トヨタ 新型 GR ヤリス フルモデルチェンジ 2020年夏発売

Toyota GR Yaris トヨタ
特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”

トヨタは ヤリス(ヴィッツ) 4代目のフルモデルチェンジを行い2020年2月10日に発売する。そして新型ヤリスをベースにした「GR ヤリス」を2020年夏に発売する。

特別仕様車 「RZ“First Edition”」価格396万円と特別仕様車 「RZ“High-performance・First Edition”」価格456万円を設定。

「First Edition」の先行予約を2020年1月10日10時~6月30日までWeb限定で開始。

2020年1月10日(金)から開催される東京オートサロン2020において「GRヤリス」を世界初公開。

2018年9月に「GR YARIS」の商標が、日本の特許庁に登録されている。新型ヴィッツ GR GRMN同様に「GR GRMN YARIS」も限定発売される。TRDは「GR ヤリス」に向けた「GR PARTS(TRD)」を紹介するページを先行公開している。

GR PARTS TRD

GR PARTS TRD

トヨタ 新型 ヤリス GRパーツ TRDが2019年12月20日に発売
トヨタは新型「ヤリス」の発表に合わせ2019年12月20日に「ヤリス」販売店となる全国の「ネッツ店」「トヨタモビリティ東京(株)」「トヨタ西東京カローラ(株)」にて「GRパーツ」の販売を開始した。 TRD 新型 ヤリス GRパーツ  エ...

新型GR ヤリスについて

自社開発したスポーツカー新型「GR ヤリス」は「ヤリス」のフルモデルチェンジによりTNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用し「軽量化」「低重心化」「ボディ剛性UP」することにより現行に比べ大幅に走行性能を向上させる。新しい「1.6L 直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー」「G16E-GTS」型を搭載。最高出力200kW(272PS)、最大トルク370Nm(37.7kgfm)トランスミッションには6速iMTを組み合わせる。多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用の新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」によって4輪に伝達させる。

Toyota GR Yaris

1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン+スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”

グレード「RZ “High performance”」にはトルセン®LSD×2(フロント、リヤ)を採用より高いレベルのスポーツドライビングにも対応。

Morizo put GR Yaris prototype to its final test.
Toyota GR Yaris – From Racing to Road

ヤリス GR 主要装備

18インチ 鍛造アルミホイール(RZ”High performance”) 18インチ鋳造アルミホイール(RZ)

専用ブレーキ(フロント18inch/リヤ16inch)

専用ステアリングホイール

専用スモークシルバー加飾

専用6速マニュアルスポーツシフト

専用アルミスポーツパッド付ペダル

JBLサウンドシステム(8スピーカー)+アクティブノイズコントロール

プレミアム スポーツシート (RZ”High performance”)スポーツシート(RZ)

専用スポーツメーター(マルチインフォメーションディスプレイ)

スポーツ4WDサスペンション

など

新型GR ヤリス スパイショット

既に海外ではGR ヤリスのテスト走行が行われていた。

Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

Toyota Yaris GR

新型GR ヤリス ボディカラー全4色について

スーパーホワイトⅡ〈040〉

プラチナホワイトパールマイカ〈089〉※

エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉※

プレシャスブラックパール〈219〉※

※メーカーオプション

新型GR ヤリス グレードについて

GR YARIS
First Edition
グレード 価格(10%)
RZ “High performance” 4,560,000円
RZ 3,960,000円

新型GR ヤリス First Edition スペックについて

スペック 新型 GR ヤリス
First Edition
全長 3,995mm
全幅 1,805mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,558mm
エンジン 1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
最高出力 200kW
(272PS)
最大トルク 370Nm
(37.7kgfm)
トランス
ミッション
6速iMT
駆動方式 4WD
乗車定員 4名
タイヤ 225/40ZR18

新型 ヤリス GRシリーズ スペックについて

GR yaris

GR YARUS CVT CONCEPT

スペック 新型 GR ヤリス 新型 ヤリス
GR SPORT
全長 3,995mm
全幅 1,805mm 1,695mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,558mm
エンジン 1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
1.5L 直列3気筒
エンジン
M15A-FKS型
1.5L 直列3気筒 
エンジン
+モーター
最高出力 200kW
(272PS)
88kW(120ps)/
6,600rpm
67kW(91ps)/
5,500rpm
最大トルク 370Nm
(37.7kgfm)
145Nm(14.8kgfm)/
4,800-5,200rpm
120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
モーター
最高出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
トランス
ミッション
6速iMT/CVT 6速MT 電気式
無段階変速機
駆動方式 4WD FF
乗車定員 4名 5名
タイヤ 225/40ZR18 195/50R16

GRシリーズについて

「GR」は、「もっといいクルマづくり」を目指すGAZOO Racing Companyが、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)や、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズ。モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定する。また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も設定。走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する計画である。

GR Vitz:林道篇

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 「ヴィッツ」フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年2月10日発売
トヨタは「ヴィッツ」4代目のフルモデルチェンジを行い、同時に車名変更を行い新型「ヤリス」として 日本では2019年12月20日発表、2020年2月10日に発売する。ガソリン車4WDは2020年4月発売予定。 ヤリスは全国の「ネッツ店」「ト...

新型 ヴィッツ GR / GR SPORT エクステリア・インテリア

toyota-vitz-gr

TOYOTA Vitz GR

toyota-vitz-gr

toyota vitz gr

toyota-vitz-gr

toyota-vitz-gr

toyota-vitz-gr

toyota-vitz-gr

toyota-vitz-gr

toyota vitz gr ハイブリッド エクステリア

新型 ヴィッツ GR GRMN エクステリア・インテリア

vitz_GRMN

vitz GRMN エクステリア

vitz_GRMN

vitz_GRMN

vitz_GRMN

フロントブレーキは対向4ピストンキャリパー+スリット入りローターブレーキ

vitz_GRMN

GRMN専用スポーツシート(運転席6ウェイ・助手席4ウェイ)ウルトラスエード®シート表皮(パーフォレーション・ダブルステッチ[シルバー×レッド]・GRマーク刺繍付)

vitz_GRMN

GRMN専用6速マニュアルトランスミッション(ショートストロークシフトレバー)

vitz_GRMN

専用メーター アナログメーター(GRMN専用260km/hスケールスピードメーター/GRロゴ付タコメーター)

vitz_GRMN

GRMN専用チューニングサスペンション(SACHS Performance アブソーバー)

最高出力212psの出力と250Nm(25.5kg/m)/4,800rpmのトルクを実現。1.8Lのスーパーチャージャーおよび吸気冷却エンジンは低回転からトルクを引き出せる瞬時の加速が可能となる。

ヴィッツ GRシリーズ スペックについて

スペック 新型 ヴィッツ GR GRMN 新型 ヴィッツ GR SPORT
全長 3,975mm
全幅 1,695mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,510mm
エンジン 1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
イートン・
スーパーチャージャー
直列4気筒 1.5L
エンジン
直列4気筒 1.5L
エンジン
+モーター
最高出力 156kW(212ps)/
6,800rpm
80kW(109ps)/
6,000rpm
54kW(74ps)/
4,800rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/
4,800rpm
138Nm(14.1kgm)/
4,400rpm
111Nm(11.3kgm)/
3,600〜4,400rpm
モーター最高出力 45kW(61ps)
モーター最大トルク 169Nm(17.2kgm)
トランスミッション 6速MT 5速MT 電気式無段階変速機
駆動方式 FF
駆動方式 2WD
乗車定員 4名 5名
タイヤ 215/45 R17 195/50R16

トヨタ 新型 ヴィッツ GRMN 150台限定 ロータスチューンのスーパーチャージャーエンジンを採用 2018年4月9日発売

トヨタ 新型 ヴィッツ GRMN 150台限定 ロータスチューンのスーパーチャージャーエンジンを採用 2018年4月9日発売
トヨタは新型ヴィッツのビックマイナーチェンジを行い2017年1月12日に発売した。ヴィッツG`sはこのマイナーチェンジを受け販売を終了した。新型 ヴィッツ GR SPORTを2017年9月19日に発売を開始した。 そして日本でもマイナーチ...

4代目 新型 ヴィッツ (ヤリス) について

トヨタはヴィッツ (ヤリス) 4代目のフルモデルチェンジを計画しており、2019年12月に発売する。現行ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目のタイミングでフルモデルチェンジを果たす予定だ。トヨタは2018年4月16日に日本の特許庁に「YARIS (ヤリス)」を出願しており今回のフルモデルチェンジのタイミングでヴィッツから海外同様の名称となるだろう。これによりヴィッツブランド廃止、世界統一ブランド「YARIS」(ヤリス)として生まれ変わる。

今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる。

トヨタ 新型 プリウス 4代目はなんとJC08モード40.8km/L 2015年12月9日発売
JC08モード40.8Km/L のプリウス、2015年12月9日発売へ 4代目 新型プリウスについて トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)で開発中の4代目「プリウス」の燃費について、JC08モード40km/L以上を目標にしていること...

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。 更に、ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。

TOYOTA_C-HR

TNGA(Toyota New Global Architecture)

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ
トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Archit...

先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。

新型 ヴィッツ (ヤリス) エンジン仕様について

ハイブリッドシステムはアクアやカローラハイブリッドに採用する1.5Lモデルの新しく小型化されたTHSⅡであれば全体の質量的にも問題がなく採用することが可能だ。エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。 これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ。

燃費面では現行プリウスと新型プリウスではベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPしJC08モード燃費で8.2km/L向上した。新型アクアも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。現行ヴィッツはJC08モード燃費全グレード34.4km/Lであるが新型ヴィッツはJC08モード燃費42.6km/L前後まで向上が見込める。

これは、新型プリウスのJC08モード燃費40.8km/Lを超える燃費となりガソリン燃料を使用する乗用車では「世界で最も低燃費な乗用車」ともう一度なることはまず間違えない。

Toyota Safety Sense の主な特長

2018年1月8日発売開始する新型アルファード /ヴェルファイアに搭載した第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載する。レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。上記の通り、トヨタセーフティセンスのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。歩行者に対しては夜間でも同じく約10km/h~80km/hの範囲でPCSの自動ブレーキが作動するようになった。更に右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とした。(トヨタ初)

ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA) レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense に初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

予防安全装備

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ静止) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

セカンダリーコリジョンブレーキ SRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二次衝突による被害の軽減に寄与。

デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。

高度駐車支援システム「Advanced Park」(トヨタ初)ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。

イージーリターンシート お好みのドライビングポジションを機能させ、マニュアル操作で前回の位置へ簡単に復帰することができる。

ターンチルトシート 運転席および助手席のシートが回転&チルトし、楽にクルマに乗り降りすることができる。

次世代Toyota Safety SenseとToyota Safety Sense C違いについて

ヴィッツが採用している「Toyota Safety Sense C」から新型ヤリスになり「次世代Toyota Safety Sense」を採用することで大幅に機能追加と安全性の向上を果たすことになる。

システム 次世代
Toyota Safety
Sense
Toyota Safety
Sense  C
方式 単眼カメラ+
ミリ波レーダー
単眼カメラ+
レーザーレーダー
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車
レーントレーシング
アシスト
×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

白線/黄線 検出
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
×
先行車発進告知

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30485673.html

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30976357.html

https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

GR ヤリス

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/

トヨタ

https://toyota.jp/