ホンダ 新型 BEV車「e:Nクーペ」「e:N SUV」 コンセプト 広州モーターショー2021で世界初披露

ホンダと東風本田汽車は今後5年以内の発売を目指したコンセプトモデル「e:N COUPE Concept」「e:N SUV Concept」を広州モーターショー2021で世界初披露した。2024年までに中国に新工場を開設し、世界市場への輸出を視野に入れて生産する。

目次

HondaブランドEV 「e:N」シリーズとして発売

カーボンニュートラルの実現を目指す電動化技術「e:Technology」に、New/Nextといった次世代に向けた新たな価値創造を表すNを冠した「e:N」シリーズは今後5年間で10車種を発売し、輸出も視野に展開する予定。

e:Nシリーズ 3つのコンセプトモデル

今後5年以内の発売を目指して3つのコンセプトモデル「e:N COUPE Concept」「e:N SUV Concept」「e:N GT Concept」の開発を進めている。

e:Nシリーズ専用の新しい「e:Nアーキテクチャ」を開発し、CATLがバッテリーを提供。パワートレインの詳細はまだ少し不明ですが、e:Nラインナップの最初の2つのモデルであるe:NS1とe:NP1は、中国のテストサイクルで311マイル(500 km)以上の航続距離、8秒未満で0-62 mph(0-100 km / h)から加速すると言われている。最新の Honda SENSING 360 、Honda CONNECT、Digital Cockpitテクノロジーを統合する。

全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」を採用


全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」を2022年に中国から適用開始。2030年までに、中国を含む先進国の四輪車全ラインアップへの適用。

あわせて読みたい
ホンダ 中国向け 5台の新型EVを発表 第1弾「e:NS1」「e:NP1」2022年春に発売 ホンダは中国市場向けに電気自動車(EV)の市販予定モデル2車種とコンセプトモデル3車種を2021年10月13日世界初公開した。 新型EVの「e:NS1」と「e:NP1」を、シリーズ第...
あわせて読みたい
「中国電動化戦略発表会」発信概要について 本田技研工業の広報発表ニュース - Hondaは、本日「中国電動化戦略発表会」をオンラインで開催し、中国における環境と安全の新たな取り組みを発表するとともに、電気自動車...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる