MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型「MINI クロスオーバー」フルモデルチェンジ 2024年モデル 2023年9月1日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
MINI Teaser

BMWは新型「MINI クロスオーバー(MINI Countryman)」のフルモデルチェンジを行い2024年モデルとして2023年9月1日午前11時(東部標準時間午前5時)(現地時間)発表する。2023年9月5日に開幕するミュンヘンのIAAモビリティショーで展示される。ビデオプレミアのプレビュー写真である最新のティーザーには、クーパーEVとカントリーマンEVの進化したシルエットと照明の特徴のみが示されている。

目次

BMW 新型「MINI クロスオーバー」フルモデルチェンジ について

新世代となっているBMWのエントリーSUV「X1」と基礎を共有。新世代プラットフォームを採用することでボディサイズを拡大し快適性をアップする、最新のデザインや技術を採用する。デジタルメーターと大型化したインフォテインメントシステムを搭載し、ダッシュボードの目玉として円形のOLEDタッチスクリーンが搭載されています。中央のディスプレイは 9.4インチで、Android ベースのMINI オペレーティング システム9で動作最新のAIを採用する。最新のパワートレインや、プラグインハイブリッドに代え電気自動車仕様を設定する。

BMW X1およびiX1と基盤を共有しているため、PHEVモデルは廃止、EVとICEパワートレインのオプションを提供できます。クロスオーバーは先代モデルよりも 130 mm (5 インチ) 長くなり、全長は 4,429 mm (174.4 インチ) となり、より広々としたキャビンとなる。

BMW X1およびiX1と基盤を共有しているため、PHEVモデルは廃止、EVとICEパワートレインのオプションを提供できます。クロスオーバーは先代モデルよりも 130mm長くなり、全長は 4,429mmとなり、より広々としたキャビンとなる。

MINIはすでに2つの電動モデルのスペックを明らかにしている。Countryman E には、最高出力201hp (150kW / 204PS)、最大トルク250Nmを発生する単一の電気モーターが搭載。0-100km/h加速8.6秒、バッテリー64.7kWh、WLTP航続距離462kmとなる。より強力な Countryman SE ALL4 には、BMW  iX1と同様に、最高出力308hp (230kW / 313PS) 、最大トルク494Nmを発生するデュアル電気モーターが搭載されています。0-100km/h加速5.6秒、これらのEVは同じ64.7kWhのバッテリーパックを共有し、より強力ではないバージョンのWLTP航続距離462kmになります。

BMW

https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover-new.html

MINI Teaser

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次