トヨタ 新型 GR ヤリス 特別仕様車 First Edition 大型ボディと世界最高レベルのエンジン搭載 世界初公開

GR YARIS First Edition トヨタ
GR YARIS First Edition

トヨタは新型「GR ヤリス」を2020年1月10日(金)から開催される東京オートサロン2020にて世界初公開。2020年夏頃の販売を目指す。「First Edition」の先行予約を2020年1月10日10時~6月30日までWeb限定で開始。

先行予約限定モデル 特別仕様車 「RZ“First Edition”」価格396万円と特別仕様車 「RZ“High-performance・First Edition”」価格456万円を設定。

新型 GR ヤリスについて

FIA世界ラリー選手権(WRC)を「勝ち抜く」ために生まれたホモロゲーションモデル、新型車GRヤリスはスポーツカーとして「空力、軽量、高剛性」を追求した車両パッケージとしアルミ素材のエンジンフード、トランクリッド及びドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用。3ドアタイプのキャビンとした。

Toyota GR Yaris

特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”

TNGAの思想に基づくスポーツ4WDプラットフォームを採用。WRCの現場からのフィードバックを踏まえ、一から鍛え上げ、バランスの取れた高剛性ボディを実現、前後のサスペンションジオメトリを最適化。スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」組み合わせ。

Toyota GR Yaris

「1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン」は、新開発の小型軽量ハイパワーユニット。TNGAエンジンの高速燃焼コンセプトに加え、軽量な運動部品採用によるエンジンの高回転化、ターボチャージャーなど吸排気系の最適化、3気筒エンジンとして世界最高レベルの最高出力200kW(272PS)。リズミカルな変速を可能にした6速マニュアルトランスミッション(iMT)と組み合わせた。

グレード「RZ “High performance”」にはトルセン®LSD×2(フロント、リヤ)を採用より高いレベルのスポーツドライビングにも対応。

GR YARIS First Edition

GR YARIS First Edition

GR yaris

通常モデルと比較してかなりワイド&ローな印象を受ける。

GR yaris

新型GR ヤリス First Edition 主要装備

18インチ 鍛造アルミホイール(RZ”High performance”) 18インチ鋳造アルミホイール(RZ)

専用ブレーキ(フロント18inch/リヤ16inch)

専用ステアリングホイール

専用スモークシルバー加飾

専用6速マニュアルスポーツシフト

専用アルミスポーツパッド付ペダル

JBLサウンドシステム(8スピーカー)+アクティブノイズコントロール

プレミアム スポーツシート (RZ”High performance”)スポーツシート(RZ)

専用スポーツメーター(マルチインフォメーションディスプレイ)

スポーツ4WDサスペンション

新型GR ヤリス First Edition ボディカラー全4色について

スーパーホワイトⅡ〈040〉

プラチナホワイトパールマイカ〈089〉※

エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉※

プレシャスブラックパール〈219〉※

※メーカーオプション

新型GR ヤリス First Edition グレードについて

GR YARIS
First Edition
グレード 価格(10%)
RZ “High performance” 4,560,000円
RZ 3,960,000円

新型GR ヤリス First Edition スペックについて

スペック 新型 GR ヤリス
First Edition
全長 3,995mm
全幅 1,805mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,558mm
エンジン 1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
最高出力 200kW
(272PS)
最大トルク 370Nm
(37.7kgfm)
トランス
ミッション
6速iMT
駆動方式 4WD
乗車定員 4名
タイヤ 225/40ZR18

トヨタ 新型 GR ヤリス フルモデルチェンジ 2020年夏発売

トヨタ 新型 GR ヤリス フルモデルチェンジ 2020年9月発売
トヨタは ヤリス(ヴィッツ) 4代目のフルモデルチェンジを行い2020年2月10日に発売する。そして新型ヤリスをベースにした「GR ヤリス」を2020年9月に発売する。 特別仕様車 「RZ“First Edition”」価格396万円と特...

新型GR ヤリス First Edition VS ヴィッツ GRMNスペック比較

2018年4月9日にヴィッツをベースに専用チューニングモデルGRシリーズのGRMNバージョン「ヴィッツ GRMN」を150台限定で発売。新型ヴィッツGRMN 2はロータス社のエリーゼに搭載される2ZR-FE 1.8Lエンジンを搭載。ロータスは2003年からトヨタよりエンジンの受給を開始しており、エリーゼ、エキシージ、エボーラの車種にエンジン供給をしている。最高出力212psの出力と250Nm(25.5kg/m)/4,800rpmのトルクを実現。1.8Lのスーパーチャージャーおよび吸気冷却エンジンは低回転からトルクを引き出せる瞬時の加速が可能となる。

一方、新型「GR ヤリス First Edition」は3気筒エンジンとして世界最高レベルの最高出力200kW(272PS)と1.6L 3気筒エンジンでありながら「ヴィッツ GRMN」に大幅に最高出力をアップさせているのがわかる。

スペック ヴィッツ
GRMN
新型 GR ヤリス
First Edition
全長 3,975mm 3,995mm
全幅 1,695mm 1,805mm
全高 1,510mm 1,460mm
ホイールベース 2,510mm 2,558mm
エンジン 1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
イートン・スーパー
チャージャー
1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
最高出力 156kW(212ps)/
6,800rpm
200kW
(272PS)
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/
4,800rpm
370Nm
(37.7kgfm)
トランス
ミッション
6速MT 6速iMT
駆動方式 2WD 4WD
乗車定員 5名 4名
タイヤ 215/45 R17 225/40ZR18

トヨタ 新型 ヴィッツ GRMN 150台限定 ロータスチューンのスーパーチャージャーエンジンを採用 2018年4月9日発売

トヨタ 新型 ヴィッツ GRMN 150台限定 ロータスチューンのスーパーチャージャーエンジンを採用 2018年4月9日発売
トヨタは新型ヴィッツのビックマイナーチェンジを行い2017年1月12日に発売した。ヴィッツG`sはこのマイナーチェンジを受け販売を終了した。新型 ヴィッツ GR SPORTを2017年9月19日に発売を開始した。 そして日本でもマイナーチ...

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月10日発売

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 「ヴィッツ」フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年2月10日発売
トヨタは「ヴィッツ」4代目のフルモデルチェンジを行い、同時に車名変更を行い新型「ヤリス」として 日本では2019年12月20日発表、2020年2月10日に発売する。ガソリン車4WDは2020年4月発売予定。 ヤリスは全国の「ネッツ店」「ト...

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30976357.html

https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

GR ヤリス

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/