スバル 新型 レガシィ アウトバック OUTBACK 5代目が!2014年10月24発売決定!! 欧州モード燃費14km/L

スバル

スバルは2014年4月17日、ニューヨークモーターショー14において、新型「レガシィ アウトバック」を初公開した。

2014年にフルモデルチェンジするレイガシィをベースにSUV化した「クロスオーバーSUV」モデル。

1995年の初代誕生から数えて、新型は5世代目となる。もうすでに海外では発売が開始されている。

レガシィツーリングワゴンの後継車種となる「レヴォーグ」が2014年6月20日に発売となり、いよいよ発売が近づいてきた「レガシィアウトバック」SUV人気が激しくなるにつれその発売日を待ち望んでいるファンも多いことだろう。

また、レガシィのセダンタイプ「新型レガシィB4」も発表が終わり、あとは発売を待つ状態となりつつある。

そして気なるレガシィアウトバックの日本の発売日は2014年10月24日で決定!!

新型レガシィB4」と共通したデザインとなり、ヘッドライトやグリルが同じデザインとなっている。

しかし、サイズ自体は全体に大きくなっている。

アウトバックが全長4817mm×全幅1840mm×全高1680mm

B4は、全長4796mm×全幅1840mm×全高1500mm

outback_007.jpg

クロスオーバーSUVとなるレガシイアウトバックだけあり、悪天候な環境でも対応でるように
プロテクションパネルやルーフレールにロープフックが追加されている。

outback_002.jpg

大型フォグランプを採用

outback_004.jpg

バックライトもLED化されており、省エネ化と高級感を感じさせている。

outback_005.jpg

outback_010.jpg

室内はレガシィB4と共通化されたパーツが多い。

outback_009.jpg

outback_011.jpg

シャシー、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどのあらゆる点を見直し
クラスを超えた高い走行性能を追求、乗り心地についても1ランク上の上質な走りを実現している。

これらの変更点により以下のスペックとなっている。

新型アウトバック仕様

2.5i3.6R
全長4817mm
全幅1840mm
全高1680mm
ホイールベース2750mm
エンジン2.5L水平対向4気筒 DOHC NA3.6L水平対向 DOHC NA
排気量2498cc3630cc
トランスミッションリニアトロニック(CVT)高トルク対応リニアトロニック

(CVT)

最高出力175hp/5600rpm256hp/6000rpm
最大トルク174lb.-ft/4100rpm247lb.-ft/4400rpm
タイヤサイズ225/65 R17 225/60 R18225/60 R18
 燃費14km/L?
乗車定員5名

新しい情報が入り次第お伝え致します。

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする
最新自動車情報2019