ダイハツ 新型 コペン CERO(セロ) 第3のモデル「丸目」ヘットランプを採用 2015年6月18日発売

ダイハツ

ダイハツは新型のコペンの第3モデルとして「丸目」を採用したモデル「コペンCERO」 をリリース2代目で2014年6月19日から販売を開始。1番はじめにリリースされたのがローブシリーズでローブSもずれて2014年12月に発売された。2番目となるエクスプレイは2014年11月に発売された。

新型 コペン CEROについて

そして今回紹介する、第3のモデル「丸目」ヘッドランプ採用のコペンである。2014年6月の新型コペンの発表会でも第3モデルの発売日は2015年に登場予定という告知のみであった。新型コペンを発売後には1代目コペンの「丸目」ヘッドランプ採用の方がいいと言う声も非常に高く。現在の販売台数を伸ばす上でもテコ入れも兼ねて今回の発売となる様子だ。そして第3モデルを全国のダイハツのお店で、2015年4月1日〜5月17日まで先行予約がスタートした。

2015年5月6日(水)から5月10日(日)まで、代官山T-SITE(東京都渋谷区)にて、「コペンスペシャルイベント at 代官山T-SITE」を開催し、そこに第3モデルの展示も行っている。

今回発売した「コペン セロ」と昨年発売した「コペン ローブ」は、ドアを除く樹脂外板や、ヘッドランプなどの灯火器類を交換することが可能。量産車では、世界初の試みとなり、DRESSパーツはディーラーオプションとして設定。

コペン ローブからコペン セロへの交換の場合35万円前後での発売開始を予定している。交換パーツの販売は2015年10月から全国のダイハツ販売店予定だ。そして更に、同タイミングでコペンスポーツも発売される。コペンスポーツはビルシュタイン製の足回り、レカロシート、MOMO製の本革ステアリングなど、様々なアイテムを標準搭載したモデルである。コペンエクスプレイスポーツとして発売されるようだ。2015年6月18日に発表と全国で販売が開始となった。

cero_0786.jpg

cero_07861.jpg

cero_078612.jpg

copen_543229678.jpg

copen_5432296789.jpg

cero_078617.jpg
cero_078613.jpg

cero_078614.jpg

cero_078689.jpg
コペン セロとコペン ローブは、樹脂外板11パーツとヘッドランプ/リヤコンビランプをお互いに交換することが可能、コペン ローブからコペン セロへのDRESSパーツは35万円前後での発売を予定。

スペック 新型 コペン Cero(セロ)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
ホイールベース 2,230mm
エンジン 直3 660cc ターボ
最高出力 64ps/6,400rpm
最大トルク 9.4kgm/3,200rpm
JC08モード燃費 25.2km/L
価格 179~210万円

コペン3rdスペシャルページ

https://copen.jp/news/copen-3rd

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

ダイハツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました