MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型 ヤリスクロス 一部改良 2024年1月17日発売 センターコンソールなど変更点や違いについて

当ページのリンクには広告が含まれています。
toyota yaris-cross 2024

トヨタは「ヤリスクロス」を一部改良(マイナーチェンジ)を行い、2024年1月17日に発売しました。価格は1,907,000円から3,156,000円(税込)です。今回の改良では新世代コネクテッドナビを採用し、さらに最新の「Toyota Safety Sense」を搭載して安全性を高めました。同じく1月17日にはコンパクトカーの「ヤリス」も一部改良されます。

目次

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 2024年モデルについて

エクステリアの グリルメッシュデザイン 変更点

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアのデザインを変更し、"Z"と"Z Adventure"グレードのルーフスポイラーを変更しました。また、グリルメッシュのデザインも変更し、"GR SPORT"グレードを除いて、モデル間の差別化を図りました。

グリルのメッシュを変更しているぐらいなのでデザインはほぼ変わっていないと思っていいと思います。

エクステリアのボディカラーに新色を追加

ボディカラーには、新色の「マッシブグレー(1L6)」と「アティチュードブラックマイカ(218)×マッシブグレー(1L6)」を追加しました。「マッシブグレー(1L6)」はすでに「ヴォクシー」や「カローラクロス」で使われており、トヨタのおすすめカラーとして注目されています。

ボディカラーは全11色

  • センシュアルレッドマイカ(+33,000円税込)
  • ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ(+77,000円税込)
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • グレイッシュブルー
  • マッシブグレー
  • ブラックマイカ×マッシブグレー(+55,000円税込)
  • プラチナホワイトパールマイカ(+33,000円税込)
  • ブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ(+77,000円税込)
  • ベージュ
  • ブラックマイカ×ベージュ(+55,000円税込)

ボディカラー人気色ランキングTOP3

  • 1位マッシブグレー
  • 2位プラチナホワイトパールマイカ(+33,000円税込)
  • 3位ブラックマイカ

くるまカラー図鑑:【人気色ランキング】ヤリスクロスのカラー全色紹介!

インテリアでは待望の「コソールボックス付フロントソフトアームレスト」を採用

インテリアでは「コンソールボックス付フロントソフトアームレスト」を採用(「X」「U」グレードを除く)、利便性を向上、最新のディスプレイオーディオを搭載、「Z」「G」グレードにおいて一部内装の加飾をガンメタリックに変更。

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 インフォテインメントシステムの刷新

新しいインフォテインメントシステムが搭載され、新型「ノア・ヴォクシー」などにも採用されている「コネクティッドナビ」に加え、Apple CarPlayとAndroid Autoも利用できます。さらに、USB-C充電ポートも追加されました。このシステムはスマートフォンを意識したUIを備えていますが、使いやすさには少し課題があります。ナビの最終案内も満足のいくものではなく、バージョンアップによる改善が期待されます。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタのクルマは全てフル液晶デジタルメーター搭載車になるかもしれない

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良「Toyota Safety Sense」プロアクティブドライビングアシストを採用

「歩行者の横断」や「飛び出してくる可能性」など、運転中の潜在的なリスクを予測し、危険を回避するための運転支援を提供します。これにより、運転者の安心感が向上します。また、先行車や前方のカーブに対して自動的に減速する機能も備えており、頻繁なブレーキ操作を軽減します。これにより、一般道などでの運転をよりスムーズにし、運転者を優しくサポートします。

歩行者/自転車運転者/駐車車両に対する操舵・減速支援

リスクを先読みし、危険に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキ操作をサポート。

先行車に対する減速支援

先行車や隣接車の割り込みを検出した時、ドライバーのアクセルOFFに応じて、車間距離が近づきすぎないように緩やかに減速。

カーブに対する減速支援

前方のカーブに対して自車の速度が速いと判定した場合、ドライバーのアクセルOFFに応じて緩やかに減速。

右左折時減速支援

信号交差点への接近を検出した時、ドライバーのアクセルOFF、ウインカー操作に応じてあらかじめ減速を支援し、右左折時の操作余裕を確保。

車線内走行時常時操舵支援

ドライバーの操作を先読みして、ステアリングの反力を変化させることで、不要な操作の抑制や、操作遅れを防止し、スムーズな走行をサポート。

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良「Toyota Safety Sense」のアップデートが無線で可能に

「ヤリス」には、初めて「Toyota Safety Sense」のアップデートが無線で行えるようになりました。新しいソフトウェアのアップグレードは車の運転中にダウンロードされ、都合の良いときにインストールされます。

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 トヨタ デジタルキーに対応

ヤリスには、初めて、AppleまたはAndroidの携帯電話を使用して、車を遠隔でロックまたはロック解除したり、エアコンやハザードライトを操作したりできるデジタルスマートキーが装備されています。

月額費用

G-Linkのご契約 基本利用料19,000円(税込)/年 別途契約事務手数料8,148円(税込み)が必要。

※新車購入の場合、初回登録日から3年間は無料で利用が可能。

TOYOTA/LEXUSの共通ID

デジタルキー 専用アプリ 無料

仕組み

デジタルキーアプリを使ってスマホのBluetooth®機能を利用して 「施錠・解錠+エンジン始動」 を行うことがききる機能。 デジタルキーを使用する際には事前に設定で車とのペアリングを行ってから使用します。

注意点

強い電波やノイズの発生する場所の近くにいるときやスマホが、次のような金属製のものに接していたり、覆われたりしているときなどに正常に動作しないことがある。スマホを検知しているドア以外は解錠しません。 スマホの電源が切れてしまっていたらもちろん 「施錠・解錠+エンジン始動」 はできません。

トヨタ 新型「ヤリスクロス」一部改良 装備比較

システム装備旧型ヤリスクロス新型ヤリスクロス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車・自動二輪車
プロアクティブ
ドライビングアシスト
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
カーブ速度抑制機能
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
ドライバー
異常時対応システム
先行車発進告知
横断歩行者検知
予防
安全
装備
ブラインドスポット
モニター
インテリジェント
クリアランスソナー
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
パノラミックビュー
モニター
快適
装備
快適温熱シート
センターアームレスト
ITS Connect
ヘルプネット
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
マイコンプリセット
ドライビングポジション
システム
ナビレス
トヨタ ディスプレイ
オーディオ
車載通信機(DCM)
デジタルインナーミラー
デジタルキー

2024年改良モデル ヤリスクロス 発売日は?

  • 2024年1月17日に発表・発売されました。

2024年モデルの一部改良(マイナーチェンジ)を実施、2024年1月17日に発売しました。ヤリスクロスは人気車種のため比較的に納期が長いです。購入を検討されている人は早めに販売店へ足を運んでもらうことをおすすめします。

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 価格について

  • 2024年改良モデル ヤリスクロスになり110,000円から204,000円価格アップとなりました

マイナーチェンジによる改良モデルでは価格が変更され、ガソリンモデルは元の1,896,000円から2,367,000円から、新型は1,907,000円から2,571,000円となり、約110,000円から204,000円の価格差があります。ハイブリッド車も元の2,284,000円から2,750,000円から、新型は1,907,000円から2,571,000円と、同様に110,000円から204,000円の価格差があります。

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
Direct Shift-
CVT 
2WD1,907,000円
4WD2,138,000円
HYBRID U
(KINTO専用)
2WD2,451,000円
4WD2,682,000円
G2WD2,150,000円
4WD2,381,000円
Z2WD2,435,000円
4WD2,666,000円
Z Adventure2WD2,551,000円
4WD2,782,000円
GR Sport2WD2,571,000円

新型「プリウス」に続きサブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」の第2弾として、「ヤリス クロス」に「Uグレード」を設定されました。

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
HYBRID X直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
電気式
無段階変速機
2WD2,295,000円
E-Four2,526,000円
HYBRID G2WD2,524,000円
E-Four2,755,000円
HYBRID Z2WD2,809,000円
E-Four3,040,000円
HYBRID
Z Adventure
2WD2,925,000円
E-Four3,156,000円
HYBRID
GR Sport
2WD2,954,000円

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 スペック

スペックヤリス クロス
全長4,180mm
全幅1,765mm
全高1,590mm
ホイール
ベース
2,650mm
タイプハイブリッド
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
最高出力67kW(91ps)/
5,500rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
システム
最高出力
116ps(85kW)
システム
最大トルク
141Nm (104 lb-ft)
WLCT
モード燃費
30.8km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
乗車定員5名
駆動方式電気式
無段階変速機

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 点 まとめ

  • 「Z」「Z Adventure」グレードのルーフスポイラーを変更、グリルメッシュのデザインを変更
  • 最新の「Toyota Safety Sense」に加え、「プロアクティブドライビングアシスト」を新搭載
  • 「Toyota Safety Sense」のアップデートが無線で可能に。
  • 「コネクティッドナビ」対応モデルに変更。
  • 「コンソールボックス付フロントソフトアームレスト」を採用
  • デジタルキーを設定。
  • サブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」の第2弾「Uグレード」を設定。

トヨタ 新型「ヤリスクロス」一部改良 おすすめポイント

筆者が今回の一部改良で一番魅力的だと感じたのは最新の「Toyota Safety Sense」に加え、「プロアクティブドライビングアシスト」を新搭載したことだ。これにより、「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。「ドライバー異常時対応システム」を採用「レーダークルーズコントロール」に「カーブ速度抑制機能」を追加。していることだ。これは上位モデル(RAV4やハリアーなど)なども最近の改良で搭載したばかりの機能ばかりで、数年前までの上位モデルには搭載されていない。一部改良により価格上昇はあるが、安全性のが上がったことで決して価格が高いとは言えない。

更にインテリアでは「コンソールボックス付フロントソフトアームレスト」を採用(「X」「U」グレードを除く)、利便性を向上。これは地味にセンターアームレストがない車とある車では運転しているときの快適性に違いが出る。

もちろん既に「ヤリスクロス」を既に購入している人はセンターアームレストは後付けすることもできます。

トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 思うこと

今回の「ヤリスクロス」の日本モデルの改良では、欧州モデルと異なる変更が少し残念なポイントでした。欧州モデルでは、ハイブリッドシステムが更新され、大型の電気モーターと改良されたソフトウェアを備えた新しいトランスアクスルが採用されました。これにより、システム最高出力が116ps(85kW)から130ps(96kW)に増加し、新しいモーターのトルクも141Nm(104 lb-ft)から185Nm(136 lb-ft)に30%増加しました。また、欧州モデルのインテリアでは12.3インチTFTディスプレイを採用し、「フル液晶デジタルメーター」となり、「7インチディスプレイオーディオ」が廃止され、「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス」が採用されました。このような違いはかなり大きいですが、日本モデルも今後の改良により、上記の仕様に変更される可能性があります。

今回の一部改良で素晴らしい点は、「Toyota Safety Sense」プロアクティブドライビングアシストの採用やインフォテインメントシステムの刷新、そして純正としてアームレストが付くようになったことです。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/40332710.html

ヤリスクロス

https://toyota.jp/yariscross/

トヨタ

https://toyota.jp/

toyota yaris-cross 2024

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次