MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ ヴェルファイア の年間 維持費とランニングコストを算出

当ページのリンクには広告が含まれています。
vellfire

トヨタは2023年6月21日に「ヴェルファイア」フルモデルチェンジを発表し、同日に発売を開始しました。これまで当サイトではヴェルファイアの情報をお伝えしてきましたが、今回はその維持費に焦点を当てて解説します。

車を利用する際は、ガソリン代や各税金、保険料などの所有することでかかかる維持費を把握しておくことが重要です。知らないと「ヴェルファイア」を維持できずに手放さなければならないこともあります。そこで本記事では、ヴェルファイアのガソリン代や税金、保険料などをシミュレーションを交えながら紹介しています。これから購入を検討している方や既にオーナーになっている方も参考になる内容です。「ヴェルファイア」の維持費に関心がある方はぜひ参考にしてみてください。

目次

ヴェルファイア 維持費・ランニングコスト

ヴェルファイアは、高級車であるため、維持費・ランニングコストも高額になると思ってもらう方がいいです。

  • 自動車税:43,500円(1年間)
  • 重量税:1,500kg以上のため高額な重量税がかかる 41,000円(2年毎)
  • 任意保険料:約100,000円(1年間)
  • 車検費用: 約100,000円(2年毎)
  • 駐車場代: 約30,000円(月)
  • 燃料費:走行距離次第
  • 消耗品代:洗車やエンジンオイルなど

ヴェルファイア 自動車税 43,500円(1年間)

表に当てはめてみてみると、ヴェルファイアに搭載されているガソリン車の2.5L 直列4気筒エンジンと、ハイブリッド車は2.5L 直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine」+モーター「2.0L以上2.5L未満」の排気量となるため、自動車税の金額は43,500円かかります。

排気量自動車税
金額
660cc10,800円
1,000cc以下25,000円
1,000cc超1,500cc以下30,500円
1,500cc超2,000cc以下36,000円
2,000cc超2,500cc以下43,500円
2,500cc超3,000cc以下50,000円
3,000cc超3,500cc以下57,000円
3,500cc超4,000cc以下65,500円
4,000cc超4,500cc以下75,500円
4,500cc超6,000cc以下87,000円
6,000cc超110,000円
あわせて読みたい
【2024年】車の税金種類 「自動車税」や「重量税」「環境性能割」の税額一覧表まとめ 2024年現在、自動車購入したり所有した場合に発生する税金をまとめてみました。購入時にかかる「自動車税」「環境性能割」「自動車重量税」更に「自動車税」は毎年支払...

任意保険料 約100,000円(1年間)

自動車任意保険とは、自賠責保険では足りない部分を補償する、または自賠責保険では補償されない損害に備えて、自動車を所有・使用する人が任意で加入する保険です。自賠責保険任意保険の主な違いは以下の通りです。

項目自賠責保険任意保険
加入強制任意
補償範囲対人・対物賠償対人・対物賠償、車両保険、搭乗者保険など
補償額最低限度加入者が選択
保険料車種や年齢によって決まる補償内容によって決まる

任意保険には、主に以下の3つの補償があります。

  • 対人賠償保険: 相手方の死傷者への損害賠償を補償します。
  • 対物賠償保険: 相手方の車両や建物などの財物への損害賠償を補償します。
  • 車両保険: 自分の車が事故で損害を受けた場合に修理費用を補償します。

これらの補償を自由に組み合わせて、自分に必要な補償内容を選ぶことができます。任意保険保険料は、加入する補償内容や、車の車種、年齢、事故歴などの条件によって決まります。

今回は自由に組み合わせできるのと、各任意保険の会社によって金額が異なるため、車両保険などを含め年間約10万円前後ほどと考えています。

車検時に強制加入 自賠責保険 17,650円(2年間)

車の購入時、車検時に次の車検までの期間の保険料を支払う形です。自動車賠償責任保険料は普通自動車と軽自動車で金額が異なり、普通自動車は新車購入時が17,650円かかります。

普通自動車 車検2年ごとにかかる自動車重量税(重量税)41,000円(2年間)

車検費用内にかかる法定費用なので車検代金中に記載されることになります。自動車重量税は車種ごとに税額が決まる。ヴェルファイアの車両重量は 2,060kg~2,230kg、自家用乗用車は2年ごとの車検期間、貨物車の場合は1年単位で車検を実施。

車両重量新規等登録から
13年未満
500kg以下8,200円
1,000kg以下16,400円
1,500kg以下24,600円
2,000kg以下32,800円
2.500kg以下41,000円
3,000kg以下49,200円
関連記事

車検費用 約100,000円(2年毎)

車検とは、自動車が道路運送車両法で定められた保安基準に適合しているかどうかを検査する制度です。すべての自動車は、新車購入後3年後以後は2年ごとに車検を受ける必要があります。ヴェルファイアの車検費用は、約100,000円と考えました。

ガソリン代

ります。リセールバリューを考慮すれば、ハイブリッド車の選択は間違いありません。

スペックヴェルファイア
ハイブリッドモデル
ヴェルファイア
全長4,995mm4,995mm
全幅1,850mm1,850mm
全高1,935mm1,935mm
ホイールベース3,000mm3,000mm
エンジン直列4気筒 2.5L 直噴
エンジン
D-4S +
モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L
ターボエンジン
最高出力140kW(190ps)/
6,000rpm
205kW(279ps)/
6,000rpm
最大トルク236Nm(24.1kgm)/
4,300-4,500rpm
430Nm(43.8kgm)/
1,700~3,600rpm
フロントモーター
最高出力
134kw(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)
システム
最高出力
184w(250ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-8AT
駆動方式2WD
E-Four(4輪駆動方式)
2WD
4WD
WLTCモード
燃費
17.5-17.7km/L(2WD)
16.5-16.7km/L(4WD)
10.3km/L(2WD)
10.2km/L(4WD)
乗車定員7名7名
  • ターボエンジン(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:10.3km/L(8.0km/L)
  • ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:17.5km/L(13.5km/L)で計算。

ガソリン価格 1L 170円の場合に1万キロ走った計算

  • ガソリンモデル 10,000km=212,500
  • ハイブリッド車 10,000km=125,926

消耗品代・その他

その他費用などでは、洗車代や、出先の駐車場の料金などが発生するはずです。

1年間の費用を計算

計算の上で、10,000キロ年間に走行した場合で計算しています。また、各支払いを1年とした場合に割っているので約と記載させて頂きました。その他費用と駐車場の料金はかかる人とかからない人がいるので今回は計算に入れていません。

1年間費用ヴェルファイア
ガソリン車
ヴェルファイア
ハイブリッド車
自動車税43,500円43,500円
任意保険料約100,000円約100,000円
自賠責保険約8,825円約8,825円
自動車重量税
(重量税)
約16,400円約16,400円
車検費用約50,000円約50,000円
ガソリン代約212,500円約125,926円
合計約431,225約344,651円

※最新自動車情報調べですので間違え等あれば教えてください。

ヴェルファイアの維持費は、年間、ガソリン車であれば約43万円、年ハイブリッド車であれば約34万円を見る必要がありそうですね。購入時の参考になれば幸いです。

ヴェルファイア 2023年モデル 価格

スクロールできます
グレードエンジン駆動
方式
価格
(10%)
Z Premium2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD6,900,000円
Z Premium2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD7,120,000円
Z Premium2.4L直噴ターボエンジン
+Direct Shift-8AT
2WD6,550,000円
Z Premium2.4L直噴ターボエンジン
+Direct Shift-8AT
2WD6,748,000円
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD 8,700,000円
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD8,920,000円

編集部から一言

これまでは価格に焦点を当ててきましたが、快適性についてもお話ししたいと思います。快適性能を重視する場合は、「ハイブリッド車」をおすすめします。なぜなら、ハイブリッド車は燃費とガソリンモデルよりもモーターアシストがあり、走行時に余裕のある走りができるからです。さらに、すでに「RAV4」「ハリアー」「クラウン(クロスオーバー)」「カムリ」など多くの車種で定評のあるエンジンとハイブリッドシステムが採用されています。ヴェルファイア仕様ではエンジン出力やモーター出力が上がっており、さらなる快適性を提供しています。今回の年間の維持費は約34万円~43万円見込みです。これらの点を考慮して購入を検討されることが重要です。

あわせて読みたい
トヨタ 新型「ヴェルファイア」一部改良 PHEVモデル 追加 延期で2024年10月発売 トヨタは、新型「ヴェルファイア」の一部改良を行い、「PHEV」モデル追加し2024年6月に発売する予定でしたが、延期となり2024年10月頃に変更となりました。(豊田自動織...
あわせて読みたい
トヨタ 3代目 新型 ヴェルファイア 試乗 感想とレビュー 進化について トヨタは新型「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日に発売を開始。今回は新型「ヴェルファイア」の2.5L ハイブリッド車 、グレード「Z Premium」...
vellfire

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次