MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

2024年 ホンダ フリード のおすすめグレードは?「AIR」「CROSSTAR」徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
freed 2024

今回は、2024年5月9日に発表された新型フリードの各グレードの違いを見ながら、おすすめのグレードをご紹介します。ホンダ フリードは、運転しやすいコンパクトなミニバンで、特に子育て世代に人気の車種です。各グレードの特徴や違い、おすすめのグレードを詳しく説明します。購入時の参考になれば幸いです。

目次

ホンダ 「フリード」 2024年モデル 価格グレード について

フリードのグレードは大きく分けて「AIR」と「CROSSSTAR」の2種類があります。これらはエクステリアデザインが大きく異なるため、好みも分かれるでしょう。さらに、パワートレイン、駆動方式、乗車人数などの要素も異なります。以下の表で各グレードの価格などをご確認ください。

ホンダ 「フリード」 2024年モデル ガソリン車

スクロールできます
タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
乗員
定員
価格
(10%)
AIR1.5L 直噴
VTEC エンジン
無段変速
オートマチック
(トルク
コンバーター付)
2WD6名2,508,000円
4WD6名2,739,000円
AIR EX2WD6名2,697,200円
4WD6名2,928,200円
2WD7名2,741,200円
CROSSTAR2WD5名2,812,700円
4WD5名3,043,700円
2WD6名2,856,700円
4WD6名3,087,700円

ホンダ 「フリード」 2024年モデル ハイブリッド車

スクロールできます
タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
乗員
定員
価格
(10%)
e:HEV AIR1.5L
DOHC
i-VTEC
+2モーター
ハイブリッド
(e:HEV)
電気式
無段変速機
2WD6名2,857,800円
4WD6名3,088,800円
e:HEV AIR EX2WD6名3,047,000円
4WD6名3,278,000円
2WD7名3,091,000円
e:HEV
CROSSTAR
2WD5名3,162,500円
4WD5名3,393,500円
2WD6名3,206,500円
4WD6名3,437,500円

フリード CROSSTAR 5名乗りがおすすめの人

新型フリードで唯一5人乗りを選べるのは「CROSSTAR」のみです。おすすめポイントは、5人以上載ることがない人で、荷室スペースを多く使い人にはぴったりです。

また、車中泊などをしたい人は2列目を倒すとフラットな空間ができあがるので非常に使いやすいです。

5人乗り仕様のみ、タイダウンフック・ユーティリティサイドパネル・荷室用ユーティリティボード・ラゲッジルーム12Vソケットを採用しています。

注意点としてはメーカーオプション、(アダプティブドライビングビーム+後退出庫サポート+360度マルチビューカメラ+LEDコーナリングライト)が選択できません。

フリードはガソリン車かハイブリッド車か?どちらがおすすめか

  • おすすめはハイブリッド車です!

理由は価格差です。

フリードのガソリン車の価格は2,508,000円~3,437,500円。

フリードのハイブリッド車の価格は2,857,800円~3,437,500円。

とガソリン車とハイブリッド車の価格差が349,800円と差がまず少ないと言う点です。加えて、ハイブリッド車はエコカー減税などを考えると多少差がなくなります。モータートルクのアシストで普段使いも快適な上に、燃費もいい、そしてリセールバリューを考えてもハイブリッド車をおすすめします!

スペック旧フリード
ハイブリッド
新型フリード
ハイブリッド
エンジン直列4気筒1.5L
i-VTEC
+モーター(i-DCD)
1.5L i-VTECエンジン
+モーター(e:HEV)
最高出力81kW(110ps)/
6,000rpm
72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
最大トルク134Nm(13.7kgm)/
5,000rpm
127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
モーター
最高出力
22kW(29.5ps)/
1,313~2,000rpm
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
160Nm(16.3kgm)/
0~1,313rpm
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/
4WD
乗車定員5名5名
WLTCモード
燃費
約19.8km/L(4WD)
約20.8km/L (2WD)
約24.4km/L(2WD)
約21.0km/L(4WD)

新型フリードのおすすめグレードはコレ

  • フリード e:HEV AIR EX 6人乗り 2WD 3,047,000円 4WD 3,278,000円
  • フリード e:HEV CROSSTAR 6乗り  2WD 3,206,500円 2WD 3,437,500円

フリード e:HEV AIR EX フリード e:HEV CROSSTAR おすすめな理由

この2つのグレードをおすすめする理由は以下の装備が装着できない点です。

6人乗り仕様のフリード e:HEV AIR EX と e:HEV CROSSTAR にしか付けられないパッケージオプションがある

メーカーオプション、(アダプティブドライビングビーム+後退出庫サポート+360度マルチビューカメラ+LEDコーナリングライト)が選択できるグレードがなぜかハイブリッドしかも6人乗り仕様のフリード e:HEV AIR と e:HEV CROSSTAR にしか付けられないという不思議な状況になっています。オプション装備なのでもう少し多くの車種で装備可能にしてもらいたいですね。

ブラインドスポットインフォメーションが全グレードに装備できないのでベースグレードの「AIR」グレードは選ぶべきではない

freed
ブラインドスポットインフォメーション

今や、他社も含めて当たり前となりそうなブラインドスポットインフォメーション(ブラインドスポットモニター)がなぜかAIRグレードには装着不可だそうです。いや・・・上記の装備もこちらもそうですが、安全装備は全グレードで選択できてほしいですね。

あわせて読みたい
【2024年モデル】ホンダ フリード 残念だと思ってしまう点 気になるポイント 10つをまとめ 新型「フリード」2024年モデルが2024年5月9日に発表され、先行予約が始まり、詳細が明らかになっています。購入を実際に検討した上で、残念な点もいくつか見受けられま...

編集部から一言

今回はフリードのおすすめグレードについて説明させてもらいました、今回の新型フリードは「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」は非常に重要であり、多くのユーザーにとって欠かせない装備となるでしょう。「ブラインドスポットモニター」も現在の多くの車種で採用されており、その装備やデザインはまさに小型のステップワゴンのような魅力があります。2024年6月、7月からフリードが販売台数で何位にランクインしているか非常に注目したいです。

あわせて読みたい
新型 フリード フルモデルチェンジ 3代目のハイブリッドには「e:HEV」搭載 2024年6月28日発売 ホンダは、新型「フリード」のフルモデルチェンジを行い、2024年5月9日に発表し、2024年6月28日に発売します。現行モデルは2016年9月16日に発売され、約8年ぶりのフルモ...
freed 2024

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次