レクサス

LEXUS 新型 GS 一部改良 「ソニックチタニウム」を新たに採用 2014年9月1日発売

2014年8月21日

LEXUSは、GS450h、GS350、GS300hならびにGS250を一部改良し、全国のレクサス店を通じて2014年9月1日に発売する。GSシリーズの価格は529万6,000円~819万2,000円。

新型 GS 一部改良

今回の一部改良では、外板色に「ソニックチタニウム」を新たに採用。ソニック技術による明暗のグラデーションで、GSの造形美を際立たせた。外装においては、新形状のシャークフィンアンテナを採用した。

室内では、“version L”の助手席に電動オットマンを標準装備し快適性を高めた。また、ナビゲーションでは、microSDカードを採用することで、スピーディな情報更新や、パソコンやオーディオ機器で保存した音楽データの再生が可能なSDナビゲーションシステムを全車標準装備とした。さらに、G-Link新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を搭載した。

ニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/3824041/

GS

https://lexus.jp/models/gs/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-レクサス

© 2021 最新自動車情報