ロールスロイス 新型「アルカディア ドロップテイル」3台目の「コーチビルドプログラム」によって製作された超高級車 2024年2月29日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Rolls Royce Arcadia Droptail

ロールスロイスは「アルカディア・ドロップテイル(Rolls-Royce Arcadia Droptail)」を2024年2月29日に発表された。3台目の「コーチビルドプログラム」によって製作された超高級車です。世界に1台だけの特別な車であり、その価格は非公開ですが、数億円であることは間違いありません。

目次

ロールスロイス アルカディア・ドロップテイルについて

アルカディア・ドロップテイルは、静寂と自然素材を重視したデザインが特徴です。リアデッキとドアパネルには、柾目のサントス・ウッドを採用。その美しい木目は、見る者を魅了します。また、リアデッキにはシャンパン冷蔵庫やパラソルなどが装備。合計8,000時間以上開発作業がかかっている。

世界に1台だけの特別な車

ロールスロイスによれば、アルカディアの木材部分には8000時間が費やされ、同社史上最も複雑な文字盤の作成には5か月かかったという。

全長5.9mを超える堂々としたボディ。静寂と自然素材を重視したデザイン圧倒的な存在感を放つエクステリア。

カスタマイズ可能なインテリア、優雅なピクニックを楽しむための装備と快適な空間を実現するリアシートを採用。

俊敏なパフォーマンス

価格は非公開だが、数億円と推定。世界に3台のみ。

ロールスロイス アルカディア・ドロップテイル エクステリア について

全長5.9mを超える堂々としたボディは、圧倒的な存在感を放ちます。フロントマスクは、ロールスロイス伝統の縦格子のグリルと精悍なヘッドライトが特徴です。また、リアエンドは、ボートテールのような流麗なデザインを採用しています。22インチの合金ホイールを完全に鏡面研磨されており、自動車の微妙なデザインの特徴をさらに強調する。

  • リアデッキとドアパネルには、美しい柾目のサントス・ウッドを採用。
  • リアデッキには、シャンパン冷蔵庫やパラソルなどが装備。
  • フロントマスクは、伝統的な縦格子のグリルと精悍なヘッドライト。
  • リアエンドは、ボートテールのような流麗なデザイン。

ロールスロイス アルカディア・ドロップテイル インテリア について

アルカディア・ドロップテイルのインテリアは、オーナーの要望に合わせてカスタマイズすることができます。最高級のレザーやウッドを使用し、細部まで丁寧に作り込まれています。また、リアシートには冷蔵庫やパラソルなどが装備されており、快適な空間を実現しています。

ロールスロイス アルカディア・ドロップテイル 予想スペック について

パワートレインについての発表はないが、予想では「アルカディア・ドロップテイル」は、6.75L V12ツインターボエンジンを搭載と言われていおり、563hpと820Nmのトルクを発生すると言われている。

ロールスロイス

https://www.rolls-roycemotorcars.com/ja_JP/bespoke/coachbuild/arcadia-droptail.html

Rolls Royce Arcadia Droptail

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次