MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型「MINI エースマン」BEV クロスオーバーモデル 中国モーターショー2024年4月24日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
MINI Aceman

BMWグループのMINIは新型クロスオーバーEV「MINI Aceman(エースマン)」を2024年4月24日発表する予定だ。この新型モデルは2024年4月25日から5月4日に開催の中国で行わる中国最大規模の自動車展示会である「北京国際汽車展覧会(北京モーターショー2024)」で初公開される予定だ。

目次

BMW 新型EV「MINI エースマン」 エクステリア について

  • MINI最新のエクステリアデザインを採用。
  • ボディサイズはMINI伝統的なコンパクトサイズを維持。

エースマンは、新型カントリーマンをより小型でスポーティにしたもののように見え、プロポーションはSUVというよりもサブコンパクトハッチにも見える。MINIの現代的なデザイン精神を取り入れており、角度のある照明ユニット、八角形のグリル、はっきりとしたフェンダーが特徴。特徴的なラップアラウンド温室や短いオーバーハングなど、伝統的なMINI要素も維持している。

ボディサイズは全長4,075mm、全幅1,754mm、全高1,495mmでホイールベースが2,606mmである。ミニクーパーと比較してホイールベースが80mm広く、全長が217mmである。それでも、エースマンは新型カントリーマンよりも 354mmも長いことになる。

BMW 新型EV「MINI エースマン」 ボディサイズ比較 について

「MINI エースマン」はボディサイズとしては「MINI5ドアハッチバック」に近い、やはり、「MINI カントリーマン」は比較するとかなり大きいこともわかる。

スクロールできます
ボディサイズMINI
エースマン
MINI
カントリーマン
MINI5ドア
ハッチバック
全長4,075mm4,445mm4,025mm
全幅1,754mm1,845mm1,725mm
全高1,495mm1,660mm1,445mm
ホイールベース2,606mm2,690mm2,565mm

BMW 新型EV「MINI エースマン」 インテリア について

  • 最先端の有機ELテクノロジーが採用された大型の円形センター・ディスプレイを採用で直感的な操作が可能。
  • AR機能付きナビゲーション・システムを採用。
  • 完全なデジタル化により、シンプルで広々とした空間を実現。

新型「MINI エースマン」 には、最先端の有機ELテクノロジーが採用された大型の円形センター・ディスプレイには、直径240mmの高品質ガラスが使用され、最適化された高感度タッチ機能を装備している。スマートフォンを操作するような直感的な操作が可能であり、メイン・メニューでは、各機能がウィジェットとして横並びに配置され、スワイプやタッチで操作する。メーターパネルとしての機能はもちろんの事、AR機能付きナビゲーション・システム、メディア、電話、エア・コンディショナー、各種設定等々、すべての操作を一括して円形有機ELディスプレイを採用。

BMW 新型EV「MINI エースマン」 安全装備 について

  • 最先端の先進安全機能を採用。
  • ドライビングアシスト、パーキングアシスタント、ドライブレコーダーなどを標準装備。

新型「MINI エースマン」 には、高性能カメラ&レーダー、および、高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、最先端の先進安全機能ドライビング・アシスト(アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニング)を標準装備する。

BMW 新型EV「MINI エースマン」 パワートレインについて

「MINI エースマン」エントリーレベルのモデルは、最高出力181hp(135kW/184PS)を発生する単一のフロントマウント電気モーターと 40.7 kWhバッテリーパックを搭載する。「MINI エースマン」S は、より強力な 最高出力215hp(160kW/218PS)モーターと、より大型の 54.2kWhバッテリーを搭載する。

新型EV「MINI エースマン」厳しいテスト走行を終了

「MINIエースマン」はすでに北極圏でのテストを無事に終えており、クロスオーバーモデルも強い日差しと暑さの砂漠で最終テストを終えている。電気自動車の要求の厳しい側面にも焦点を当てており、空調、バッテリーの充電と冷却、駆動および制御デバイスが、埃っぽい砂漠の砂の中で最高50°Cで集中的にテストされます。EV専用クロスオーバーの軽くカモフラージュされたプロトタイプは、公道を走る準備がほぼ整っている。

MINI Aceman

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次