ダイハツ の「e-SMART HYBRID」 は軽自動車に革命を起こす可能性あり!

ダイハツは新型「ロッキー」で初のハイブリッドモデル「e-SMART HYBRID」を2021年11月1日に発売した。この 「e-SMART HYBRID」 は今後ダイハツの軽自動車にも採用される予定だが、軽自動車では一番 「e-SMART HYBRID」 が仕組みとして合っていると感じる。これにより軽自動車は劇的な進化を遂げていくのではないかと筆者は予想しているので詳しく説明していきます。

目次

ハイブリッドモデル 「e-SMART HYBRID」 とは何か?

新たにハイブリッドシステムは「e-SMART HYBRID」はエンジンは発電専用。その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用していることが最大の特徴だ。

ハイブリットシステム種類について

パラレル方式(マイルドハイブリッド)

常にエンジンは動き、モーターはアシストする形で使われている。基本的にモーター出力が低く、バッテリーも小さい物が採用されている。メリットは燃費上昇させつつ本体価格はそこまでアップとならない。

スプリッド方式/シリーズ・パラレル方式(ストロングハイブリッド・ハイブリット・PHEV)

エンジンを発電用と走行用で両方で使用する。基本的には走り出しはモーターで駆動し、ある一定数でエンジンが始動することでエンジン駆動を抑えることで燃費上昇が可能になる。本体価格はガソリンモデルに比べ割高とはなる。

シリーズ方式(レンジエクステンダー・各社呼び方がある)

エンジンは発電専用で使われモーターのみで駆動する。電気が不足するとエンジンが発電する。つまり充電いらずの電気自動車(BEV)と言っていい。走った感覚は電気自動車そのもの、電気自動車、特徴的な走りやアクセルペダルのみで加速・減速が可能だったりする。 電気自動車(BEV) から派生させることも可能だ。

あわせて読みたい
ハイブリット システム 各社採用 まとめ 仕組みは色々ある 採用車種まとめ 現代では各社ハイブリットモデルを数多くラインナップしているが、一言で「ハイブリット」と言っても実は色々な仕組みが存在している。そこでどの様な違いがあるのか詳...

なぜダイハツは 電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用 したのか?

ダイハツはなぜ通常のハイブリッドモデル( スプリッド方式 )や マイルドハイブリッド(パラレル方式) ではなく シリーズ方式 ( 100%モーターで走行する )を選択したのか?これは日本の軽自動車特有の問題からである。現在の規格(1998年10月に規格改定)は排気量660cc以下となっている。つまりハイブリッド車であったとしてもエンジンの排気量は軽自動車のカテゴリーであれば変えることができない。発電用として使うエンジンとして 排気量660cc以下エンジンを使い、モーターに規格制限がないため、高出力なモノを採用すれば今までの軽自動車とは思えない走りも可能となる。もちろん、燃費やバッテリーとの兼ね合いも考えると、今と同じ最高出力64ps~54ps前後に設定したとしてもモーターならではのトルクある走りが可能となるので走り出しのもたつきもないうえに燃費も他社を圧倒することが可能となるだろう。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキー ハイブリッド 一部改良(マイナーチェンジ) 2021年11月1日発売 ダイハツは新型「ロッキー」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い、新たにハイブリッドグレード「e-SMART HYBRID」を追加し2021年11月1日に発売する。併せて トヨタに...

まとめ

上記の様に、軽自動車規格に縛られているからこそシリーズ方式 ( 100%モーターで走行する )を選択し今までにないモデルを生み出せる期待と現実に筆者は非常にワクワクしています。本当に今までの軽自動車の感覚を変えてくれるはずです。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ムーヴ / ムーヴカスタム フルモデルチェンジ 7代目 DNGA 次世代スマアシ採用 2022年12月... ダイハツは新型ムーヴ / ムーヴカスタムのフルモデルチェンジを行い2022年12月に発売する。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用...
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる