19.4km/L
価格 335万4,480円~
417万円
390万5,280円~
737万7,360円
436万3,200円〜
750万8,160円

( )はエアロバージョン

今後、新しい情報が入りたいお伝え致します。

トヨタ アルファード

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/14392707/

https://global.toyota/jp/detail/14392707/

https://global.toyota/jp/detail/17660392/

トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

https://global.toyota/jp/powertrain/ths/

Direct Shift-8AT・10AT

https://global.toyota/jp/powertrain/transmission/

新型「直列4気筒2.5L直噴エンジン」

https://global.toyota/jp/powertrain/engine/

ヴェルファイア

https://toyota.jp/vellfire/

アルファード

https://toyota.jp/alphard/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トヨタ
-, , , , ,

© 2021 最新自動車情報