BMW MINI 新型「MINI Cooper」「MINI Cooper S」3ドアハッチバック 2025年モデル 2024年2月7日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 MINI ICE Cooper

MINIは、3ドアハッチバックの新型「MINI Cooper」と「MINI Cooper S」を2024年2月7日初公開した。「MINI Cooper EV」と見た目はほぼ同じだが今回のモデルは、内燃機関(エンジン)を搭載する

目次

MINI 新型「MINI Cooper」「MINI Cooper S」について

米国では、新型「MINI Cooper」と「MINI Cooper S」両方のバージョンに 2.0 L4 気筒エンジンが標準装備。「MINI Cooper S」の最高出力は 201hp、最大トルクは 221Nmで、0-96 km/h加速は6.3 秒となる。「MINI Cooper」の仕様は発表されなかった。「機敏なハンドリングを実現するために設計されたサスペンションとダンピングシステムが装備されている」と述べた以外、アップデートされたモデルの他の重要な機械コンポーネントについて、その他の詳細をほとんど明らかにしていない。新型「MINI Cooper」と「MINI Cooper S」には「強力ブレーキ」も搭載されているが、このブレーキに関するスペックは未発表だ。使用されるトランスミッションは特定されていませんが、マニュアルオプションがないことはわかっています。

MINI 新型「MINI Cooper」「MINI Cooper S」エクステリア について

エクステリアの最も明らかな変更は、2つのわずかに大きなフロント グリルの装備です。同じヘッドライトが特徴で、円形の LED デイタイムランニングライトを備え、後部にはおなじみの三角マトリックステールライトがある。フロントのレーダーセンサーや12個の超音波センサーなど、多くの安全機能を新型モデルに装備。

MINI 新型「MINI Cooper」「MINI Cooper S」インテリア について

インテリアは「MINI Cooper EV」と同じくボタンの数が減り、織物の表面が使用され、最新のテクノロジーが組み込まれており、過去のMiniに比べてすべてがシンプルに見える。デジタルメーターと大型化したインフォテインメントシステムを搭載し、ダッシュボードの目玉として円形のOLEDタッチスクリーンが搭載されています。中央のディスプレイは9.4インチ円形 OLED ディスプレイで、インフォテインメント タッチスクリーンとデジタル インストルメント クラスターとしても機能、Android ベースのMINI オペレーティング システム9で動作最新のAIを採用する。Spike という名前の AI ベースの仮想アシスタントを統合。最新のパワートレインや、プラグインハイブリッドに代え電気自動車仕様を設定する。オプションのヘッドアップ ディスプレイが用意。センターコンソールには、最も重要な機能(パーキングブレーキ、ギアセレクター、スタート/ストップキー、エクスペリエンスモードセレクター、ボリュームノブ)専用の5つのスイッチが付いたトグルバーがありますが、空調制御はタッチスクリーン内に統合されている。

MINI 新型「MINI Cooper」「MINI Cooper S」安全装備 について

豊富な運転支援システム、ドアが開く前に道路利用者に警告する安全な出口機能、自動速度と車間距離制御によるアクティブ車線維持支援機能が含まれている。

BMW

https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-3-door-hatch.html

https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

2025 MINI ICE Cooper

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次