MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ 日本導入記念モデル 240台限定 特別仕様車「Proto Spec」 2022年7月発売

日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い240台限定日本導入記念モデル特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」を2022年7月発売する。価格:696万6300円。東京オートサロン2022にて2022年1月14日公開した。

目次

240台限定 日本導入記念モデル 特別仕様車「Proto Spec」

イカズチイエローとスーパーブラックの2トーンのボディカラーのエクステリアには、専用カラーのレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール(チタニウムゴールド)や、4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ(イエロー)などを装備しました。インテリアには、本革・スエード調ファブリックコンビシート(イエローセンターストライプ、イエローステッチ、イエローアクセントライン)などを採用すると共に、インストパネル、ドアトリムクロス、MTシフトノブブーツ、ニーパッドなどに専用カラーステッチを施している。

新型フェアレディZ エクステリア について

新型「フェアレディZ」のデザインテーマは「伝統と最新技術の融合」、ロングフードや低重心のリアスタンス、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代「Z」へのオマージュを込めたシルエットに仕上げている。ボディサイズは全長 4,379mm (+119mm)、全幅 1,844mm (-1mm)、全高 1,316mm (+1mm)、ホイールベース 2,550mm (0mm)とした。

新型フェアレディZ インテリア について

インテリアデザインは、プロのレーシングドライバーと共に理想的なメーターデザインや室内空間の在り方を検討。それを最も特徴づける部分は、12.3インチのフルデジタルメーターディスプレイ。エンジン回転計の針が真上を示すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅しドライバーにシフトアップを促し、スポーツドライビングをアシスト。新たにデザインされたZ専用のステアリングは、スポーツカーであることを表現するディープコーン形状とし、操作性のよいグリップ形状や視認性良くまとまったスイッチ類によってスポーツカーとしての性能を最大限引き出すポテンシャルを兼ね備えたデザインとした。

新型フェアレディZ スペック

エンジンは 3.7Lからダウンサイジングして3.0Lツインターボとダウンサイズしながらも最高出力は大幅な69psアップを果たしている。組み合わせるトランスミッションもATモデルは新開発の9速AT を組み合わせている。

スペックフェアレディZ
Proto Spec
全長4,379mm
全幅1,844mm
全高1,316mm
ホイールベース2,550mm
エンジン3.0L V型6気筒
ツインターボ
最高出力400hp(405PS)
最大トルク350lb-ft(475Nm) /
5,600rpm
トランスミッション9AT / 6MT
ホイール/タイヤフロント255/40R19、リア285/35R19
価格(10%)6,966,300円

日産 新型フェアレディZ 価格

モデル エンジン 駆動
方式
トランス
ミッション
価格
(10%)
フェアレディZ 3.0L V型6気筒
ツインターボ
「VR30DDTT」
2WD(FR) 6MT 5,241,500円
フェアレディZ
Version S
6,063,200円
フェアレディZ
Version ST
6,462,500円
フェアレディZ
Proto Spec
6,966,300円
フェアレディZ 9AT 5,241,500円
フェアレディZ
Version T
5,687,000円
フェアレディZ
Version ST
6,462,500円
フェアレディZ
Proto Spec
6,966,300円
あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 日本モデル 2022年7月発売 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い2022年7月発売する。日本導入記念モデルとなる特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」も同時に発売する。価格:...

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/220114-01-j

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/z.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる