MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2023年】自動車盗難件数1位の都道府県は 3年連続「愛知県 」

当ページのリンクには広告が含まれています。
The prefecture with the highest number of car thefts is Aichi Prefecture for the third consecutive year

日本損害保険協会は、損害保険会社21社を調査対象とした「第25回自動車盗難事故実態調査結果」2023年盗難件数が最も多かった都道府県や、車名別盗難状況を2024年3月12日発表

目次

2023年自動車盗難件数 都道府県 ランキング

2023年に盗難件数が最も多かったのは愛知県で411件。愛知県は、2019年は3位、2020年は2位と徐々に順位が上がり、2021年と2022年に1位となった。これで3年連続のワーストである。2位は千葉県で301件。昨年から5件増加したものの、大阪府の増加幅が大きかったため、順位としては上がった。2019年、2020年に1位だった大阪府は、2021年に大きく減少させて3位となった。順位こそ変動しているものの、例年ワースト5までの顔ぶれは変わらない。5府県を合計すると1551件で全体の約6割を占める。地域の共通点は、国際的な貿易拠点となる大きな港があること。自動車を狙う犯罪組織は、盗んだ自動車をすぐに船で運びだせる場所を狙い目なのだろう。

順位都道府県件数
1位愛知県411件
2位千葉県301件
3位大阪府298件
4位埼玉県277件
5位神奈川県264件
6位茨城県202件
7位群馬県96件
8位岐阜県81件
9位三重県80件
10位栃木県80件

2023年 車名別盗難ランキング 車両本体

実態調査結果では、2023年の車両本体盗難でトヨタ自動車の「ランドクルーザー」が3年連続で車名別盗難ワースト1となった。ワースト2は「アルファード」で、ワースト3は「プリウス」となっている。アルファードが車両本体盗難全体に占める割合が増加傾向にあり、今回はワースト2となった。2023年の車両本体盗難ワースト10車種合計1,446 台のうち、全車種トヨタ自動車が製造する車種であることも印象的だ。

順位メーカー車名件数
1位トヨタランドクルーザー383件
2位トヨタアルファード364件
3位トヨタプリウス307件
4位レクサスLX120件
5位トヨタハイエース60件
6位トヨタクラウン53件
7位トヨタヴェルファイア43件
8位レクサスRX42件
9位トヨタハリアー37件
10位メルセデスベンツメルセデスベンツ37件

実態調査の実施概要

調査期間:2020年1月1日~2022年12月31日

調査対象:損害保険会社21社(損保協会非会員会社を含む)

対象事案:全国で発生した車両本体の盗難事故および車上ねらい(部品盗難含む)で、調査期間内に自動車盗難事故が発生し、保険金の支払いを行った事案。

※同調査は、保険金請求のあった事件・事故データに基づいたもの。あくまで保険金請求実績に基づくため、保険金請求がされていない事件・事故の件数は含まれない。

2023年 車名別盗難ランキング 車上ねらい

車上ねらいの実態調査結果では、トヨタ自動車の「プリウス」が4年連続で車名別盗難ワースト1となった。更に「アルファード」が増加傾向にあり車名別盗難ワースト2となった。プリウスが車上ねらいの全体に占める割合が高く今回もワースト1となった。

順位メーカー車名件数
1位トヨタプリウス117件
2位トヨタアルファード57件
3位BMWBMW25件
4位メルセデスベンツメルセデスベンツ24件
5位トヨタランドクルーザー21件
6位トヨタハイエース19件
7位スズキエブリイ20件
8位レクサスLX18件
9位トヨタハリアー17件
9位トヨタヴォクシー17件

2023年の車両本体盗難の発生時間帯について

2023年の車両本体盗難の発生時間帯は「深夜~朝(22~9 時)」が58.4%を占め、最も多く、「深夜~朝(22~9 時)」の割合は2022年と比較すると約1.3%増加しています。窃盗犯は深夜から朝にかけて薄暗い場所で窃盗に及ぶ傾向があると考えられる。

盗難や車上あらしの対策するには?

上記の車種に乗っている人はそれだけ確率が高いということだろう、最近では純正で「イモビライザー」や「T-Connect」などの外部通信端末と専用アプリにによって車両の位置がわかるので安心んだと言われているが、発生時間帯は「深夜~朝(22~9 時)」が58.4%を占め、最も多く、「深夜~朝(22~9 時)」の割合は2022年と比較すると約1.3%増加「リレーアタック」と言われる自宅に置いてあるスマートキーから発する微弱な電波を中継しドアロックを解除するという手法で盗む手口が増えているという。

リレーアタックによって万が一ドアロックを解除されてもステアリングロックがかかっていれば車両盗難にあう確率が下がります。更にそもそもロックがかかっている車には手を出さないので対策となる。

リレーアタック防止の方法として家でのキー保管するときに電波を発しない様に対策をすることで車の盗難や車上荒らしを防げるかもしれません。

盗難される抑止として簡易的でも防犯カメラを付けることをおすすめします。こちらはソーラーで電源いらずで、microSDカードで昼・夜を録画、人感センサーまで搭載、更にスマホ専用アプリで操作やサイレン警報などが可能です。

自動車盗難事故実態調査

https://www.sonpo.or.jp/about/useful/jidoshatounan/index.html

第24回 自動車盗難事故実態調査結果

https://www.sonpo.or.jp/about/useful/jidoshatounan/pdf/news_23-33.pdf

https://www.sonpo.or.jp/index.html

The prefecture with the highest number of car thefts is Aichi Prefecture for the third consecutive year

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次