MENU

ポルシェ 新型「パナメーラ」フルモデルチェンジ 3代目 2024年モデル 2023年11月24日発表

2024 Porsche Panamera

ポルシェは、新型「パナメーラ」のフルモデルチェンジを行い3代目となる2024年モデルを2023年11月24日(現地時間)発表した。ヨーロッパでの納車は2024年3月に開始する。

目次

ポルシェ 新型「パナメーラ」フルモデルチェンジ 2024年モデル

新型「パナメーラ」のエクステリアとインテリアを刷新、E ハイブリッド パワートレインの範囲を拡大、最先端のアクティブエアサスペンションシステムを導入。従来モデルのおなじみのシルエットを維持、特にその特徴的な「アヒルフェイス」フロントエンドデザインを採用。

エクステリアは、従来モデルの特徴的な「アヒルフェイス」フロントエンドデザインを踏襲しながら、より大きな中央インテークや新形状のLEDマトリックスヘッドライトを採用することで、より精悍な印象を与えている。サイドビューは、サイドギルとフロントフェンダーの統合が改善され、リアビューは横一文字LEDテールライトがスリム化されるなど、洗練されたデザインとなった。

インテリアは、水平基調のデザインを採用し、12.3インチのタッチスクリーンと10.9インチのインフォテインメントディスプレイを組み合わせた。また、新開発のアクティブエアサスペンションシステムを搭載し、乗り心地とハンドリング性能を向上させた。Eハイブリッドモデルの航続は、最大70%延長され、WLTPモードで570kmの走行が可能となった。また、最高出力は680PSに向上している。ターボ Eハイブリッドは、特徴的なバンパーインテークやダークブロンズテールパイプなどで、従来モデルと差別化されている。

ポルシェ 新型「パナメーラ」フルモデルチェンジ 2024年モデル エクステリアについて

新型「パナメーラ」のボディサイズは、全長5,052mm、全幅1,938mm、全高1,422mm。先代モデルと比較して長さが3mm)わずかに増加したがほぼ同様のサイズとなった。

最先端の「アクティブエアサスペンションシステム」を導入

ポルシェは、パナメーラ E ハイブリッド モデルで利用できる新しいオプションの「ポルシェ アクティブ ライド」サスペンションを採用した。この革新的なシステムには、新しいアクティブショックアブソーバー、電動油圧ポンプ、路面の凹凸を効率的に吸収しながら車両を常に水平に保つ1チャンバー エア サスペンションが含まれている。同社は、この新しいセットアップにより、快適性とドライビングダイナミクスの間の幅広い範囲が提供されると主張しています。また、アクティブ ライド システムは、運転状況に基づいて最低地上高を自動的に調整し、「コンフォート アクセス」機能により車両の高さを5.5cm上昇させ、乗り降りを容易にする。

  • 路面の凹凸を効率的に吸収し、快適な乗り心地を実現。
  • 車両を常に水平に保ち、安定したハンドリングを実現。
  • 運転状況に基づいて最低地上高を自動調整。
  • 「コンフォート アクセス」機能により車両の高さを5.5cm上昇させ、乗り降りを容易にする。

この新しいサスペンションシステムにより、パナメーラ E ハイブリッドは、より快適で、よりダイナミックなモデルへと進化した。

ポルシェ 新型「パナメーラ」フルモデルチェンジ 2024年モデル インテリアについて


新型パナメーラのインテリアは、タイカンにインスピレーションを得たトリプルスクリーンレイアウトを採用しています。「12.6インチの曲面デジタルインストルメントクラスター」「中央のインフォテインメントタッチスクリーン」「オプションで10.9インチの助手席用ディスプレイ」センターコンソールには、ギアレバーがなくなり、収納スペースと利便性が向上。代わりに、ステアリングホイールにマネティーノスタイルのセレクターが装備されています。標準装備には、冷却機能を備えた電磁誘導充電機能付きのスマートフォンコンパートメントが含まれます。空調制御と通気口も再設計されている。安全性の面では、オプションのポルシェイノドライブが強化され、リモートパークアシストなどの新しい機能が追加。

  • インストルメントクラスターとインフォテインメントシステムが一体化された、タイカンに似たトリプルスクリーンレイアウトを採用
  • センターコンソールからギアレバーを廃止し、収納スペースを拡大
  • ステアリングホイールにマネティーノスタイルのセレクターを装備
  • スマートフォンコンパートメントに冷却機能と電磁誘導充電機能を追加
  • 空調制御と通気口を再設計
  • オプションのポルシェイノドライブを強化し、リモートパークアシストなどの機能を追加

ポルシェ 新型「パナメーラ」フルモデルチェンジ 2024年モデル パワートレイン について

電動化モデルに対する高い需要を受けて、ポルシェはパナメーラのラインナップを拡大し、合計4つの E-ハイブリッド パワートレインを追加。これらはすべて、旧モデルと比較して出力が向上し、効率が向上し、航続距離が向上する。ポルシェは4つの電動モデルのうちの1つであるターボ E ハイブリッドについてのみ詳細な情報を提供しており、残りは今後発表される予定。

2024 パナメーラ ターボ E ハイブリッドには、改良された4.0 L V8 ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、最新の8速デュアルクラッチPDKギアボックスに組み込まれた単一の電気モーターに駆動。大型 25.9kWh バッテリー パックが搭載。ポルシェによると、ギアボックスと電気モーターに単一のケーシングを使用することで、重量が5kg削減され、オイル循環システムへの統合により熱効率が向上、187hp (140kW/190PS) の高出力が可能になる。ハイブリッド システムの総合出力は 670hp (500kW/680PS) に達し、0~96km/hをわずか3秒で、最高速度314 km/hを実現。

ポルシェニュースリリース

Porsche Newsroom
More digital, more luxurious, more efficient: the new Panamera Porsche revamps the Panamera: the third generation of the sporting luxury sedan is characterised by a wider range of digital features, a fresh and expressive de...
2024 Porsche Panamera

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次