MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型「ルークス e-POWER」軽自動車に初搭載 2024年10月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
ルークス

日産は新型「ルークス」に軽自動車に初の「e-POWER」搭載した「ルークス e-POWER」を2024年10月頃に発売を予想しています。一体どんなモデルになるのか、詳しく解説します。

目次

新型「ルークス e-POWER」について

軽自動車に初めて登場する「e-POWER」モデルは、第2世代の「e-POWER」に軽自動車の660ccエンジンを組み合わせたモデルとなると予想されます。このモデルには、軽自動車初のEVである「サクラ」にも使われた「MM48」と呼ばれるモーターが搭載されています。このモーターは最高出力47kW/2,302-10,455rpm、最大トルク195Nm/0-2,302rpmを発揮し、高度な制御技術によってすばやく滑らかな加速が実現されています。そのため、高速道路への合流などもスムーズに行うことができます。また、ワンペダルドライビングのシステム「e-Pedal Step」も搭載されており、アクセルペダルだけで車速を自在に制御できるため、市街地走行や雪道などでの運転もより快適に行うことができます。

新型「ルークス e-POWER」予想スペック

スペックルークス e-POWER
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,775mm
ホイールベース2,495mm
モデルe-POWER
エンジン660cc 
直列3気筒
DOHC (BR06-SM21)
+モーター(MM48)
最高出力52ps/
6,400rpm
最大トルク60Nm/
3,600rpm
モーター
最高出力
47kW(64ps)/
2,302-10,455rpm
モーター
最大トルク
195Nm/
0-2,302rpm
駆動方式FF/4WD
車両重量-kg
WLTCモード
燃費
-km/L(2WD)
-km/L(4WD)
価格-円

新型 「ルークス e-POWER」 について思うこと

日産にとって「ルークス」は日本市場において軽ハイトワゴンという存在であり販売力の高い車種である。今回は日産として正常進化を果たし、エンジンにe-POWERを搭載することで一新する。見た目以上に乗ったときに進化を感じるモデルとなる。安全装備の充実やインテリアの最新装備により頼れる一台となる。日産車で売れている車種を見ても必ず「e-POWER」モデルがラインナップされており、「ノート」「ノートオーラ」「セレナ」「キックス」「エクストレイル」などであるが今回は新型「e-POWER」を搭載することで今までにない商品価値が付く。軽自動車はエンジンに規格があるが、モーターを使って走行することで軽自動車とは思えない”トルクフル”な走りを可能とすることでユーザーが驚くことは間違いないだろう。軽自動車としてホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」に勝てるかどうか注目したい。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
軽自動車に初の「e-POWER」搭載 日産 新型 「デイズ e-POWER」一部改良 2024年10月発売

ルークス について

現行モデル「ルークス」は2020年2月25日10時に発表、2020年3月19日に発売しており、丸3年でのマイナーチェンジとなるが、今回はエクステリアのデザインを変更し、2022年12月22日発売した新型セレナに似たエクステリア、インテリアデザインを変更。新しい「日産エンブレム」を採用。最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。グレード「ハイウェイスター」モデルには大型Vモーショングリル「Vモーショングリル」を採用しブーメラン型ヘッドライト、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れている。更に、横長のシグネチャーLEDランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。

あわせて読みたい
日産 セレナ ついに世界初公開 第2世代e-POWER 新グレード「LUXION」を追加 プロパイロット2.0を採用 日産は新型「セレナ」のワールドプレミアイベントを2022年11月28日14時00分~に実施した。日産は新型「セレナ」のフルモデルチェンジ(C28型)を行いガソリン車を2022年...

「ルークスハイウェイスター」全車に「快適パック(プラズマクラスター付きリヤシーリングファン、パーソナルテーブル、カップホルダー(9個)、USBソケット)」を標準装備。ボディカラーには新たに新色を追加、「ルークス」には「ソルベブルーメタリック/ホワイトパール2トーン」と「カクタスグリーンパール」、「ルークス ハイウェイスター」に「カンジュクカシスパール」を追加。「ステアリングヒーター」を4WD車に標準装備、2WD車にオプション設定。

日産 新型 ルークス フルモデルチェンジ インテリアについて

新設計プラットフォームの採用によりホイールベースが65mm延長させ、後席の足元空間(凸部のないフラットフロア)や荷室スペースが拡大。ディーラーOPの純正ナビは9インチ、メーターパネルには4.2インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイTFTカラー液晶を搭載。電動パーキングブレーキも設定する。

日産 新型 ルークス フルモデルチェンジ 先進安全装備について

プロパイロット (オプション)ダプティブクルーズコントロール[ACC]とレーンキープアシスト[LKA]で搭載、主に高速道路での運転をサポート。高速道路での、単調な“渋滞走行”と長時間の“巡航走行”。高速道路の走行時(約0km/h~100km/h)に作動。この2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポート。高速走行におけるドライバーの負担を軽減。

ハイビームアシスト 前方検知用のカメラで、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知。ハイビームでの走行頻度を高めて、歩行者の早期発見など安全運転をサポートします。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減。

エマージェンシーストップシグナル 急ブレーキを踏んだとき、後続車に追突される可能性を低減させるため、制動灯を点滅させて後方へ急ブレーキを知らせる。

LDW(車線逸脱警報)意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起。

インテリジェントLI (車線逸脱防止支援システム)  車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促す。

踏み間違い衝突防止アシスト 駐車操作などで、低速走行時、進行方向に壁などの障害物がある場合に、万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまったときに、ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで警告。エンジン出力やブレーキを制御することで、障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援。

フロント&バックソナー ソナーが障害物を検知しブザー音でお知らせ。

インテリジェント アラウンドビューモニター クルマを真上から見下ろしているかのように周囲の状況を直感的に把握し、安心して駐車が行える。

インテリジェント ルームミラー ルームミラーに液晶モニターを搭載し、車体後部のカメラ映像とミラーとを瞬時に切り替えることができる。

SOSコール (日産車初採用)(全グレード・オプション)万が一の時はSOSコールを自動でコールセンターに発信。

日産 SOSコール 新型デイズに搭載 あおり運転や急病時に対応

日産 新型 ルークス 一部仕様向上 スペック

スペックルークスルークス
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,775mm1,775mm
ホイールベース2,495mm2,495mm
モデルターボ車マイルド
ハイブリッド車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
最高出力64ps/
5,600rpm
52ps/
6,400rpm
最大トルク100Nm/
2,400rpm~4,000rpm
60Nm/
3,600rpm 
モーター
最高出力
2.1/
1,200rpm
2.1/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm/
100rpm
40Nm/
100rpm
トランス
ミッション
CVT
(エクストロニック)
CVT
(エクストロニック)
駆動方式FF/4WDFF/4WD
車両重量940kg〜1060kg940kg〜1060kg
WLTCモード
燃費
19.2km/L(2WD)
17.5km/L(4WD)
20.9km/L(2WD)
19.0km/L(4WD)

編集部から一言

日産の軽自動車は、「デイズ」とともに販売台数で上位を占め、同社にとって極めて重要な車種です。競合他社に対抗するため、日産は自社の看板技術であるe-POWERを採用し、優れたパフォーマンスと燃費の両方を提供します。この変化が他社をリードするきっかけとなるか、非常に注目されています。新型車の発売が待ち遠しいですね。今後も新しい情報が入り次第お伝えいたします。

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-a90338a1553e91015b66e2ea9a02c877-200225-01-j?

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-fbbfa237498209134a3d52d94a10e046-201217-01-j

日産 ルークス

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/roox.html

ルークス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次